カテゴリ:旅行( 162 )

アラスカ・クルーズ旅行<7・8日目>ピ~カン・クルーズ

アラスカ・クルーズ7日目です。

翌日早朝にはバンクーバーに到着予定なので、実質今日が最終日。
終日クルーズで最後の船旅を満喫します。

起きたときの天気はこんな感じ。
んー、今までよりはちょっといいかな。
a0100975_15554255.jpg

朝ご飯は、いつも夕食を食べているVista Diningに行ってみました。
オーダーメイドのオムレツとフレンチトーストをオーダー。
んー普通かな~。
a0100975_15571244.jpg

私たちは、バンクーバーから家族3世代で旅行中だというご家族と同席。
大家族の中でちんまり食事していたら、優しそうなおじいさまが声をかけてくれました。

私たちが日本人だとわかると、お父さまが「女子サッカーW杯優勝おめでとう!」と言ってくれました!
わー、なんだか嬉しい♪ なでしこ万歳\(^o^)/

食事の後は、下船説明会とクルーのご挨拶を見にVista Loungeへ。
総勢800名のクルーの代表さんたちがステージいっぱいに集まり、たくさんの乗客から感謝の拍手を贈られました。
a0100975_162677.jpg

そのときにクルーの皆さんが歌ってくれた「世界はひとつ 人類はみな兄弟」的な歌がすごく良かった。
歌詞はまったく覚えてないけど、ホントにいろいろな国から来た乗客やクルーがこのひとつの船に乗り合わせているんだな~と実感してジーンときちゃいました。

最後のランチは、プールサイドで行われたアラスカン・サーモンのBBQ!
とてもよい加減のミディアムレアに焼かれたサーモン、超美味でした(^^)
a0100975_16151170.jpg

ダンナはもちろんアラスカ地ビールをお供に。
夏季限定バージョンらしいです。
a0100975_16154894.jpg

おいしいランチを食べている間に、お天気はどんどん回復!
このクルーズで待ちに待った青空と太陽が戻ってきました♪
a0100975_1617865.jpg

クルーズ最終日の午後、船内でいろんなイベントもあったりするけど、やっぱりクルーズ最大の贅沢はコレ!
ビールやおつまみと一緒に、プライベート・バルコニーでのんびりピーカン・クルーズです♪
a0100975_16285452.jpg

青空があまりに嬉しくって自分撮り(笑)
a0100975_16331850.jpg

飛行機雲も清々しい~♪
a0100975_16342246.jpg

ダンナはあいかわらずWildlife捜索中。
緯度が下がっているせいもあるけど、昨日までは上着必須だったのに、半袖でも暑いぐらいです。
a0100975_16353917.jpg

そして、ダンナの鋭い動物レーダーで、水面に浮かんだトドを発見!
(写真は拡大しています)
a0100975_16365575.jpg

なんと2頭いました!!
大きさが違うから、つがいか親子かな~?
(ダンナ撮影)
a0100975_16372977.jpg

船はバンクーバー島との入り江に入り、だいぶバンクーバーが近くなってきました。
a0100975_16385946.jpg

ここで、行きにも見た小さなイルカ(Porpois)にまた遭遇。
このあたりに生息しているのね。
(ダンナ撮影)
a0100975_16451229.jpg

最後の最後にピーカン・クルーズが実現してホントによかった~。
たった半日だけど、終わりよければすべてよしってね(^^)

そしていよいよ最後の晩餐。いつものVista Diningでいただきます。
いつもはアラカルト・メニューから食べたいものを食べたい分だけ頼むんだけど、この日は全6皿の特別メニューが用意されていました。
a0100975_16492015.jpg

生バンドの演奏で、シェフやサーバーさんたちが踊りながらサーブしてくれたりして大盛り上がり!
a0100975_16531030.jpg

彼らが私たちのテーブルを1週間担当してくれたサーバーさんたち。
とても笑顔が素敵な3人でした(^^)
a0100975_1654129.jpg

最初のアミューズは、マッシュルームとダックのパイ。
これおいしかった~!一口じゃ物足りないぐらい。
a0100975_16563844.jpg

オシャレにまかれたサラダ。
a0100975_1657918.jpg

選べる前菜は、サーモンのタルタルにしました。
サーモンはおいしくないわけありません!
a0100975_16575832.jpg

スープは、ロブスタービスクorオニオングラタンスープ。
どちらも本格的なお味。
a0100975_16585662.jpg

選べるメインは、私はまたしてもラム。
a0100975_170354.jpg

ダンナはロースト・ビーフ。
なんだか今日は船が揺れてなかったからか、はたまた最後のディナーだからか、今まで食べた中で一番おいしく感じたな~。
a0100975_1711615.jpg

そしてデザートは、Baked Alaskaというスポンジとマシュマロのケーキ。
これもとてもおいしかったし、アラスカ・クルーズらしいデザートで完璧なフィニッシュでした(^^)
a0100975_173019.jpg

最後のデザートと一緒にサーブされたコーヒー類は、オーダーを聞かれてないのに出てきたの。(ただし私の分以外。。。)
私はすっかり忘れてたけど、どうやら私たちが毎日オーダーしていた飲み物をちゃんと覚えていてサーブしてくれたみたい。

「こういう細かなサービスが素晴らしいわ」と、同席の奥様はチップを渡してました。
私たちもチップを渡そうかなーと思ったけど、タイミングを逃し渡せずじまい(>_<)
海外に4年住んでも、チップをスマートに渡すのは難しいわぁ。。。

ちなみにクルーズ中のチップは、1日ひとり$60、勝手にクレジットカードから引き去られるので、基本的には都度払いは不要。
でも、そのサービスを心地よいと思ったら、いつ払ってもいいものかもね。

楽しかった最後の晩餐を済ませ、慌てて最後のショーへ。
私たちが5日目に船酔いしちゃって見逃したマジシャンのショーがアンコールされるというので楽しみにしていたの♪
a0100975_1795690.jpg

ま、残念ながらイリュージョンは期待していたほどすごくなかったけど(期待し過ぎ?)、その前にやったコメディアンのトークライブがまたおもしろくて爆笑!
しかも、英語なのに内容かなりわかったのがまた嬉しかったな♪

クルーズでは、基本的に自分のやりたいことをして楽しく過ごせばよいので、英語がそれほど理解できなくても楽しめるとは思うけど、英語が理解できればもっとたくさんの情報が入手できたり、たくさんのイベントに参加できたり、お友達ができたりして、その楽しさは2倍、3倍になると思う。
もし駐在2年目とかでクルーズに参加していたら、楽しさは半減していたかもしれないね。

夜11時過ぎに部屋に戻り、ここから急いでパッキング。
深夜2時までにスーツケースを部屋の外へ出しておくと、翌朝下船の時にスーツケースを船の外まで運んでもらえるの。

なんとか1時前にスーツケースを部屋の外に出し、就寝。
そして、翌朝目が覚めたときには、すでに船はバンクーバー港に到着していました。
a0100975_17252686.jpg

下船時間は3つのグループに分かれていて、乗船3日目(だったかな?)までに希望を提出します。

私たちは一番最後の9時台のグループなので、のんびり8時頃起きて支度すればいいやと思っていたら、もっと早い時間に掃除の人のノックで起こされた。。。
しかも掃除の人がバルコニーに入って来ちゃったりして、着替えもままならないぐらい全然ゆっくりできず(T_T)

結局少し早めに部屋を出て、レストランに行ったりデッキに行ったりして下船まで時間つぶし。
そしていざ乗船時間になって出口に向かったら今度は長蛇の列!!
1000人以上の人が下船するのってやっぱり大変なことなのね。。。

乗船時と同じくカナダへの入国審査を経て、午前10時に無事下船。
楽しい1週間のクルーズは幕を閉じました。

お天気だけがホントにホントに残念だったけど、クジラのバブル・ネット・フィーディングも見れたし、野生動物にもたくさん会えて、貴重な体験がたくさんできました!
ダンナのブログでも野生動物の写真を公開しています)

ダンナは絶対リベンジするぞー!と意気込んでたけど、ホントにできたらいいな。退職記念旅行かな(笑)
今度は違う船にも乗ってみたいけど、船酔い考慮して航路確認はしないとな。。。


**過去記事アップしました。→ 「Nancyオススメのラム「Monkey Bar & Grill


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-30 20:47 | 旅行

アラスカ・クルーズ旅行<6日目>ケチカンでクマに逢う

アラスカクルーズ6日目です。

今日はケチカン(Ketchikan)に寄港。
朝10時着の予定だったけど、のんびり起きた9時過ぎにはすでにケチカンに到着していました。
・・・もう嫌気がさすほどお天気悪いです(T_T)
a0100975_8441747.jpg

ケチカンは1年のうち300日雨が降るといわれている場所。
これまでずっとお天気悪かったのに、そんな場所でお天気を望むのは無謀ってもんですかね。。。

今日のオプショナルツアーは午後からなので、朝食を食べたら午前中は街歩きしてみることに。
朝食はビュッフェ・レストラン「Lido」でエッグ・ベネディクト。
なかなかおいしいです♪
a0100975_1091094.jpg

なんとベネディクトが7種類もあるの!!
ひとつずつ好きな組み合わせで選べます。
a0100975_10102685.jpg

朝食の後はいよいよ下船し、ケチカンのダウンタウンへ。
他の街と同じく、お土産屋さんがずらっと並びます。
a0100975_10121170.jpg

a0100975_10124534.jpg

a0100975_10203432.jpg

お土産屋さんの向かい側には、クルーズ船がこれまたびっしり。
こうしてみるとまるでビルだよね。。。
a0100975_10134681.jpg

それにしても、我がザイデルダム号はいつも一番遠いところに停泊。
繁華街まで歩くにはいつもちょっと距離があります。。。
早いもの勝ちか、船が大きいからか、はたまたクオリティで負けてるからか??

今回もコレクティブル・コインを目当てに、お土産屋さんやジュエリー・ショップを物色。
コインをもらったジュエリーショップでは、勢いに任せてまたピアスを買っちゃいました(^^;

そして、ダンナは船内ショップで目をつけていた時計を船内よりお得に購入!
ディスカウントのネゴり方も、かなりお上手になりました(笑)

しかし、店員の皆さん、ホントに押しが強い。。。
ダンナが時計を見ている間にちょろっとジュエリーを見せてもらって、値段が高いからって断ったら、「いくらなら買える?」「予算にあった別のジュエリーはこれだよ」としつこい。。。
ちょっと怖くなってあわてて逃げかえってきました(^^;

お天気も悪くて観光する気にもなれず、結局1時間ほどで船に戻り、早めのランチを食べた後、オプショナルツアーに出発。
今回は、クマなど陸地の野生動物に遭いに行くツアーです。

少人数ツアーということでミニバンに参加者10人で乗り込み、港から車で20分ほどの「Alaska Rainforest Sanctuary」に到着。
写真で見てもお分かりのように、どしゃ降りです。。。
a0100975_10381222.jpg

支給されたポンチョを着こんで、ガイドさんについて敷地内へ。
敷地内は木々や葉が生い茂る森。まさにRainforestな感じ。
a0100975_10491516.jpg

人間たちは、その森の中にかけられたつり橋の上から、森に生息しているクマさんたちを探します。
ガイドさんから「ハンティングをしているように、物音を立てず、話もしないように!」と言われみんなでそろーりそろーりと進んでいきます。
(ダンナ撮影)
a0100975_10492836.jpg

でも、そんな私たちの頭上では、アスレチックを楽しむ若者たちが雄たけびをあげてますけど(^^;
a0100975_10564740.jpg

シーンとしながら注意深く森を見つめることおよそ30分、まったくクマが現れる様子はなく。。。
するとダンナが「川に魚がいるね」というのでガイドさんに教えたら、ガイドさん、必要以上に大興奮!

あまりに大げさに喜んでいるので、「ガイドさんだから表現力豊かなのかしら??」なんて思っていたら、あとで聞いたら、その魚はその年初めて森の中まであがってきたピンクサーモンだったんだって。
例年8月中旬ぐらいらしく、今年はかなり早かったみたい。

その直後、ガイドさんがとうとうブラック・ベアを発見!
森の奥から出てきたクマさんは、私たちのすぐ下を通って、川の方へと向かいました!

私たちもすぐ川の方へ移動し、写真撮影。
私たちが高いところにいるからか、人間に慣れているからか、まったく気にせず悠々と歩いてました。
a0100975_1214859.jpg

さらに遠くに子熊ちゃんも。カワイイ~♪
a0100975_1218770.jpg

すると、前のグループがなにやら見つけて騒いでる。
なんと私たちが歩いている歩道のすぐ下で、クマさんがお食事中でした!!
わーすごい!!
a0100975_12523968.jpg

こ、、こっちにらんでる。。。コワイ。
(ダンナ撮影)
a0100975_12535330.jpg

橋の上には、おこぼれにあずかろうと集まってきたBold Eagleの若鳥さんたち。
子供といっても色が違うだけで、大きさは成鳥とほぼ同じです。
a0100975_12583423.jpg

サンクチュアリ内には、たーくさんのBold Eagleがいました。
ジュノーであんなに興奮する必要なかったぐらい(笑)
a0100975_1351945.jpg

他にもいろんな鳥がいたけど、見られて嬉しかったのはカワセミ!
トロントにもいるらしいけど出逢ったことがなかったの。
a0100975_1381994.jpg

さらに森の中から出てきたクマさんを見つけ、この日は合計5頭のブラックベアに逢えました♪
a0100975_1311196.jpg

雨の中をスタートして、最初の30分はどうなる事かと思ったけど、想像していた何倍も満足(^^)
みんなの願いが通じたのか、どしゃ降りだった雨も、最初のクマさんを見つけた頃にはすっかりやんでました。

ガイドさんは、私をサーモンを見つけた恩人(?)として何度も感謝してくれて、一番クマが見やすい場所にとおしてくれたり、豆知識をたくさん教えてくれたりと、ずいぶんよくしてくれました。
「I need you」って言われたのは初めてだわ(笑)
ま、ホントはダンナが見つけたんだけどね(^^;

ブラックベアとBold Eagleをお腹いっぱい堪能した後は、この施設で飼育しているトナカイとご対面。
ひぃぃー!!思った以上にデカイ!!
サーモンベリーの葉っぱをあげると、牧場の羊並みにわらわらと近寄ってきて、ちょっとコワイ。
a0100975_133267.jpg

続いて、野生で傷ついて保護されたというフクロウちゃん。
わー!フクロウ大好き♪ こんな近くで見られて嬉しい!
a0100975_13344486.jpg

横顔笑える~(^0^)
フクロウの首は270°ぐらい回るんだって。
a0100975_13353054.jpg

さらにトーテムポール職人さんの話を聞いたり、カフェでホットチョコレートとクッキーをいただいたりして、約3時間のツアーはおしまい。
内容盛りだくさんの充実ツアーで、これはかなりオススメ!!
a0100975_13442197.jpg

船に戻り、出港時間が近づく頃になって、なんとケチカンの空に晴れ間が!!
むー、もう少し早く晴れてほしかったわ。。。
a0100975_13454945.jpg

この日の夕食は、いつものダイニングではなくて、要予約のイタリアン・レストラン「Canaletto」へ。
もうひとつのレストラン「Pinnacle Grill」に比べるとカジュアルだけど、かわいらしくテーブル・セッティングがされてます。
a0100975_1446250.jpg

しかも窓際の席♪
昨日は天気悪いわ、船は大揺れだわで全然食事できなかったから、予約したのが今日でホントによかった。
a0100975_14473928.jpg

前菜は、ビュッフェ・スタイル。
サーバーさんが大きなお皿で持って来てくれた10種類ほどのアンティパストから、好きなものを好きなだけいただけます。
ほぼ全種類いただきましたが、どれもみーんなおいしかった!!
a0100975_14493311.jpg

前菜にスープを頼んで、迷いに迷ったメインはパスタにしました。
シーフードのリングイネ。
プリプリのシーフードとちゃんとしたアルデンテで美味♪
a0100975_14505627.jpg

ダンナは仔牛のカツレツだったかな??
こちらも本格的でおいしかったです。
a0100975_14513441.jpg

食事をしているうちに、いい具合に夕焼けになってきました。
お天気でよかったわー。
a0100975_1452857.jpg

デザートはティラミスやパンナコッタの盛り合わせ。
バラの左側に見えるピンクの物体は、なんと綿あめ!!なぜに!?
デザートと一緒に現れたときはホントにびっくりしちゃいました(笑)
a0100975_14533028.jpg

食事もおいしかったし、今日は全然酔わなかったので、そのままショーを観にVista Loungeへ。
最初のうちはあまり期待してなかったけど、歌もダンスも皆さんお上手で、十分楽しめるレベルだわ。
a0100975_1455119.jpg

カジノでも遊んじゃったりしてクルーズ・ナイトを満喫して部屋に戻ると、天井からこんなものが!!!
今日のタオル・アートはサルかな??マジで驚いちゃいました。。。
a0100975_14565349.jpg

明日は終日クルーズの日。
今度こそ晴れるかな~。(天気の話ばっかり)

7日目に続く。

**過去記事アップしました→ 「レースなお皿とSpode大集合


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-28 23:56 | 旅行

アラスカ・クルーズ旅行<5日目>氷河祭りそして船酔い

アラスカ・クルーズ5日目です。

今日はクルーズのメイン・イベント、グレイシャー・ベイ国立公園を周ります!
この国立公園の氷山を見たくて、ザイデルダムを選んだといっても過言ではありません。

どうか、どうか晴れてくれー!!と祈りながら眠りについた昨晩。
そして、朝目が覚めると。。。やっぱりどんよりでした(涙)
もー、絶対強力な雨男(女)が乗船しているに違いないっ!!
a0100975_22112564.jpg

めげずに今朝もクジラ・パトロール。
すると、遠くに何度も水しぶきを発見。
潮吹きというよりも、どうやらクジラがジャンプしているみたい。
a0100975_22182598.jpg

望遠レンズと双眼鏡でその姿をキャッチ!!
すごい何度も跳ねていて、とっても楽しそうでした(笑)
(ダンナ撮影)
a0100975_22192314.jpg

グレイシャー・ベイ国立公園が近づいてくると、波が穏やかになり、動かない海面がまるでビロードのようになってきました。
a0100975_2221138.jpg

船内でのガイドアナウンスが始まり、私たちも4階先頭デッキへ移動。
国立公園のフィヨルドには16本の氷河が流れ込んでいるんだそう。

まず最初に現れたのが、Lamplugh Glacier。
(ダンナ撮影)
a0100975_01952.jpg

大きな洞窟がぽっかりと口を開けてます。
もちろん自然に開いたんだろうから、なんだか不思議~。
a0100975_0351813.jpg

フィヨルドをさらに奥へと進んでいくと、水の色がエメラルド・グリーンに変わってきた。
お天気悪いけど、これもまた幻想的でよいね♪
a0100975_1262042.jpg

続いて正面に現れたのは、Johns Hopkins Glacier。
お天気がよければすごく美しいだろうなぁー。。。
a0100975_0411598.jpg

いかにも「流れ込んできた」って感じがダイナミック。
a0100975_0415169.jpg

そして、グレーシャー・ベイ最大の見どころであるMargerie Glacier!
幅30km以上ある巨大な氷河、写真に全部収まりきれません。
a0100975_0484852.jpg

本当は氷河の上に山がそびえているはずなんだけど、まったく見えず。。。
お天気がホントに憎いわぁぁ(T_T)

ちなみに、お天気だとこんな風に見えるんだって。
羨ましすぎるぅぅぅ。。。
www.nps.govより拝借)
a0100975_1421074.jpg

氷河の前で、1時間ほど鑑賞タイム。
船がゆっくりと回転してくれて、どの位置からもまんべんなく見えるようにしてくれてます。

デッキで見るのもよいけどやっぱり寒いので、部屋に戻ってバルコニーで鑑賞。
ダンナはビールを開けて氷見酒(笑)
a0100975_05407.jpg

ときどき「ピシピシッ」と雷のような音を立てて、氷が崩れ落ちます。
結構大きな音なんだけど、なにせ巨大な氷河、崩れ落ちる瞬間を見るのはひと苦労。
かろうじて水しぶきのみ激写!
a0100975_0571731.jpg

これはこれで貴重な体験で、来てみてよかったなーとは思うけど、お天気じゃなかったのが本当にさみしい。。。
定年旅行で絶対リベンジするぞ!!と意気込むダンナ。
私たちが再来する頃まで氷河は残っててほしいわ。(たぶん大丈夫?!)

Margerie Glacierをあとにし、国立公園の出口へと向かう途中で、「アザラシがいるよ~」とのアナウンス!
慌てて船尾デッキへと向かうと、氷の上にアザラシちゃん発見♪
かーわいー!!いいもの見れました(^^)
a0100975_14467.jpg

ついでなので、そのままランチ。
この日はプールサイドでインド・カレー・ビュッフェやってました。
全然辛くなかったけど、なかなかおいしかった♪
a0100975_153020.jpg

お腹を満たしてからまたお部屋に戻り、しつこくクジラ・パトロール。
すると、朝よりも近い場所でバッシャンバッシャンやってるコを発見!
(写真は拡大しています)
a0100975_18418.jpg

さらにラッコも見つけたりして、お天気悪くてもWildlifeは豊作でした(^^)

グレイシャー・ベイ国立公園を出たあと、船は一気にアラスカの入口ケチカンまで戻ります。
いままでは内海を通っていたので比較的穏やかだったんだけど、今度は外海を航海。
お天気も悪かったり、スピードも出しているせいか、かなり揺れる~!!

とりあえず夕食まで横になってたけど、それがさらにいけなかったのか、起きたら2人揃って完全に船酔い。。。
でも、この日は2回目で最後のフォーマル・ディナーだったので、頑張って支度してダイニングへ。

なんとか席に座り、同席のご夫妻とおしゃべりして気を紛らわせようと思ったけど、どうしても無理。。。
前菜もひと口しか食べられず、メインのロブスターもふた口食べたところでギブアップ。
(いちおう写真撮ってみました)
a0100975_1203648.jpg

こんな素敵なダイニングで、こんなファンシーな格好をしているときにxxxするわけにはいきません!
最後の笑顔をふりしぼって同席のご夫妻に挨拶し、無念ながら食事を中断。
急いで部屋に戻って、2人揃ってうんうん唸りながら眠りました。

大きな船なら揺れないと思っていたけど、やっぱり揺れるのね。。。
お天気がよかったら揺れなかったんだとしたら、すべてはお天気のせいかな(T_T)

明日になったら揺れが収まっているとよいのだけど。。。
明日は最後の寄港地ケチカンです。

6日目に続く。


**過去記事アップしました→ 「やっとこAGO」

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-27 23:11 | 旅行

アラスカ・クルーズ旅行<4日目>スキャグウェイで鉄道の旅

アラスカ・クルーズ4日目です。
昨晩遅くにジュノーを出港し、目が覚めたらもう次の寄港地スキャグウェイ(Skagway)に到着。
今日もどんより。。。いったいどうなっちゃってんの!?
a0100975_7574062.jpg

眠い目をこすりつつ下船し、さっそく申し込んでおいたオプショナル・ツアーに参加。
スキャグウェイ観光のハイライト、White Pass & Yukon Route鉄道に乗車します。
a0100975_7591733.jpg

White Pass & Yukon Routeは、19世紀後半のゴールド・ラッシュ時に建設された鉄道で、アラスカ州スキャグウェイからカナダ ユーコン準州White Horseまでの約180kmを運行していたんだそう。
現在は、観光用列車として途中のカナダB.C.州White Passまでを往復しています。

レトロな雰囲気の車両がカワイイ。
a0100975_80284.jpg

車内はシンプルだけど思ったよりゆったり。
イスは向かい合って座れるように、ちゃんとターンできるようになってました。
a0100975_803093.jpg

これが駅舎かな。
でも、船のオプショナル・ツアーで参加する場合は、この駅舎からではなく、船のすぐそばから乗車できるようになってました。
a0100975_81458.jpg

中間あたりの車両に乗り込み、いざ出発~!
a0100975_812914.jpg

海抜0mのスキャグウェイから、海抜約900mのWhite Passまでどんどん登っていきます。
最初は川の流れがすぐ真横に。
a0100975_81508.jpg

10分も登らないうちにもう川はあんな眼下に。
勾配3.9%はかなり急なんだそう。
a0100975_823249.jpg

谷間の向こうに見えるのがスキャグウェイの港。
写真じゃわからないけど、小さく私たちの船も見えてます。
a0100975_83879.jpg

山の上の方に、先に登っていった別の列車が見えます。
a0100975_833416.jpg

雪をかぶった大きな山が見えてきたり。
a0100975_84583.jpg

もちろんトンネルもあります。
列車の照明もついてなかったので、ホントに真っ暗でした。
a0100975_844490.jpg

途中、「線路脇にクマがいるよ!」とのアナウンス!
あわてて探したけど、残念ながら見損ねました(T_T)

出発してからおよそ1時間半で、折り返し地点のWhite Passに到着。
ここがアメリカとカナダの国境地点。
a0100975_851126.jpg

左から、アメリカ国旗、アラスカ州旗、B.C.州旗、Yukon準州旗、カナダ国旗。
a0100975_853442.jpg

この地点で先頭車両だけがスイッチバックしてきて最終車両に連結、元来た線路を戻っていきます。
a0100975_861019.jpg

a0100975_862446.jpg

線路沿いにたくさん咲いていた紫の花、とっても可憐でかわいい♪
a0100975_875712.jpg

断崖にはマウンテン・ゴートがいるんだって。
頑張って探したけど見つけられませんでした。。。
a0100975_884574.jpg

同じ線路だけど、反対側から見るとまた違った景色が楽しめます♪
a0100975_89655.jpg

・・・とはいえやっぱり同じ道、そして早起きしたこともあって、帰りは2人揃って半分ぐらい寝ちゃってました(^^;

こうしてゆったりのんびり約3時間の列車の旅終了。
思ったより楽しかったけど、やっぱりお天気で見たかったなぁー。。。

いったん船に戻ってランチ。(船の中で食べるとタダだしね。)
いつも夕食を食べているVista Dining Roomで前菜・メイン・デザートとがっつりいただきました。
a0100975_816417.jpg

しかし、この天ぷらとおそばはひどかった。。。
たまーに和食のメニューあるんだけど、やめといた方が無難です。。。
a0100975_8165759.jpg

ランチの後は、再び下船してスキャグウェイの街を散策。
たくさんのお土産屋さんとジュエリーショップが並びます。
a0100975_8201869.jpg

a0100975_8191497.jpg

船の中でもらったお土産屋さんのクーポンが付いてるパンフレットに、ジュエリーショップに行くだけでもらえるコレクティブル・コイン(全9種類)があるというのを見て、興味津津の私たち。
あまり買う気はなかったんだけど、おそるおそる来店。。。

そしてコインのことを聞いてみると、なにか試着すればコインをくれるとな。
じゃあ。。。ってんで気になったピアスを数点試着させてもらうと、そこはやっぱり相手もプロ。
すごく上手に売り込んできて、しかも値段も半額近くにすると言う。
たぶん元値がすごく高く設定してあるんだと思うけど、そんだけ安くすると言われると買いたくなるのが人情。
これが戦略なのねー。

1軒目ではなんとか断って、とりあえずコインだけ無事ゲット。
でも、試着なんかしちゃってすっかり乗り気になってしまったワタクシ、2軒目ではあっさりお買い上げ(^^;
完全に思うツボです。。。

近年希少価値があがっているという、タンザナイトのピアス。
ちょっと予算オーバーだったけど、気に入ったので買いました♪
a0100975_925325.jpg

コインも、ダンナがちょっとネゴってみたら、お店のおばちゃんがよくしてくれて、他のお店の分のコインを分けてくれました!
(ホントは1店舗1個なので、9箇所のジュエリーショップに行かなくちゃいけないの)
a0100975_926049.jpg

ホクホクお買い物を済ませて無事乗船。
スキャグウェイ滞在中もパラパラと雨は落ちていたけど、私たちが出歩いていた時間は傘をさすほどではなかったので、まあよかったかな。
a0100975_9381743.jpg

この日の夕食は、いつものダイニングではなく、要予約のコンチネンタル・レストラン「Pinnacle Grill」にて。
とってもファンシーなたたずまいで、食事をしている人たちもみんな少し着飾ってました。
a0100975_9442365.jpg

私たちはスイートなボックス席へ。
a0100975_946855.jpg

お皿もブルガリ様ですわ。
a0100975_9463745.jpg

パンは4,5種類、バターも3種類も!
どれもとってもおいしかった~。
a0100975_9483987.jpg

こんな岩塩のセットも登場。これがパンや前菜に大活躍!
こういった心配りに、クオリティの違いを感じます。
a0100975_9495192.jpg

ここまでクルーズご飯はあまり紹介してなかったので、ここでがっつり紹介!
(知らない人と合い席だと、さすがに写真撮りづらいのよね。。。)
アミューズは、ツナのタルタル。
a0100975_9514486.jpg

私の前菜はクラブ・ケーキ。
小さいけど、カニの身がぎっしり!!
a0100975_9541433.jpg

ダンナのシーフード・プラッターは盛りだくさん!
これが岩塩で食べたら最高でした♪
a0100975_955491.jpg

迷った挙句、メインはラムにしました。
とってもジューシー!ハズレません。
a0100975_9563589.jpg

ダンナのメインはアラスカン・サーモン。
こちらも絶妙の焼き加減。
a0100975_9573676.jpg

デザートは、サーバーさんオススメのクレーム・ブリュレ。巨大!!
バニラ、コーヒー、チョコレートの3つのフレーバーが楽しめます。
a0100975_9594238.jpg

ダンナは大好きなフォンダン・ショコラ。
こちらもかなりヘビーだったけど、おいしかった♪
a0100975_1014760.jpg

食後のコーヒーにはトリュフもついてました。でもさすがにお腹いっぱい。。。
この銀食器のセット欲しーい!
a0100975_1022081.jpg

このレストランはひとり$15の追加料金が発生するんだけど、サービスも雰囲気もとってもよかったし、もちろん味もVista Diningよりおいしかったので、この追加料金は安いと思う!!

とっても気に入ったので最終日にリピしようとしたら、その日はすでに満席とのこと。。。残念。
トロントにあってもおかしくないような素敵なレストランでした(^^)

翌朝の早起きに備え、この日はショーも見ずに早めの就寝。
明日はお待ちかねのグレイシャー国立公園。
なんとしても晴れてくれ~!!!

5日目に続く。


**過去記事アップしました。→ 「SOBA CANADA」の謎
              → カルトナージュ<プレゼントBOX>


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-26 23:53 | 旅行

アラスカ・クルーズ旅行<3日目>ジュノーで感動のホエール・ウォッチング

アラスカ・クルーズ3日目です。
今日も朝からどんよりです。。。
a0100975_101021100.jpg

それでもちゃんと早起きして、バルコニーからクジラ・パトロール!
前日の野生動物の説明会で聞いたとおり、海面から縦にあがるクジラの潮吹きを目印に目を凝らします。

すると、遠くの海面に潮吹きを発見した数秒後に、クジラの背中を目撃!!
おおー!ホントに説明通り!!
a0100975_10452692.jpg

そして、とうとう見ました~!クジラのしっぽ!!
(写真は拡大しています)
a0100975_1048361.jpg

このあとも、クジラは何度も海面に浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返し、約1時間ほどのあいだに数頭のクジラも見つけることができました(^^)
早くも念願かなって嬉しい♪

今日は最初の寄港地、ジュノー(Juneau)に立ち寄ります。
その途中、アラスカで最も美しいフィヨルドのひとつといわれているTracy Armsを通過する予定。

せっかくなので、普段は開放されていない4階の先頭デッキまで行ってみました。
ココがまさに船の最先端です。
あー、お天気がよかったらすごい眺めだろうなー。。。
a0100975_11353379.jpg

なにしろ氷が浮いている海の上にいるわけなので、吹きっさらしの先頭デッキはバルコニーにもまして寒い!!!
ガイドブックに書いてあったとおり、手袋と毛糸の帽子は必需品です。

ダンナはバンクーバーで買った、シカ(トナカイ?)の帽子を着用。
すれ違う人みんなに声をかけられてました(笑)
a0100975_11404930.jpg

Tracy Armsに近付いてくると、目の前に氷河や氷の塊が出現。
アラスカっぽい景色になってきました。
a0100975_1375594.jpg

a0100975_13154026.jpg

氷のブルーがとってもきれい。
でもお天気が悪いせいで、灰色の海に浮かぶ青い氷はまるで作りモノみたいに見えます。
a0100975_2123782.jpg

そういえば、New Foundlandに氷山を見に行った時も、お天気悪くてこんな感じだったなぁ。。。
(そのときの記事はコチラ
どうやら我が家の氷山見学はツイてないみたい。。。

いよいよTracy Armsのフィヨルドへと突入!
迫る山並みに雲がかかり、幻想的な雰囲気。
a0100975_21403474.jpg

a0100975_21414078.jpg

水の色も急に変わって、美しいエメラルドグリーンに。
波もほとんどないので、なんだか1枚の布がゆったり揺れているみたいなイメージ。
a0100975_21432663.jpg

ところどころで滝を見かけたり。
a0100975_2147324.jpg

おもしろい形の氷山を発見したり。
a0100975_21465498.jpg

途中、小さな船が近寄ってきてクルーズ船に横付けされたと思ったら、Tracy Armsのオプショナルツアー参加者が本船から乗り移って出かけて行きました。
お天気がよかったらまた美しさも違っただろうけど、これはこれで幻想的でよかったな(^^)

Tracy Armsを抜けていくと、いよいよジュノーに到着。
残念ながら、がっつり雨です(T_T)
a0100975_21541179.jpg

ジュノーでの停泊時間はおよそ7時間。
下船して街を散策したり、オプショナルツアーに参加したり、はたまた船の中でゆっくり過ごしたり、それぞれに自由な時間を過ごします。

私たちは、ホエール・ウォッチングのオプショナル・ツアーに参加予定。
ツアー開始まで時間があったので、ちょっと街に出てみようかといったん下船したものの、雨のため断念、船内でツアー開始時刻を待つことにしました。

すると、私たちの船のすぐ下の桟橋にハクトウワシが!!
写真は拡大しているけど、よく見える位置にいました。
a0100975_2214201.jpg

飛んできたところを激写!!
翼を広げる姿がなんとも凛々しい~♪
a0100975_2215980.jpg

仲良く2羽並んでるところもカッコいい!イケメンだな~。
体長およそ1m、羽を広げると2mにもなるハクトウワシ。
周りにあるモノと比べると、かなり大きいのがよくわかります。
a0100975_2217412.jpg

ハクトウワシに出会えてホクホク気分でバスに乗り込み、いざオプショナルツアーへ出発!

ホエール・ウォッチングの前に、ジュノーの街からほど近いメンデンホール氷河(Mendenhall Glacier)を見学。
歩いて氷河の目の前まで行くことができます。
a0100975_22293673.jpg

氷河のすぐ横にある大きな滝。
これも約1時間のトレイルを歩いていくと、滝壺のすぐ前まで行けるようになってます。
(人がいるの、見えるかな?)
a0100975_22322542.jpg

ビジター・センターの展示物などを見ながらここで1時間を費やし、いよいよホエール・ウォッチングに出発!!
今回ももちろん2階建ての大きな双胴船(船底が2つにわかれて支えられている船)。
ダンナがちゃんとリサーチしてくれてました♪
a0100975_2242346.jpg

広い船内は老若男女で満員御礼。
ホエール・ウォッチングはやっぱり人気ね。
a0100975_22441786.jpg

そしてやっぱり海上は寒い!!
お天気が悪いせいだと思うけど、こんな夏場でもデッキではやはり手袋と帽子必携です。
a0100975_22481473.jpg

船長さんが、周りの船とコンタクトを取りあって、動物スポットを探してくれます。
最初に出会ったのは、ハクトウワシとアザラシたち。
アザラシは、カメレオンみたいに岩場にまぎれてて最初気付かなかった(^^;
a0100975_22582632.jpg

岩場の反対側に回ってみると、アザラシが思ったよりたくさんいました!!
この場所はいつもいるスポットみたいね。
a0100975_2301594.jpg

こっち見てる♪かわいい~!
a0100975_2311350.jpg

さらに、ブイの上で日干し(?)になってるトドの群れ。
そんな狭いところにひしめき合って(笑)
a0100975_23628.jpg

そして、いました!!本命のザトウクジラ!!
みんなで探すから見つかりやすいし、やっぱり小さい船の方がクルーズ船よりも近くで見られるね(^^)
(望遠レンズで撮っています)
a0100975_22561877.jpg

a0100975_2257111.jpg

約1時間のクルーズの間に見つけたクジラは5~6頭。
見られて満足だったけど、アラスカでもこんなもんか~なんて思っていたら、港へ向かう船の前方に、たくさんの船が集まっているのを発見。
よく見ると、水しぶきが上がり、クジラの尻尾も見える!!
a0100975_2394265.jpg

全速力で船が近づいていくと、なんとものすごい数のクジラが海面から一気に顔を出した!!
これがウワサのバブル・ネット・フィーディング!!!
(ダンナ撮影)
a0100975_23125311.jpg

バブル・ネット・フィーディングは、ザトウクジラのオスが群れになって泡を出し、ニシンなどの魚群を囲いこんで、海面にあがってきたところを一気に食べちゃうという行動。
オスは通常単独行動なので、群れで見られるのはバブルネットの時だけだし、アラスカの海でしか見られないんだそう。

船の上はもう大興奮!!まさかこんな貴重な場面に遭遇できるなんて!!
さらにクジラたちは群れになって場所を移動。
船もそのあとを追いかけます。
a0100975_23232299.jpg

そして場所を変えて、2回目のバブルネット!!
カモメたちがおこぼれにあずかろうと集まってきています。
a0100975_23245173.jpg

クジラたちはさらに移動。
いったい何回やるのかは、まったくわからないんだそう。
私たちの船の方にかなり近づいてきています。
a0100975_2325373.jpg

大きな尻尾の裏側!!
うしろに写っている船と比べるとその大きさがよくわかります。
a0100975_23274774.jpg

一時は船のすぐ後ろまで来ていた子も!
船尾デッキの真後ろに急に尻尾が出て来てびっくり!!
(ダンナ撮影)
a0100975_23313998.jpg

そして3度目のバブル・ネット!!
これはかなり近くで見られました。感動~。
a0100975_23284615.jpg

アップで見ると怖い~(笑)
a0100975_2329966.jpg

結局、合計3回のバブル・ネット・フィーディングを確認。
アラスカまで来てよかった!!と心底思いました(^^)

おつりがくるぐらい大満足のオプショナル・ツアーから戻ってくると、まもなく出港の時間。
残念ながら、ジュノーの街は車窓から見ただけで終わってしまいました(^^;
a0100975_2337257.jpg

ジュノーの港にそびえるザイデルダム号。
ホントにでかいなー。
a0100975_2339332.jpg

お部屋に戻ると、メッセージカードにチョコレートと、タオル・アートがお出迎え。
これ、なんの動物??
a0100975_23402488.jpg

明日はスキャグウェイ(Skagway)に寄港の予定。
明日こそ晴れるといいなぁー。。。
a0100975_23414571.jpg

4日目に続く。


**過去記事アップしました。→ 最後のフラワーアレンジ教室「シトラス・アレンジ」


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-25 23:52 | 旅行

アラスカ・クルーズ旅行<2日目>船の中で過ごす

アラスカ・クルーズ2日目です。

朝からクジラを見つけるぞー!と意気込んでカーテンを開けると、外はまっ白!!!
水平線すら見えません(T_T)
a0100975_8455571.jpg

今日は終日クルーズ(どこにも寄港しない)なので、バルコニーでのんびり野生動物を探しながら暮らそうと思ってたのにな。。。

その日の予定は、毎朝お部屋に配られるこのパンフレットで確認。
クルーズ概要、夕食時のドレスコード、イベントスケジュールなどが書かれてます。
a0100975_9551263.jpg

なんとイベントだけでこんなにたくさん!!
ショーやセミナー、フィットネスなどなど、イベントを全部渡り歩いていたらあっという間に時間が経ってしまいそう。
a0100975_957346.jpg

とりあえず朝ご飯。
クルーズ最初の朝食は、ルームサービスを頼んでみました♪
ホテルと同じように、前夜に部屋のドアに注文カードをかけておきます。
a0100975_9372596.jpg

時間指定ができるんだけど、混んでいる時間帯だったのかちょっと遅れて到着。
しかも、来てみたら肝心のオムレツやハッシュポテトなどのホット・ミールが欠品してるし。。。

電話で催促し、さらに30分待ってやっと来たと思ったら、ハムチーズオムレツだったはずなのに、チーズオムレツになってました。。。
やれやれ。

遅めの朝食が終わる頃には、やっとこ視界もよくなってきました。
・・・といってもまだまだどんよりだけど(T_T)
a0100975_1025699.jpg

それでもダンナは必死に動物を捜索中。
朝の気温は14℃となっていたけど、海の上はそれ以上に寒い!!
持ってきたフリースとウィンブレが早くも役立ちました♪
a0100975_10201163.jpg

ずっと外にいるのは寒いので、バルコニーと部屋を出たり入ったりしながら探すこと1~2時間、遠ーくにラッコちゃん発見!
豆粒並みに小さかったけど、ぷかぷか浮いてました。
(ダンナ撮影)
a0100975_10362991.jpg

さらに、船のすぐ横を追いかけるように泳ぐイルカの仲間(名前忘れた)も!
こちらは近くにいたんだけど、あまりに動きが速すぎてとらえられず。。。
(ダンナ撮影)
a0100975_1195435.jpg

ちっちゃかったけど早くも動物たちに遭遇!
お天気が悪くてもちゃんと見られるのね~(^^)
そして、いつもの望遠レンズも必要だけど、今回は双眼鏡が大活躍!!これは必携です!

続いて、興味のあるイベントまでのあいだに、船内を散策。
昨日のオリエンテーション・ツアーで見た施設もあわせてここでご紹介。
(写真はいろんな日に撮りました)

この船の最上階10階にある展望ルーム「Crow's Nest」。
皆さんここでゆっくりくつろぎながら海を眺めたり、野生動物を探したりしています。
a0100975_11552842.jpg

最前列のリクライニングシートはいつも満席。
特にバルコニーがないお部屋の人とかは、ここに長くいるんじゃないかな。

Crow's Nestのすぐ後ろには、ライブラリー+インターネット・カフェ。
インターネットは有料ですが、パソコンはちゃんと日本語も読めました!
a0100975_11594057.jpg

a0100975_12141712.jpg

ちなみに部屋でWi-fiも使えるんだけど、こちらはかなり悪状況。
ここのパソコンを使った方が早いね。

9階には、プールと本格スパ。
スパでは毎日フィットネスや健康に関するセミナーが行われてました。
a0100975_1221826.jpg

a0100975_1223235.jpg

レストランは5箇所。
こちらはビュッフェ・レストラン「Lido」。
朝・昼・おやつ・夜と、朝早くから深夜まで、お腹がすいたらいつでも何かしら食べられます。
a0100975_1261851.jpg

a0100975_125269.jpg

”焼いも"って。。。
さすがに焼いもはなかったけど、怪しい寿司ロールはありました(笑)
a0100975_124591.jpg

a0100975_1282634.jpg

バーはなんと10箇所も!!
ピアノ・バーやスポーツ・バーなど、いろんなタイプがあります。
a0100975_1211243.jpg

a0100975_1211257.jpg

すべてのバーで、毎日日替わりのカクテル「Drink of the Day」が紹介されてました。
お酒が飲めたら絶対飲むのにな~。

2階建ての大きなホール「Vista Lounge」は、毎晩行われるメインのショーや、さまざまなセミナー、イベントの会場。
さすがに乗客全員は入りきれないけど、かなりの収容力と思われます。
a0100975_12172295.jpg

こちらの小さなホール「Culinary Arts Center」では、料理教室や各種セミナーを開催。
a0100975_12202359.jpg

私もこの日あったフラワー・アレンジメントのセミナーに参加。
船内でフラワーアレンジを担当しているクルーの方がレクチャーしてくれてました。
英語が聞き取れないと厳しいけど、内容的には意外としっかりしてるかも。
a0100975_12215053.jpg

船内のあちこちに飾られている素敵なフラワーアレンジはみんな生花。
彼らによって、毎日ちゃんと手入れされているのね~。
a0100975_12563455.jpg

ちなみにここは、夜は「Queen's Lounge」と名前を変えて、カラオケやダンスなどのパーティ・イベントが行われてました。

船内ショップは、高級ジュエリーからお土産品まで品揃え充実。
初日からすでにディスカウントされてるし免税だし、結構お得なのかな。
ジュエリーなどが当たるLotteryも毎日行われてました。
a0100975_1231827.jpg

フォト・ギャラリーには、事あるごとに撮られた乗客の写真が展示販売されてます。
こういうのってやっぱりお約束よね~なんて思いつつ、乗船時、フォーマル・ディナーなどなど、結局5~6箇所で撮られた写真のうち、私たちも3枚買っちゃいました(^^;
a0100975_1237317.jpg

それ以外にも、個人でオリジナル写真の撮影を頼むことも可能。
記念旅行で来ている人たちも多いみたいで、あちこちで恥ずかしいポーズで写真を撮ってる人たちを見かけました。

その他、大画面で映画を上映しているScreening Roomや、
a0100975_12275599.jpg

ルーレットなどのテーブルゲームからスロットまで備えた本格的なカジノも。
話には聞いていたけどホントになんでもあって、いろんな年代の人が退屈しないようにできているのね。
a0100975_12264529.jpg

私たちも午後から2つのイベントに参加。
ひとつは、アラスカ・クルーズで見られる野生動物の説明会。
これはかなり興味深かった!!動物探しも俄然やる気が出てきたよ!
a0100975_12594131.jpg

もうひとつは、最高2万ドル(約160万円)が当たるビンゴ大会!
1枚25ドルでビンゴカードを購入し、4回挑戦できます。
a0100975_1315152.jpg

このビンゴ、毎日行われていたんだけど、どんどん最高賞金があがっていって、最終日はなんと10万ドル(約800万円)になってました!!
当たった人いるのかな~??

お腹がすいたらビュッフェ・レストラン「Lido」でおやつ休憩しながらのーんびり。
他のレストランではアフタヌーン・ティーなんかもやってました。
a0100975_1383776.jpg

夕方になってすこーし晴れ間が出たものの、この日は結局終日どんより。
船内にいても退屈しないけど、やっぱり晴れがいいな~。。。
a0100975_13103747.jpg

夕食まで少しお昼寝して、今日も8時から同じ場所でディナー。
この日はフォーマル・デイ。
どの程度フォーマルなのかまったく想像がつかなかったけど、とりあえず私は、会社のクリスマスパーティで着た黒のセミロングのワンピース、ダンナはスーツにクロスタイで出動!

ちょっと緊張したけど、みんなそれほどフォーマルでもなく、ホントに人それぞれ。
カジュアルなミニワンピの人もいれば、ラメの付いたジャケットの人も。
こういうときは、人と比べるよりも自分がオシャレを楽しむことが一番ね。

しかし、きちんと着飾ってダイニングへ行ったものの、なんだか気持ちが悪い。。。
船酔いとちょっと違った感じだけど、どうやらお昼寝しちゃったことで体調が悪くなっちゃったみたい。。。

最初のうちはご飯もほとんど喉を通らなくてどうしようかと思ったけど、同席したご夫妻とおしゃべりしている間にちょっとずつ回復、最後のデザートだけはしっかり完食できました。
リゾット、とってもおいしかったのに残念だったなぁ(T_T)

結局夜のショーも途中で切り上げてきて、3日目のお天気を期待して早めに就寝。
明日は最初の寄港地、ジュノー(Jeneau)です。

3日目に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-24 23:32 | 旅行

アラスカ・クルーズ旅行<1日目>出航!ザイデルダム号

いよいよアラスカ・クルーズ出発の日を迎えました!
空は快晴!風も涼しくて、まるで避暑地のようなさわやかなバンクーバーです。
a0100975_1682337.jpg

a0100975_1655172.jpg

チェックアウトの前に、朝ご飯を食べに外出。
前日に雑誌で見たエッグ・ベネディクトに惹かれて向かったのは、Robson沿いにある「milestone Grill+Bar」。
トロントにもあるんだけど、ブランチで行ったのは初めて。
a0100975_16491979.jpg

開店と同時に入店し、ダンナはさっそく朝から一杯。
地元バンクーバーの「Granville Island Brewing」のビール(Cypress Honey Lagar)です。
a0100975_16505664.jpg

そして、これがお目当てのエッグ・ベネディクト。
大きな海老とベーコン、アボカドなどがたっぷり入って美味~♪
a0100975_16542790.jpg

一緒にオーダーしたパンケーキもとってもしっとりでおいしかった!
こういうブランチ・メニューって、日本ではあまり食べられないから良かったかも♪
a0100975_16552059.jpg

ブランチを終えてウォーターフロントまで戻ってくると、Canada Placeに巨大な船が!!
これが私たちが乗船するHolland America Line社のザイデルダム(Zuiderdam)号です!
a0100975_17194995.jpg

アラスカのクルーズ船は、数社が複数の船を運行しているけれど、その設備や運行経路はさまざま。
今回は、インターネットや口コミでダンナが綿密なリサーチを重ね、

●運行経路(バンクーバー発着でグレーシャー・ベイ国立公園に寄ること)
●部屋の設備(バスタブがある、インターネットが使えるなど)
●船の大きさ(大きい方が揺れない??)
●値段

を考慮した結果、ザイデルダム号が最適!となったのでした。

ザイデルダム号は、10階建て、8200トンの大型船。
写真じゃわかりづらいけど、これが船!?と思っちゃうほどの、まるでビルのような迫力!
約1,100人の乗客と800人のクルーを乗せて、バンクーバーから7泊8日かけて南アラスカのインサイド・パッセージと呼ばれるフィヨルドの内海を周ります。
a0100975_2211183.jpg

出港時刻は午後5時だけど、乗船は午後12時から可能。
なにしろ1000人以上の乗客が船に乗り込むわけだから、そりゃ時間もかかるよね。
私たちもなにがどうなるかわからないので、早々に乗船することに。

乗船受付は、Canada Placeの地階。
スーツケースをゴロゴロ転がして奥へ進んでいき、Luggage Drop-offで荷物を預けたら乗船の列へ。
まだ12時を過ぎたばかりだというのに、すでに長ーい行列ができてました。
a0100975_2222451.jpg

アラスカは米国なので、飛行機と同じようにまず入国審査があります。
カナダとアメリカのパスポート以外の人は別の列でちょこっと待たされてから、写真と指紋を取られて通過。

続いて、ホテルのチェックインのようなカウンターへ進み、ヘルス・チェックに関する書類を記入。
いちおう降りることのできない密室なので、感染病などにはかなり気をつけているみたい。

そして、乗船に関する簡単な説明を受けて、お部屋のカード・キーをもらい、いざ乗船!
このカード・キーが、クルーズ中の私のID兼お財布になるわけです。
船の入口でも、バーコードを「ピッ」とされました。
a0100975_223644.jpg

船の内部は想像していたよりも豪華!!
大島行きの船とは大違いだわ~。(当たり前。。。)
a0100975_22401137.jpg

客室階はこんな感じ。ちなみに私たちのお部屋は7階。
細ーい廊下の両側に部屋がぎっしり続きます。
a0100975_2241817.jpg

そして、これが私たちが1週間お世話になるお部屋!
バルコニー付き、クイーン・ベッドのお部屋です。
a0100975_22524335.jpg

さすがにスーツケースをババーンと広げるほどのスペースはないけど、大きなクローゼットにベッドにソファ、テーブル、デスク、テレビ、冷蔵庫と設備充実。
a0100975_22553877.jpg

a0100975_2256015.jpg

トイレもバスタブも、ここが船内だと考えれば十分な広さです。
a0100975_22575845.jpg

2畳ほどの大きさのバルコニーからも、ばっちり景色が一望。
チェアやテーブルも用意されていて、海を見ながらのんびりくつろげそう♪
a0100975_22595113.jpg

しばらくすると、Luggage Drop-offで預けたスーツケースなどを、お部屋係のクルーさんが持って来てくれました。
クルーの方たちは、インドネシアやマレーシアなど東南アジア出身の方が多かったかな。
思ってたより早く来たけど、乗船してすぐに必要なものは手荷物で持っていたほうがよいね。

出港までの間に、さっそく船内を偵察。
早くもプールで泳いでいる子供たちや、のんびりお酒を楽しむ大人たちでプールサイドはにぎわってます。
a0100975_238654.jpg

私たちもさっそくプールサイドに座って、乗船祝い(笑)
さすがアラスカ・クルーズ、アラスカの地ビール「Alaskan Brewing Company」のビールが飲めます!
a0100975_1115879.jpg

さっそくオーダーするダンナ、まずは白クマさんのホワイト・ビールで乾杯♪
a0100975_0294761.jpg

すでにイベントもいくつか始まっていて、私たちも3時からのオリエンテーション・ツアーに参加。
かわいらしい女性クルーが船内を案内してくれました。(船内の様子は明日ご紹介)

出港45分前には、乗客全員がデッキに出て救命胴衣の着用方法や避難時のレクチャー。
こういうところも飛行機と一緒ね。

このレクチャーが終わると、いよいよ出港を待つのみ。
やっぱり離れゆくバンクーバーの景色を見とかなくちゃ!と思い、出港時刻前に船尾デッキへ出てみると、すでにたくさんの人!!
やっぱりみんな考えることは一緒なのね~(笑)
a0100975_23463221.jpg

そして、出港時刻より遅れること約50分、ついにザイデルダム号、出港!!
Canada Placeとバンクーバーのダウンタウンが小さくなっていきます。
a0100975_23494173.jpg

ライオンズ・ゲート・ブリッジ(?)を抜け、バルコニーからノース・バンクーバーを眺めながら、船は北へと進んでいきます。
a0100975_2354945.jpg

山の稜線がとてもきれい~。
晴れててよかった♪
a0100975_23545315.jpg

外の景色を見ながらお部屋でまったりと過ごし、午後8時、クルーズ最初の夕食へ。
夕食のときは毎日ドレス・コードが決まっていて、初日はスマート・カジュアル。
私はワンピースにカーディガン、ダンナはカラード・シャツで出かけます。

夕食の会場は、2~3階部分にある「Vista Dining Room」。
赤とゴールドのインテリアがいかにもゴージャスな空間です。
a0100975_0281311.jpg

夕食の場所は、乗船した時点で時間とテーブルの場所が決められていて、基本的に毎日同じ時刻に同じテーブルでとる仕組み。
ただし、他に要予約のレストランが2箇所と、予約不要のビュッフェ・レストランがあるので、予約が取れれば日によって変更も可能です。

私たちは、スコットランドからいらしたご夫妻と同席に。
お仕事で世界中を飛び回っているという温厚なご主人と、小学校の先生だという陽気な奥様。
なんとご主人の取引先のひとつがダンナの会社であることが判明!
一気に親近感がわいて、お話も弾みました(^^)

肝心のお料理は、普通のレストランとまったく同じ感じで、前菜、メイン、デザートのアラカルトから好きなものをチョイス。
飲み物は有料だけど、食事はオール・インクルーシブなので好きなだけ食べられます♪
初日で緊張していてまったく写真を撮り忘れたけど、味は普通においしかったです。

食事が終わる頃にはすっかり夕暮れ。
ずいぶんと雲が多くなっていたけど、デッキからちょっとだけ夕焼けが見られました。
a0100975_0554479.jpg

そして、9時半からはお待ちかねのショータイム。
観客を巻き込んだゲームに、歌やダンスで盛り上がりました。
キューバで見たショーに比べると、衣装も技術も完成度が高くてひと安心(笑)
a0100975_103316.jpg

ショーが終わって部屋に戻ると、真っ暗な窓の外に浮かび上がる幻想的な光が。
少し先に出港していたプリンセス号の灯りかな。
向こうからもザイデルダム号がこんな風に見えているんだろうね。
(写真は拡大しています)
a0100975_136358.jpg

こうしてあわただしくクルーズ1日目が終了。
明日は1日船の上でゆっくり過ごします。

2日目に続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-23 23:19 | 旅行

アラスカ・クルーズ旅行<0日目>前乗りバンクーバー

カナダ生活最後の旅行は、豪華客船で行くアラスカ・クルーズ。
選んだ理由はとっても単純♪

「大きな船からクジラを観よう!」 ということ。

過去何度かホエール・ウォッチングにトライしているけど、短時間のクルーズでは、見られるのはいつもクジラの背中ばかり。(去年のホエール・ウォッチングの様子はコチラ
かといって小さな船での長時間クルーズは、すぐ船酔いしちゃう私たちには無理。。。

でも、どうしてもザトウクジラの大きな尻尾やダイナミックなジャンプを見てみたい!
ならば、「もっとデカイ船に乗っちゃえばいいんじゃない!?」
。。。という安易な発想から、大枚はたいて豪華客船の旅が決定しました(^^)

クルーズでは、クジラ以外にもラッコやアザラシ、そしてトロントでは結局見ることができなかったハクトウワシなどの野生動物が目白押しだとか。
壮大な氷河や美しい氷山を見るのも楽しみだし、優雅な船の旅というのも一度体験してみたかったの♪

そして、最後に行っておきたいカナダらしい場所といえば、やっぱりカナディアン・ロッキー。
もうこうなったら最後の大奮発だ!ということで、カナディアン・ロッキー旅行も追加!
合計16日間のローーング・バケーションとなりました。

私たちが乗り込むアラスカ・クルーズはバンクーバーから出港。
出港時刻は午後5時なので、出港日当日にフライトしても間にあうんだけど、せっかくなので出港日前日にバンクーバー入りすることに。

朝7時過ぎのフライトでトロントを出発し、時差の関係で9時半頃にはバンクーバーに到着。
あいにくのどんより曇り空です。。。
a0100975_1726577.jpg

しかも、前日に最高気温38℃を記録したトロントとうって変わって、バンクーバー寒っ!!
おそらく気温は20℃なかったんじゃないかな。。。
アラスカとロッキーのために持ってきたフリースとウィンブレが、さっそくバンクーバーで役に立つとは(^^;

大量の荷物を抱え、まずはタクシーで本日宿泊のホテル「The Hotel at Terminal City Club」へ。
会員制クラブのホテルらしいけど、ホテルは一般客も宿泊可能。
クルーズ船が出港するCanada Placeに隣接するPan PacificやFairmountに比べると、お値段もちょこっとお得なの。

シックなお部屋はキレイで広さも十分。
写ってないけど、ミニキッチンも付いてました。
a0100975_1739157.jpg

運よくチェックインできたので、荷物を部屋にあげてからランチをとるため外出。
本当はお目当てがあったんだけど、あまりの空腹と寒さで挫折し、ホテルから歩いてすぐのGastownへ。
a0100975_17542226.jpg

街のシンボル、Steam Clockもご健在♪
8年ほど前に旅行で訪れたとき以来のご対面(?)です。
a0100975_1854932.jpg

引越しの忙しさにかまけてほとんど下調べをしていなかったので、ランチはガイドブックに載っていたブリュワリー・レストラン「Steam Works」へ。
a0100975_18162644.jpg

a0100975_18171224.jpg

このお店で醸造している5~6種類の地ビールを飲むことができます。
a0100975_18285965.jpg

ダンナが頼んだのは、Nirvana Nut Brown Ale。
味はおいしかったようだけど、専用グラスでないのが残念!
グッズもTシャツなどはあったけど、グラスはありませんでした。
a0100975_18295223.jpg

とりあえず、2人揃ってパブ飯ではハズレないバーガー類をオーダー。
私のはマッシュルーム・バーガー。お肉がジューシー!
付け合わせにスイート・ポテト・フライが選べたのも嬉しいな♪
a0100975_18391598.jpg

お昼ご飯を終えた後、少しだけGastownを散策したものの、引っ越し疲れもあってか眠気と寒さに負けてホテルへ退散。
お昼寝してから、夜6時過ぎに再度お出かけすることに。

どんより曇っていた空はすっかり晴れて青い空♪
Canada Placeからの眺めも美しい~。
a0100975_20574869.jpg

そのままウォーターフロントを歩いていくと、バンクーバー・オリンピックの聖火台発見!
そういえば、トロントとMarkhamの聖火リレー見に行ったな~。(その時の記事はコチラ
a0100975_21141725.jpg

近くで見ると結構な迫力。
遠目にはアルミホイルっぽい感じだったけど、周りはガラスで覆われてました。
a0100975_21145295.jpg

夜ご飯は、バンクーバーに来たらお決まりのラーメン♪
これまたリサーチ不足で、とりあえず一番最初に通りかかった「弁慶」へ。
a0100975_21155689.jpg

私は塩ラーメンをオーダー。
うーん、、、なんだかボケた味でイマイチ。。。
a0100975_21236100.jpg

ダンナが頼んだ辛いラーメンはまあよかったかな。
そんなに評判のよくないお店じゃなかった気がするんだけど、メニュー選びに失敗したのか、はたまた支店によって味が違うのか??
a0100975_21235629.jpg

今回は、バンクーバーに5店舗のうち、on Thurlow店に行ったんだけど、あとでバンクーバー・グルメ・ブロガーのBiNgOさんに聞いたところ、on Robson店の隠れメニュー「家系ラーメン」がおいしいんだそう。

さらに同じくグルメなあろあろさんからも、大好きな「山頭火」があることを聞いてショック!!
(確かに彼女たちのブログに登場していたような。。。)
やっぱりリサーチって重要だよね。

残念なお口直しに、Fairmount Pacific Rimのコーナーにあった「Bella Gelateria」でデザート・タイム。
お値段ちょっとお高めだけど、素朴でおいしいジェラートでした♪
a0100975_21434328.jpg

ホテルに戻る頃には日も暮れて、ウォーターフロントはすっかりいい雰囲気。
夕暮れ迫る海と、ノースバンクーバーの灯りやCanada Placeのライトアップがとてもきれいでした。
a0100975_21413464.jpg

a0100975_21421371.jpg

こうしてのんびりとした旅行初日が終了。
いよいよ明日はクルーズ乗船です。

クルーズ1日目に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-22 23:03 | 旅行

アンティーキングdeプチ旅行

今年に入ってからすっかりハマっているアンティーク。
いよいよラスト・スパートとなってきております。

最近では、お友達やダンナとつるんで、ずいぶんと遠くまで足を延ばせるようになってきたけど、いつも1日がかりで出かけても、時間が足りなくてバタバタ。
ホントはSt. Jacobsまで行ったらファーマーズ・マーケットもゆっくり見たいし、Cambridgeもとても素敵な街なのにいつもアンティークだけではさみしすぎる。。。

じゃあ1泊してゆっくり回っちゃおう!!ということになり、非常に近場ではありますが、1泊2日のアンティーク三昧トリップに出かけて来ました!
今回は、西方面のアンティークショップを一気に回るコースです。

朝9時に自宅を出発し、まずは一番遠いStratfordへ。
St. Jacobsよりもさらに30分ほど西にある街で、今回初訪問です。
a0100975_10245095.jpg

ブリティッシュな雰囲気あふれるかわいらしい街並み。
Stratfordはなんでもシェイクスピアで有名だそうで、夏の間は「シェイクスピア・フェスティバル」と銘打って、街のシアターで毎日のように演劇が見られるそうです。
a0100975_1026211.jpg

a0100975_10261899.jpg

しかし私たちの目的はあくまでアンティーク。
Stratfordとその隣町のShakespeareには、大きめのアンティーク・モールが1軒と、小さなアンティーク・ショップが数件点在しています。

ランチの予約時間までに、まずはStratfordのはずれにある小さなアンティーク・ショップ「Hidden Treasures Antiques」へ。
一軒家の中に所狭しと食器や雑貨が並べられて、おばあちゃんがひとりで店番をしているお店。
陶器やガラス、銀製品などが多かったかな。
a0100975_10371612.jpg

Stratford Antique Warehouse」は、大型モール系。
St. Jacobsの小さいほうのモールと同じぐらいの規模かな。
せっかく初めて行ったけど、今回は収穫ありませんでした。。。
a0100975_10394783.jpg

a0100975_10401453.jpg

アンティークは空振りだったけど、Stratfordでもうひとつ楽しみにしていたのがランチ♪
お友達が教えてくれたフレンチ・レストラン「The Church Restaurant」です。
a0100975_10431293.jpg

教会を改装したというレストランは、天井が高くてまさに雰囲気たっぷり。
ステンドグラスやパイプオルガンも、そのまま残されています。
a0100975_10523283.jpg

a0100975_1052471.jpg

メニューはフレンチのアラカルト。
サンドウィッチやバーガーはランチだけみたい。

前菜は、ステーキ・タルタルをオーダー。
生肉と生卵。。。大丈夫かなーと思ったけど全然OK。味もおいしかったです(^^)
a0100975_110757.jpg

ダンナはP.E.IのMussel。
やっぱりP.E.I.のMusselはぷりぷりしてておいしーい!!
前日にトロントのイタリアンで食べたMusselとはまったく別物です!!
a0100975_1113972.jpg

メインは、Oyster B.L.T。なんとカキフライのサンドウィッチ!
すごく大きなカキフライが入っていて、食べ応えたっぷり!
味は普通にカキフライとパンです(笑)
a0100975_1125258.jpg

ダンナはお野菜たっぷりのニョッキ。
すごく量が少なく見えたけど、ポテトのニョッキは意外とお腹にたまるみたい。
カラフルな盛り付けも素敵。
a0100975_1142648.jpg

デザートは、他の人が食べてるのを見たらすごくカナディアンな感じ(大きくて甘そう)だったので、パス。
ウエイトレスのおばさまもとても丁寧なサービスで好印象。
いつもアンティーキングの時は、あまりまともなランチがとれないので満足満足(^^)

ランチのあと腹ごなしに街をくるっと散策してたら、あっというまに2時過ぎ!
あわてて次の目的地St. Jacobsへ向かいます。
メノナイトさんたちの馬車、今日は多数発見!
a0100975_11361074.jpg

Farmer's Marketが3:30に閉まっちゃうので、まずはファーマーズ・マーケットへ。
お土産用のメープル・シロップやフルーツを買い込みました。
a0100975_1185379.jpg

建物にほど近いワゴンで売っていた巨大なストロベリー・レモネード。
持って歩いている人がたくさんいたのでつられて購入。
しぼりたてのイチゴの香りがぷーんとして、とってもおいしかった♪
a0100975_1111245.jpg

今回は、いつも時間がなくて見られなかった建物の2階にあるお店を物色。
アクセサリーやリネン、キャンドルなど、手作りのお土産っぽいものが多いのね。
a0100975_11131334.jpg

a0100975_11134236.jpg

その後はいつものように「Market Road Antiques」と「St. Jacobs Antiques Market」、「St. Jacobs Antique & Book Market」でアンティーキング。(何度も来ているので写真は割愛)
今回もしっかりお宝をGetできました♪

閉店ギリギリの6時までアンティーキングを楽しみ、本日のホテルにチェックイン。
St. JacobsとCambridgeのあいだにあるビジネスホテル「Hampton Inn & Suites by Hilton Kitchener」に泊まります。
a0100975_1134868.jpg

まだ新しいのか、建物の中も外もとってもきれい!
インドアプールやフィットネス、コーヒーやお水の無料サービスもあって便利♪
a0100975_11381217.jpg

a0100975_11382930.jpg

お部屋もこれまた広くてきれい!
これにホットミールの朝ご飯も無料でついていて、ひと部屋C$100ちょっととは驚き!
a0100975_1141466.jpg

チェックインを終えて荷物を置いたら、夜はpimsさん宅へお呼ばれ。
pimsさんたちも夕方まで外出していたというのに、あいかわらずの手際の良さで、たくさんのごちそうを用意して迎えてくれました♪
a0100975_11462294.jpg

a0100975_11464254.jpg

ご主人も娘のムーちゃんも一緒になってせっせとおもてなしをしてくださって、その姿がホントに微笑ましい♪
いつもpimsさんファミリーとお会いすると、そのナチュラルでほのぼのとした雰囲気に癒されます(^^)

おいしいお料理をたくさん食べて、たくさんおしゃべりして、最後はアンティークの食器で手作りデザート。
こうしてpimsさんがアンティーク食器で素敵におもてなしをしてくれたのが、私がアンティークにハマる重要なきっかけになったんだよな~。
a0100975_123379.jpg

ダンナとご主人は、ビールにワインにラムにと、たくさんお酒を開けてすっかりご機嫌さん。
ダンナはホテルに着いた途端、ベッド直行でした(^^;

ブログを通してお知り合いになって、それほどご近所でもないのにこうして何度もご一緒できたのは、やっぱりpimsさんファミリーのお人柄。
遠く離れてもまた日本でお会いできるのを楽しみにしています(^^)

翌日も、アンティーク・モールの開店時間に合わせてチェック・アウト。
その前に無料の朝食ももちろんいただきましたよ♪
a0100975_12154954.jpg

2日目はまずCambridgeの「Southworks Antiques」へ。
ここもSt. Jacobsへ来た時は必ず寄るおなじみのモールです。
a0100975_12182031.jpg

そして今回も結局、隣接するアウトレットモールはのぞいてるヒマありませんでした(T_T)
a0100975_12194187.jpg

アンティーク・モールを見た後、Cambidgeの街をちょこっとブラブラ。
いつも通るたびに、石造りの街並みと川の風景がとても美しいところだなーと思っていたの♪
a0100975_12213665.jpg

a0100975_1226893.jpg

a0100975_12225719.jpg

でも、日曜日の午前中だからか、街中はずいぶん閑散としてました。。。
お店もほとんどお休みだったのかな。
a0100975_12234115.jpg

結局、早々に散策も切り上げて次の目的地へ。
その道すがら、Frea Marketに隣接する「Cambridge Antiques」という小さなアンティーク・ショップへ。
あやしげな入口を入っていくと、中もとってもせまくて家具が中心。寄らなくてもいいかな。
a0100975_12284560.jpg

次の目的地は、東へ30分ほど戻った「Aberfoyle Antique market」。
夏の間、毎週日曜日だけやってる屋外マーケットです。
a0100975_1233180.jpg

a0100975_12333045.jpg

ここは各ブースにディーラーさんが在駐してるので、いろいろお話が聞けたり、お値段交渉ができるのがいいところ♪
キャンドル・ウィックのコーンフラワーも、ここで由来を知ったんだったな~。
今回もいろいろお得にGetできました(^^)

そして最後に、そこから南に20分ほど下がった「Freelton Antique Mall」。
ここはやっぱりAberfoyleとはセットにするべきね。
a0100975_12371529.jpg

こうして1泊2日で約8軒のアンティーク・ショップをめぐってGetしたお宝たちはコチラ!
思ったより買わなかったけど、今回は探していたお宝に安くめぐり会えたので、かなり満足♪
a0100975_12402169.jpg

特に、SpodeのBillingsley Roseのサラダ・プレート(写真中央奥)は、すでにC&Sを入手済みなので絶対欲しかったんだけど、予想より安く、しかもいい状態で手に入って嬉しい!

さらにSpodeのCowslipパターンも、C&S、B&BプレートとサラダプレートをセットでGet。
ホントはコーヒーカップじゃなくてティーカップがよかったんだけど、これ全部でC$11.50は絶対買いでしょ!
もちろんCrazing(陶器特有のひび割れ)もなし!
a0100975_124626.jpg

C&S繋がりで、Royal Albertのカナダ12州花シリーズもGet!
前からsilkyvanillaさんに勧められても、イマイチ好みじゃなくて買わなかったけど、やっぱり帰国が近づいてくると、記念に欲しくなるのよね~(^^;
a0100975_12473184.jpg

このパイレックスのSnowflakeの1.5QTキャセロールは前から欲しかったもの♪
Aberfoyleでかなーり汚れた状態で売られてたけど、入念にヒビや汚れをチェックして、家でちゃんと洗ったら、すごくいい状態になりました(^^)
a0100975_125153.jpg

今回初めて買ってみたのは、こんな木の箱。昔、チーズが入って売られてたんだって。
こうしてちゃんとニスで仕上げしてあると、なんかとってもカッコイイ!
カトラリーを入れたり、スパイスの瓶を入れたりして活躍しそう。
a0100975_12531914.jpg

シャンデリア・パーツは、ステンドグラス用。
1個C$1~3ぐらいで売られてます。うまく使えるといいな~。
a0100975_12541756.jpg

しかし、1泊2日あれば十分見て回れるかなーと思ったけど、やっぱり時間が足りなかった~。
アンティーキングもそうだけど、結局あまり街散策はできなかったかな。。。
両方欲張ると、どっちも中途半端になっちゃうみたい。
結論としては、アンティーキングはアンティーキングだけで行った方がいいみたいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-07-03 23:42 | 旅行

モントリオール旅行<3日目>お買い物♪お買い物♪

モントリオール旅行3日目です。

この日も朝からどんより曇り空。
なんだか今回の旅行はちっともお天気に恵まれないなー。。。
でも、昨日のF1がなんせどしゃ降りだったから、降ってないだけありがたいって気持ちで楽しむよ!

最終日は、モントリオールの口コミで人気のお買い物スポットを巡ります♪
10時にホテルをチェックアウトし、街中へ。

これ、意外と大きな道路の交差点の様子。
車を走らせていてなんか違和感あるなーと思っていたんだけど、信号が頭上や道路の真ん中にないの!
a0100975_21121066.jpg

信号は、歩道にまるで歩行者用信号のようにたってます。
交通量の多い時は周りに車がいるからわかるけど、夜ななんどか見逃しそうになりました(^^;
a0100975_2114489.jpg

モントリオールのすべての交差点がこうなってるわけじゃないんだけど、なんでだろ??
景観を損ねないためか、もしくは電気配線がめんどうだったのか??

まずはブランチをとるべく向かった最初の目的地は、モントリオールで絶対はずせないスモークミートのお店「Schwartz's」。
a0100975_11123860.jpg

イートインは朝10時からだと何かで見たので10時過ぎに行ったら、なんと10時半からだった(T_T)
運よく店の前の路上パーキングに停められたのはよかったけど、行列ができてないのもそういうわけね。。。

しかたなく、隣接するテイクアウト・コーナーを物色。
真空パックのスモークミートを購入しました。
a0100975_11175848.jpg

そして10時半過ぎたので再び店内へ。なんとすでに食べてる人たちもいました!
勝手に座ってるとオーダーを取りに来てくれる仕組みらしい。

メニューはハンバーガーショップみたいに、カウンターの上に写真と番号が出てるので頼みやすい。
1人前ずつのスモークミートのサンドウィッチもあるけど、今回はダンナのススメで、2~3人前のスモークミートとパンが別々に出てくるプラッターにしました。
a0100975_11224849.jpg

これだと自分で好きなようにはさんで食べられるし、パンもお肉も多めでリーズナブルなんだって。
マスタードをたっぷり塗って、いただきまーす!!
a0100975_11252227.jpg

スモークミートがホロホロでとってもジューシー!!
私の大好きな「Centre Street Deli」のスモークミートともタイプが違う感じで、ずっしり重いのにあとを引くお味♪
これは人気なのがわかります!

続いては食後のデザート♪
モントリオール在住ブロガーさんのブログで情報をGetしたマカロン屋さん「La Mason du Macaron」へ。
a0100975_1285393.jpg

白くてすっきりとした店内には、カラフルなマカロンがずらーっと並んでいます。
たぶん15種類以上はあったんじゃないかな?!
a0100975_1292776.jpg

サイズは小さめだけど、12個でたしか18ドルぐらいだからお値段もリーズナブル♪
外は比較的カリっとしていてクリームなめらか。おいしゅうございました(^^)

そして、このお店にはMacaron glacésという別の種類のマカロンが。
見た目は普通のマカロンと一緒だけど、なんとアイスクリームがはさんであるのです!
a0100975_1215488.jpg

ひーんやり新食感!でも、おいしくないわけありません♪
近所にあったら絶対通うのになー。

このあたりは閑静な住宅地で、ヨーロピアンなアパートメントがたくさん!!
高そうなのもあれば古めかしい建物もあり、雰囲気あってすごくいい感じ。
こんなところに住みたいわ~。
a0100975_12244527.jpg

a0100975_1225216.jpg

次のお目当てのお店は、最近お友達の間で話題の「Kusmi Tea」。
パリに本店のある紅茶屋さんで、トロントでもPusateri'sなどの高級グロサリーで買えますが、ここが北米直営店第1号だそうです。
a0100975_12405419.jpg

スパイスの効いた独特のフレイバーが特徴だけど、パッケージのかわいさも必見。
自分用に大きなキャニスター・タイプと、お友達へのお土産用に小さなパッケージ・セットを購入。
a0100975_12424252.jpg

Kusmi TeaのあるSaint-Denis通りは、オシャレなたたずまいのお店が立ち並び、いい感じ。
ちょっと表参道あたりと雰囲気似てるかも。
a0100975_12461198.jpg

a0100975_1246263.jpg

続いて、「Schwartz's」のスモークミートと並んでハズせない食べ物がベーグル。
2つある有名店のうちのひとつ「Fairmount Bagel」へ。
私が行ったときはそうでもなかったけど、すぐに行列ができてました。
a0100975_12562163.jpg

本場ジューイッシュのと違って、モントリオールスタイルのベーグルは、甘味があってさらにモチモチしているところがポイントだとか。
今回は、このお店定番のセサミを半ダース購入。
とっても香り高くて、ホントに甘味がありました!

モントリオールの街のあちこちで見かけたのがレンタル自転車。
どのレンタル・ステーションでも乗り捨て可能でとっても便利。
a0100975_1365293.jpg

今回行ったお店はみんな新市街から離れたPlateau-Mont-Royalと呼ばれるエリアにあるんだけど、徒歩ではちょっと回りづらい距離だったから、街を散策するにはもってこいかも。
今回も乗ってみたかったけど、時間がなくて断念。

続いては、新市街を抜けて南の方へ。
Notre-Dome O.通り沿いが骨董通りになっていると聞き、アンティーキングへGo!
。。。とその前に、数日前にお友達が教えてくれた、骨董通りの終点にある「Atwater Market」へ。
a0100975_13341852.jpg

学校のような建物の周りには、お花や野菜などがたくさん売られてます。
規模もなかなか大きめ。
a0100975_13365212.jpg

a0100975_13372493.jpg

建物の中は市場にしてはかなりキレイで、お肉屋さんやパン屋さん、チーズ屋さんなどが軒を連ねます。
a0100975_13385916.jpg

a0100975_13391635.jpg

a0100975_1339395.jpg

お肉もおいしそうだったけど、生ものは控え、チーズとクロワッサンを購入。
どちらもおいしかった♪ 特にくるみの入ったフランスのチーズ(名前忘れた)、最高でした!

そしていよいよアンティーキング♪
Atwater MarketのあるAtwater通りとの交差点から北へアンティークショップが点在しています。
a0100975_13302568.jpg

でも、月曜日だからか半分ぐらいのお店はお休みで、開いているお店も家具やシャンデリア、ジュエリーなどの高価なものを売る店ばかり。
全部のお店を見たわけじゃないけど、残念ながら私が買いたいようなコレクティブルはまったくありませんでした。。。

骨董通りをあっさりあとにし、続いて向かったのはスーパー「Metro Bellemare」。
このMetroはただのMetroではありません!
ビール好きの掲示板によると、ビールの種類が豊富だと口コミで評判のスーパーなのです。
ビール博士ワキさんもブログで紹介していました。
a0100975_1352195.jpg

確かにすごいビールの種類!!
グラスもすこーしだけ置いてありました。
a0100975_13554046.jpg

ダンナはほくほくとケベックビールを買い込みご満悦。
これにてモントリオールでのショッピングは、無事すべて終了いたしました!

ここからトロントへの帰路に着くわけですが、平日の夕方ともなるとHW401の渋滞が心配。。。
渋滞していなくても、あまりにも平坦でつまらないハイウェイは、疲れで眠くなってしまいそう。。。
ということで、ちょっと遠回りだけど、前回のオタワ旅行の際に使ったHW7を利用するために、オタワ経由で帰ることにしました。

おかげで、オタワの手前にあるダンナの大好きなブリュワリー「Beau's」に念願の初訪問!
a0100975_1405158.jpg

このブリュワリーはラベルやパッケージのデザインがすごくかわいくて、ビールを飲まない私もお気に入り♪
ブリュワリーの中に入ると、歴代のビールラベルのパネルが勢ぞろい!
a0100975_1455845.jpg

グッズも充実!!うわー!いろいろ欲しいー!
a0100975_1465025.jpg

厳選の末、ダンナはキャップ、私は布バッグを購入しました♪
あ、もちろんビールは、季節限定のFestivaleをガロンボトルで購入。
a0100975_1474484.jpg

ダンナがお願いしたら、軽ーく工場内も案内してくれて、ラベル貼り作業なども見せてくれました。
いやー、ブリュワリーに来た時のダンナの饒舌ぶりったらすごいなーといつも思います(笑)
a0100975_1494560.jpg

a0100975_14102715.jpg

大喜びでブリュワリーをあとにし、あとはひたすら家路を急ぎます。
途中オタワ市街ですっかり渋滞にハマり、結局家に着いたのは午後10時。
寄り道したとはいえ、行きは5時間で着いたのに、帰りは8時間近くかかってしまいました(^^;

想像していたよりも盛りだくさんだったモントリオールの旅。
もう1泊ぐらい欲しかったなー。
これが最後なのが悔やまれますが、街も素敵だったし、食べ物もおいしかったし、最後に行っておいてホントに良かったです(^^)


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-06-13 23:25 | 旅行


トロント近郊に住む駐妻の日記


by mitan_boo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

トロント+GTAグルメマップ

このブログで紹介したレストランやおいしいショップはこちら↓
「トロント+GTAグルメマップ」

注)地図は2ページに分かれています。

青→レストラン
赤→カフェ、ファストフード
黄→ショップ

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ご挨拶
ひとり言
お花
デジモノ
料理
健康
レストラン
スイーツ
ショップ
旅行
おでかけ

カナダ生活
ゴルフ
ステンドグラス
カルトナージュ
羊毛フェルト
クラフト
アンティーク
未分類

検索

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

フォロー中のブログ

カナディアンロッキーで暮らす
ケセラセラ
ひゅーひゅー!Yuko@...
ムースのカナダ日記
すみれ堂きものDiary
Lululu*トロント
ムーティフルライフ
rieccoのトロント生活
眼遊記
シングルママさんの日記!
ぱんぱんのきままな日常
☆ Toronto Ma...
Lululu*バンコク
TORONTO ゆるゆる生活記
NY Long Isla...
ひゅーひゅー!Yuko@...

最新のトラックバック

バンクーバーで王道ステー..
from バンクーバー生活日記 ~留学..
CANADA DAYS ..
from vote.ci-xx.org
役立つブログまとめ(国内..
from 役立つブログまとめ(国内旅行..
Jackさんとヒーター壊..
from トロント~近郊での生活
初雪ですと手巻き寿司
from トロント~近郊での生活
rookies 視聴率お..
from 新鮮ネタ市
カナダ ナイアガラについて
from カナダ旅行大好き!
ラコステ 水着 天国!
from ラコステ 水着 天国!
icb 水着
from icb 水着
ロキシー 水着
from ロキシー 水着

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧