冬のオタワ旅行<2日目>リドー運河でスケート

オタワ旅行2日目です。

今日も真っ青な空が美しい冬晴れ。まさにスケート日和です♪
a0100975_641992.jpg


貸しスケート靴のオープン時間(10:00)に合わせてホテルを出発。
Confederation Parkの氷の彫刻を見ながら、リドー運河へ向かいます。

お陽様の下の彫刻たちは、また夜とは違った美しさ。
夜はクローズしていて見れなかった彫刻も見学できました♪
a0100975_7112855.jpg

a0100975_7114922.jpg

a0100975_712939.jpg


こちら、氷のバー。寒っ!!!
昨日来た時はやってなかったけど、週末の夜は、DJが入って盛り上がってたらしいです。
a0100975_7131729.jpg


Confederation Parkを抜けると、目の前にすぐリドー運河。
まだ朝早いので人はそれほど多くないけど、さっそく皆さん滑りを楽しんでます。
a0100975_865539.jpg




リドー運河の天然スケートリンク「Redeau Canal Skateway」は、ギネスブックに認定されている世界最長のスケートリンク。
その長さはなんと7.8km!
うねうねと長いリンクは、Dows Lakeまで続いています。
a0100975_824527.jpg

a0100975_722255.jpg


途中数カ所に、トイレやスナックスタンドなどの休憩ポイントが設けられいるので、ひと休みOK。
こういうホスピタリティはさすがカナダ。
a0100975_7273520.jpg


よちよちと氷の上を歩いて貸しスケート小屋まで進み、スケート靴をレンタル。
場所や時期によって値段が違うかもしれないけど、C$16/2H +デポジットC$50。
もちろんクレジットカードも使えます。
a0100975_7494586.jpg


借りたスケート靴はこちら。
自分の普段の靴のサイズを言うと、それに合わせたちょうどよいサイズを出してくれます。
a0100975_733293.jpg


さて、スケート靴をはいていざ出陣!!
実はスケートは15年ぶりの私たち(^^;
独身時代は富士急ハイランドや相模湖ピクニックランドでスケート・デートを楽しんでいたぐらいだから、もちろん終点のDows Lakeまでは無理でも、次の休憩ポイントぐらいまでは行けるでしょ。なんて思ってた。

。。。大間違いでした(T_T)

一歩滑り出すとすぐ後傾して転びそうになるし、前傾すると、氷がゴツゴツでつんのめりそうになるし。
なんだか手足がバタバタしちゃって自分がどうなってるかわからーん!

きっと、生まれたての仔馬ってこういう感じなんだろうなぁーなんて実感。
ダンナも似たような状態で、転んで家族連れに助けられてました(T_T)

しかも、しばらく進んで止まると土踏まずが痛い!!うえぇぇーん。
もちろん手すりなんてないので、よっかかって休憩をとることもできましぇん。

結局スタート地点から200mほど進んだところで、身の危険を感じギブアップ、命からがら(?)スタート地点へ引き返してきました。。。
午後になるとかなり混んでくるので、へたっぴな人は朝イチで行くことをオススメします。

いちおうリドー運河ですべった記念に、よちよちな後ろ姿を残しておきます(笑)
a0100975_8112067.jpg


こうして私たちの15年ぶりのスケートは、走行距離約400m、所要時間約30分であっさり終了。

早くもスケート靴を返却し、さっさと喰い気へ移行。
スナックスタンドでカナダ名物「Beaver Tail」(ビーバーの尾の形をした揚げドーナツ)をいただきます♪
ちょうど並んでたら、なんかの取材が来てました。映ったかな??
a0100975_8344583.jpg

a0100975_8352041.jpg


いったんホテルに戻ってチェックアウトし、電車の時間までオタワ市街をぶらぶら散策。
博物館などはちょっと離れたところにあるけど、ヨーロッパを思わせる格式ある美しい建物やショッピングスポットなどは、徒歩圏内にたくさんあります。
a0100975_13482397.jpg

a0100975_13505973.jpg


首都オタワのシンボル、国会議事堂(Parliament Building)。
中央の時計塔の展望フロアにあがれたり、無料ガイドツアーもあるらしいけど、今回は省略。
a0100975_1304054.jpg


戦争記念碑(National War Memorial)。
11月のRemenberance Dayに追悼式典が行われているのをTVで見たな。
a0100975_1353931.jpg


オタワのフェアモント・ホテルは、「フェアモント・シャトー・ローリエ」。
こちらも他のフェアモントに劣らず、古城のような美しいたたずまい。
a0100975_13102992.jpg


オタワの台所(?)、「バイワード・マーケット ByWard Market」。
トロントでいうところのセント・ローレンス・マーケットのような感じだけど、こちらの方が小規模。
a0100975_1327128.jpg


マーケットのまわりには出店がたくさん出てにぎやかな感じ。
季節がらか、毛糸の帽子売ってるお店がたくさんありました。
a0100975_13333180.jpg

a0100975_13341918.jpg


マーケット内はカラフルでかわいい雰囲気。
お肉やお魚は売ってなくて、食べ物のお店はほとんどイートイン可能。
食べ物のお店以外にも、アクセサリーやお洋服のお店(たぶん手作りかな)もあって、小さいながらなかなか楽しめます。
a0100975_1340310.jpg

a0100975_13412720.jpg


マーケットの周辺エリアは、素敵なレストランやおしゃれなショップがたくさんあって、デートにも観光にもいい感じ。

お腹もすいたので、ガイドブックに載っていたシーフード・レストラン「The Fish Market」でランチ。
シーフードレストランらしいディスプレイとウッディなインテリアが素敵なレストランです。
a0100975_146660.jpg

a0100975_14125068.jpg


本当はロブスターが食べたかったんだけど、ランチメニューになかったので、ロブスター・ビスクやロブスターのフェトチーネで代用。
a0100975_14134833.jpg

a0100975_1414977.jpg

うーん、うーん、残念ながら味は普通。。。家庭料理みたい。

若干不満を残しつつもお腹を満たしたあとは、ちょこちょこお店をのぞきながら散策の続き。
かわいらしいペーパーショップやおしゃれなインテリアショップをのぞいて、ちょっと小躍り♪

オタワにもありました、「ノートルダム大聖堂 Cathedral-Basilica of Notre-Dame」。
てっぺんの銀の屋根(?)が斬新じゃない?
a0100975_143333.jpg

中に入りたかったんだけど、Funeralをやっていたらしくて入れなかった。残念。

そのお向かいには、ガラス張りの近代的なデザインが目を引く「カナダ国立美術館 National Gallery of Canada」。
六本木ヒルズにあるのと同じクモがこんなところにも!
a0100975_1424155.jpg

a0100975_14253684.jpg

帰ってきてから知ったんだけど、なんとこの日、入場無料だったらしい!
普段あまり美術館に興味ないんだけど、入ればよかったぁぁー。ふたたび残念(T_T)

ここは、カナダの記念コインなどを製造をしている「Royal Canadian Mint」。
これまたお城のような素敵な雰囲気だけど、門はしっかり閉まっていて厳重な雰囲気が漂ってます。。。
a0100975_1443694.jpg


門のそばのブザーを押して、中から門の隣の扉を開けてもらい、セキュリティ・ガードマンの前を通って敷地内に入場。
建物の外は撮影してもいいけど、館内は撮影禁止です。

カナダはイベントごとにいろいろな記念コインが発売されいていて、コレクターにはたまらないグッズ。
カナダポストでも売ってるけどいつも品薄なので、今回ここのショップでお目当てのコインを買うのが目的。

この時期はバンクーバー五輪のコインがたくさん発売されていて、キャラクターもすごくかわいいの!
悩んで下記2個をゲット♪カナダのお土産にもいいよね。
a0100975_1542039.jpg

ショップの他に、5ドルで見学ツアーにも参加できます。

今回は「Winterlude」とスケートが目的だったので、市内観光はサラッと見て回っただけで時間切れ。
残りは春のチューリップ祭りまでお預けです。

17時の列車に乗るべく、ホテルに戻って荷物を受け取り、タクシーでオタワ駅へ(約15分C$13)。
帰りの座席は、ちょっとゴージャスなVIA1クラス(グリーン車)♪
乗車までの待ち時間も、専用ラウンジでゆっくり過ごせます。
a0100975_15151971.jpg


座席はもちろんComfortクラス(普通席)に比べて、きれいでゆったり。
でもやっぱりモントリオール-ケベック間のVIA1の方が、ヘッドレストやフットレストがついていてゴージャスだった気がするなぁ。。。
a0100975_15182452.jpg


列車が発車してほどなく、飲み物とスナックのサービス。もちろんお酒もあります。
このスナック結構おいしいんだよね♪
a0100975_15205828.jpg


続いて、ディナーのメニューがやってきます。
メインは、ターキー、サーモン、ペンネからセレクト。しかも、食事の時間も2択できるのは良心的。
a0100975_15225052.jpg


乗車して30分たった頃には、車窓から素晴らしい夕焼けが!
色が変わっていく空をずぅーっと見ていられるのも列車の旅ならではだよね。
a0100975_15254039.jpg


18時半頃、いよいよディナーがスタート。
まずは前菜とデザートのプレートが先にサーブされます。ダンナはワインをリクエスト。
前菜は冷製チキン。味は普通かな。
a0100975_15272734.jpg


そしてこちらメインのターキー。なかなか柔らかく仕上がってます♪
a0100975_15291288.jpg

車内で温かいものが食べられるのはありがたいけど、味的にはそれほど感動でもなかったかな。
初めてVIA1に乗ったときは、エアカナダの機内食よりおいしい!と思ったけど、今回は同レベル??

それにしてもこの路線、なんでかかなり揺れる!!
食べるのも写真を撮るのもだいぶ難儀しました。
途中でサーブ用のワゴンが横転してたし(^^;

おまけに夜だからか、列車のクラクション(?)をすごい頻繁に鳴らしながら走っていてうるさーい!
VIA1は1両目だからなおさら響くのよね。。。

なんだかモントリオール-ケベックシティ間のVIA1の方が、座席も食事もグレードがよかったかも。ちょっと残念。

VIA1は食事のサーブもあるので意外とあわただしく、4時間半もまたまたあっという間。
21:30過ぎに無事トロントに帰ってきました。

オタワは行く前に想像していたよりも、ずっと美しくて素敵な街でした。
Winterludeも楽しめたし、とりあえずあんなだけど念願のスケートもできたし、けっこう満足(^^)

次は、春のチューリップフェスティバルで再訪の予定。
その時にはオタワの街をもっとじっくり堪能したいと思います♪




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2009-02-16 23:27 | 旅行


トロント近郊に住む駐妻の日記


by mitan_boo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

トロント+GTAグルメマップ

このブログで紹介したレストランやおいしいショップはこちら↓
「トロント+GTAグルメマップ」

注)地図は2ページに分かれています。

青→レストラン
赤→カフェ、ファストフード
黄→ショップ

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ご挨拶
ひとり言
お花
デジモノ
料理
健康
レストラン
スイーツ
ショップ
旅行
おでかけ

カナダ生活
ゴルフ
ステンドグラス
カルトナージュ
羊毛フェルト
クラフト
アンティーク
未分類

検索

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

フォロー中のブログ

カナディアンロッキーで暮らす
ケセラセラ
ひゅーひゅー!Yuko@...
ムースのカナダ日記
すみれ堂きものDiary
Lululu*トロント
ムーティフルライフ
rieccoのトロント生活
眼遊記
シングルママさんの日記!
ぱんぱんのきままな日常
☆ Toronto Ma...
Lululu*バンコク
TORONTO ゆるゆる生活記
NY Long Isla...
ひゅーひゅー!Yuko@...

最新のトラックバック

バンクーバーで王道ステー..
from バンクーバー生活日記 ~留学..
CANADA DAYS ..
from vote.ci-xx.org
役立つブログまとめ(国内..
from 役立つブログまとめ(国内旅行..
Jackさんとヒーター壊..
from トロント~近郊での生活
初雪ですと手巻き寿司
from トロント~近郊での生活
rookies 視聴率お..
from 新鮮ネタ市
カナダ ナイアガラについて
from カナダ旅行大好き!
ラコステ 水着 天国!
from ラコステ 水着 天国!
icb 水着
from icb 水着
ロキシー 水着
from ロキシー 水着

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧