カテゴリ:旅行( 162 )

アトランティック・カナダ周遊旅行<最終日>Nova Scotiaの絶景

アトランティック・カナダ周遊7日目です。
翌朝早いフライトでトロントに戻るので、事実上、今日が旅の最終日。
1日かけて、世界遺産のLunenburgとHalifaxのダウンタウンを訪れます。

ホテルで朝ご飯を食べて、8時半に出発。
Nova Scotia州にある11のドライブルートのうち、Halifaxから西へ延びるLighthouse Routeを辿ってLunenburgへ向かいます。
a0100975_12194212.jpg

昨日とはうってかわって、今日は真っ青な空がまぶしい快晴!!
最終日が晴れてよかったぁ!テンションもあがります♪
a0100975_12245761.jpg

Lunenburgに行く途中、まずは有名なPeggy's Coveの灯台に寄り道。
最初は「ただの灯台でしょー?」くらいに思ってたんだけど、ダンナが会社の同僚もまっさきにPeggy's Coveに行くよう言ってたらしいので、これは見とかねばと思って。

白い岩壁にそびえるまっ白な灯台。
空の青に映えて、とっても絵になる風景です。
a0100975_12563842.jpg

灯台のそばにはお土産屋さんなどがあって、ツアーバスも来ている一大観光スポット。
そんな有名なところだったとは知らなかったぁ。

もちろん、岩の上を歩いて灯台のそばまで行くことができます。
灯台の下でおばさまがアコーディオンを弾いていたり、バグパイプを演奏するお姉さんもいて、その音楽がなんだか灯台の景色とマッチしてカッコよかった♪
a0100975_12575214.jpg

そして、真正面には180度水平線が広がる海!!うーん、爽快!!
みんな岩の上に座ったり寝転んだりして、この景色を楽しんでました。
a0100975_12594439.jpg

灯台の左側は、ずぅーっと岩壁が続いていて、遠くまで歩いていけます。
こんな風に歩けるような自然の岩壁が繋がってるのって珍しいかも。
a0100975_1325447.jpg

私もせっせと歩いてみたけど、ここで断念(^^;
最初はあまり期待してなかったけど、雲ひとつないお天気のおかげで大満喫でした(^^)
a0100975_1353240.jpg


ふたたび西へと車を走らせ、お昼前にLunenburgの港に到着。
カラフルな色に塗られたかわいらしい建物が並びます。
a0100975_1319427.jpg

a0100975_13191894.jpg


マリーナ沿いにはたくさんのレストランやお土産屋さんがあって観光地らしい雰囲気。
観光馬車もいました。
a0100975_13203920.jpg


ひときわ目を引く真っ赤な建物は、博物館「Fisheries Museum of the Atlantic」。
この博物館に入ると、10セントコインの裏に印刷されている有名な帆船Blue Nose II号(レプリカ)をそばで見れるみたい。
(船自体は港に停まっていたけど、一般の人は船のすぐそばのデッキには入れないようになってました。)
a0100975_13271620.jpg

同じ建物にあるギフト・ショップとレストランは誰でも入れるので、今日のお昼はここのレストラン「Old Fish Factory Restaurant」に決定!
a0100975_1332191.jpg

店内は船をモチーフにしたインテリアと、イギリスを思わせるタータンチェックが素敵♪
a0100975_13343674.jpg

窓際の席からは入り江が一望。
ときどき観光ヨットが通ったりしてました。
a0100975_1337584.jpg

Nova Scotiaもやっぱり基本はシーフードなんだけど、今回はちょっと変わったものをオーダーしてみました。
まずは、季節のスープとカラマリ・フライ。
a0100975_13411187.jpg

スープは、なんとニンジンとカレーのスープ。
これがニンジンの甘味とスパイシーなカレーがマッチして美味♪
たっぷりサイズのボウルをふたりでシェアしてもボリューム満点でした。

カラマリ・フライは、なんとバルサミコ酢とスイート・チリソースがけ。
これがすごくおいしかった!!意外な組み合わせだけど、私たちとしてはかなりヒット!
これ家でもやってみよ~♪

メインは、ダンナがHaddockの中にシーフードのクリーム和えがはさまってる一品。
(名前忘れちゃったけど、期間限定メニューらしい)
これもまた淡白なHaddockにシーフードたっぷりのクリームが絶妙のバランス!
a0100975_1345484.jpg

私のメインは、シーフード・ラップ。
ロブスター、カニ、エビ、ホタテに野菜もたっぷり入ってかなりボリューミィ。
シーフード三昧旅の最終日に、ちょっと変わったものが食べられて良かった(^^)
a0100975_13481945.jpg


食事の後は、この港の対岸へ。
ガイドブックなどで見かけるLunenburgの写真は、港の風景を対岸から写したもの。
カメラ好きとしては、そのかわいらしい風景をぜひ写真に納めなければ!

道もわからないまま、とりあえず対岸方面に向かって車を走らせていくと、行き止まりはゴルフ場!
バックしようとしたら車が来てしまったので、ゴルフ場の駐車場でこっそり写真を撮らせていただきました(^^;

うん、これこれ!やっぱりカワイイ♪
a0100975_13562748.jpg

ルーネンバーグの景色を堪能した後は、もと来たドライブルートを戻ってHalifaxのダウンタウンへ向かいます。

その途中、Mahone Bayの町を通過。
ルーネンバーグのようなカラフルな建物やかわいらしい教会が並びます。
a0100975_1455451.jpg

a0100975_1461557.jpg

ガイドブックによると、このあたりはPewter(すず)工芸のお店も多いらしいので、寄りたいな~と思ったけど、時間がないので我慢。。。

そして、約1時間半でHalifaxのダウンタウンに到着。
ショッピングモールの駐車場に車を停めて、徒歩でダウンタウンを散策します。
a0100975_1495847.jpg


まず最初は、「Halifax Public Gardens」へ。
立派な門構えにちょっとたじろいじゃったけど、無料です♪
a0100975_14131743.jpg

園内にはたくさんの花たちが植えられて、とってもきれいに整備されてる!
地元の人たちの憩いの場って感じで、たくさんの人がお散歩を楽しんでいました。
(3枚目ダンナ撮影)
a0100975_14161988.jpg

a0100975_14163716.jpg

a0100975_14171840.jpg

続いて、港へ向かって坂を下り、要塞「Halifax Citadel」へ。
a0100975_14215842.jpg

でも、Citadelには入らず、ここでのお目当ては時計塔「Old Town Clock」。
200年も変わらずここで時を刻み続けているんだそう。
a0100975_1423562.jpg

Citadelへ向かう高台からは、ダウンタウンが一望できます。
(この写真は拡大しています)
a0100975_14245136.jpg

さらに港に向かって坂を下り、ダウンタウンの街中へ。
やっぱりトロントよりは小さいけど、古めかしさもいい雰囲気。
a0100975_1427129.jpg

そびえるBank of Nova Scotia。本店かなぁ?
a0100975_1428015.jpg

坂を下りきったところがHalifaxのハーバーフロント。
観光船やフェリーが出て、たくさんの人で賑わっていました。
a0100975_14313510.jpg

a0100975_14322966.jpg

こんなかわいらしい船も。ポンポン船みたい。
a0100975_14332355.jpg

フェリー乗り場の隣には、1800年代の建物を再現したという商業施設「Histric Properties」が。
歴史ある石造りの建物がいい雰囲気。
a0100975_14413717.jpg

a0100975_14432880.jpg

敷地内には、アートやクラフトのお店やレストランなどが入っていて、ちょっとディスティラリー地区と似た感じ。
a0100975_14442679.jpg

ホントはここにお目当てのお店があったはずなんだけど、どうやらお引越ししてしまったようで見つけられず。

しかたなく次のポイント、ダンナお待ちかねの、Nova Scotia産ビール「Alexander Keith's」のブリュワリーへ。
a0100975_14493543.jpg

吹き抜けが開放感ある建物の中には、レストランやグッズ・ショップが入ってます。
a0100975_14505891.jpg

もちろん試飲付きのガイド・ツアーも。
民族衣装(?)を着たお姉さんが、ものすごい演技力でガイドしてました(笑)
a0100975_14521144.jpg

ダンナは限定グラスなどをGetしてホクホク顔。
せっかく来たので、出来立てビールをいただくべく(ダンナがね)、ここのレストラン「Red Stag Tavern」で軽めの晩ご飯。
a0100975_14564140.jpg

店内はいかにもビアパブっぽい雰囲気がいい感じ。
Keithらしさもちらほら出ていて、"ブリュワリーのパブ"気分満開。
a0100975_1458389.jpg

a0100975_14595055.jpg

a0100975_1459273.jpg

Alexander Keith'sのドラフトは全部で5種類。
ダンナは最初にPremium Whiteを飲んでから、全種類を4ozずつ楽しめるSamperセットをオーダー。きゃー!カワイイ!!
a0100975_1544370.jpg

バーテンダーのお兄さんもカッコいいし、ウエイトレスさんのタータンチェックのミニスカもカワイイし、飲めない私もビアパブの雰囲気に大興奮♪

しかし、料理はフツー。。。いかにもビアパブ味。
オーダーしたのは、またまたムール貝と、ロブスター・ディップ。
どちらもNew BrunswickやPEIで食べたやつのが数段おいしかったな。
a0100975_1574350.jpg

でも、ダンナもご満悦だし、私も楽しかった♪
帰りは腹ごなしがてら、坂道をえっちらおっちら上って駐車場まで戻ります。

昼間はかなーり暑かったけど、陽が落ちてきてお散歩にはちょうどよい感じ。
まだまだ古い建物がたくさんあって、歴史を感じる街並みです。
a0100975_15123360.jpg

a0100975_15121057.jpg

こうして7日目もたっぷり遊んで、とうとうアトランティック・カナダ周遊旅行もおしまい。
レンタカーを返してホテルに戻り、翌朝9時の飛行機でトロントに戻りました。
a0100975_1517015.jpg

思っていた以上にアトランティック・カナダは雄大だった!!
いちおう見ようと思っていたところはほぼ見れたし、7日間もあれば余裕かなーと思っていたけど、帰ってきてから地図で確認したら、ほんの一部しか見て回れてなかった。
なんといってもシーフードがびっくりするほどおいしかったので、もし機会があったらもう一度行きたいなー(^^)

長々と続いた旅行記もこれにておしまい。
明日からは通常ブログに戻ります。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-23 22:15 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<6日目>雨だから

アトランティック・周遊6日目です。
今日でPEIはおしまい。夜にはNova Scotia州Halifaxへ戻ります。

しかし、この日の天気予報は1日雨。
朝イチからどーんより、今にも降り出しそうです。。。
a0100975_105457.jpg

ドライブ旅行の場合、お天気悪いと楽しさ半減。
旅の疲れもたまってきたことだし、今日はのんびり出発することに。

この宿ではコンチネンタル・ブレックファストがついていたので、ちょっと寒いけどテラス席でゆっくり朝ごはん。
a0100975_1091652.jpg

パンやマフィン、シリアル、ヨーグルト、フルーツ、コーヒーなどがいただけます。
マフィン、しっとりでおいしかった♪
a0100975_10131256.jpg


10時過ぎにチェックアウトし、PEI National Parkへ向かう途中で早くもパラパラ。。。
雨じゃ行ってもしかたない。。。と、Cavendishの町中にあるショッピング・プラザに行き先変更、着いて5分後にはどしゃ降りに。。。
(雨がひどくて、ショッピングプラザの写真すら撮れませんでしたよ)

雨が降っててできることといったら、食べる事か買う事しかないよねぇ。
むかーし清里に行ったときに、雨のおかげで3回もらく焼きしちゃったことあったな。。。

ってことで、ショッピングプラザでベタなお土産を購入し、続いて隣町New Londonにある陶芸のお店「Village Pottery」へ。
a0100975_10584118.jpg

かわいらしい一軒家ショップの中に入ると、食器や花瓶などの陶芸作品がずらり。
どれも繊細ながらぽってりとした温かみがあって、また発色がとってもキレイ!
お値段も結構お手頃です。

特にベリー色のシリーズに心奪われてしまった私、30分以上あれこれ手にとって悩んだ末、結局ベリー色シリーズではなく、PEIっぽいコチラをお買い上げ。
PEIに咲くルピナスが描かれたピアススタンドです。
a0100975_1184054.jpg

こちらのお店には、なんと日本人の陶芸家さんがいらっしゃいました。
こんな素敵なところで作陶して暮らすなんていいな~。
私も久しぶりに作りたくなっちゃいました。

そういえば、今回の旅行では、日本人はおろかアジア人にほとんど会いませんでした。
PEIにはもっと日本人がたくさん来てるんじゃないかと思ってたけど、会ったのは3日間で4人ぐらい。(赤毛のアンスポットに行かないから?)

おなじみ中国人観光客御一行様も「Hopewell Rocks」で一度見ただけだったし、やっぱりアトランティック・カナダってマイナーなのかね。

「Village Pottery」を出た後は、PEIで一番有名な風景といっても過言ではないFrench Riverの展望スポットへ。
a0100975_11365435.jpg

・・・やっぱり雨だとねぇ。。。あーお天気で見たかったなぁ~!
a0100975_11311182.jpg

見所なくて時間もて余すかなーと思いきや、もうお昼。
PEIに来たら、ロブスター、ムール貝と並んで食べておきたいのが、オイスター♪
ガイドブックにも載っていた、Stanley Bridgeにある「Carr's Oyster Bar」でランチをいただくことに。

「Carr's Shellfish」という魚屋さんの直営店ということで、新鮮な魚介類がリーズナブルに味わえるとか。
レストランは、魚屋さんから100mほど離れた場所(橋を渡りきったところ)にあります。
a0100975_11481764.jpg


ウッディでこぎれいな雰囲気の店内。
入店した時はすいてたけど、出る頃にはかなーりにぎわってました。
a0100975_11561457.jpg


大きな窓からは港が一望。
晴れてたらパティオが気持ちいいんだろうなー。
a0100975_11572686.jpg

さっそくお目当てのオイスターから♪もちろんPEI産で、サイズでオーダーします。
私たちはSmallを5つオーダー。

店内にあるアイス・テーブルに置かれたオイスターを、お姉さんがその場で割って出してくれます。
a0100975_1244340.jpg

うん!これぞフレッシュ!!
のど越しがよいというか、舌触りがよいというか、とにかくちゅるっちゅるです!!
a0100975_1212498.jpg

そして、前日に食べてあまりにもおいしかったので、ムール貝もオーダー。
今回は、ガーリック・ワイン蒸し。もちろんおいしい(^^)
もうトロントではムール貝食べられないかも。。。
a0100975_1231177.jpg

この旅で初めて見つけたクラム・チャウダー。
たいていシーフード・チャウダーって書いてあって、確かにクラムは入ってなかったかも。。。
ここのは名前の通り、大きなクラムがたくさん入ってました♪
a0100975_1265278.jpg

大満足のランチを終え、まだ1時半だけど雨は相変わらずやみそうにない。
これじゃ長居してもしかたないし、Nova Scotiaで行きたいところがあったので、このままドライブルートに沿って南下し、Nova Scotiaへ向かうことに。

Central Coastal Driveの北側ルートはこんなサイン。
これってアンの家がモチーフなのかな?
a0100975_12171165.jpg

途中、「Anne of Green Gables Museum」の前を通過。
博物館は有料だけど、ギフトショップは無料らしいです。
a0100975_12215730.jpg

a0100975_12264577.jpg
道路をはさんで向かい側の「輝く湖水」も、残念ながら今日は輝かず。。。
馬車で湖沿いを周れるらしいです。
a0100975_1225815.jpg


雨の中、今日はほとんど停まることなく車を走らせ、ちょっとマックに寄り道してから、Confederation Bridgeのふもとにある商業施設「Gateway Village」に到着。

ここで、「PEIを出る前に必ず寄らねば!」と思っていた「COWS」でおやつ休憩♪
a0100975_12344439.jpg

「COWS」はカナダで数店舗展開するPEI生まれのアイスクリーム屋さん。
オンタリオ州だとナイアガラ・オン・ザ・レイクにあります。
a0100975_1442542.jpg

アイスだけじゃなくて、牛にひっかけたこんなオリジナルのパロディTシャツなども販売。
プッて笑っちゃうかわいさもあるんだけど、ちょっと着れないなぁ。。。
a0100975_12503165.jpg

たくさんあるフレーバーからさんざん迷って、ダンナはラズベリー・チョコチップ(左)、私はストロベリー(右)をチョイス。
コーンはちょっと贅沢してチョコレート付きにしちゃいました♪
a0100975_12463787.jpg

ストロベリー、とってもクリーミーで美味!
ラズベリー・チョコチップも、ラズベリーの風味とダークチョコチップが合います♪

これで思い残すことなくPEIをあとにし、Confederation Bridgeを渡ってNew Brunswick州からNova Scotia州に入ります。

Confederation Bridgeは、PEIに入って来るときには通行料(C$42.50)は支払わず、出るときだけ払うのね。
ホントは私たち、帰りはフェリーにしようと思っていたんだけど、フェリーもどうやら同じ仕組みらしいです。

海の上はさらに荒れ模様。。。橋の向こうが見えません!!
a0100975_1325039.jpg

New Brunswick州に上陸しても、お天気はまったく変わらずどっぷり雨。
視界の悪い中、爆睡中のダンナを横目に頑張って運転し、Nova Scotia州にある次なる目的地へ。

それは、Pewter(すず)工芸品で有名な「SEAGULL」の直営店
トロントでもたまに扱っているお店があるけど、どこも種類が少なめ。
ここなら品数も豊富だし、アウトレット品も売っているのでぜひ来てみたかったの♪
a0100975_1392390.jpg

しかし、営業時間を知らなかったので、到着したのはなんと閉店15分前。。。
(5時閉店の日と5時半閉店の日があります)
かなり駆け足で広い店内を物色し、ウインドベル、PEIのオーナメント、ピアスを購入。
どれも現品限りやアウトレット品で、かなりお安く手に入りました♪
a0100975_13433184.jpg

ホントはフォトフレームも欲しかったんだけど、あまりにたくさんありすぎて選びきれなかった(T_T)
機会があったらもう一度来たいけど、ちょっと辺鄙なところだから無理かなぁ。。。

ここからHalifax空港近くのホテルまでたどり着くには、まだ2時間近くドライブ。。。
小腹がすいてしまったので、ここでPEIで買ってきたマック・ロブスター(McLobster)をいただきます!!
おおぉー!容器も立派!
a0100975_13482776.jpg

地域限定・期間限定で販売しているこのMcLobster、限定品好きの私としては見逃すわけにはいかないので、Confederation Bridgeへ向かう途中にテイクアウトしておいたの♪

マックとはいえ、ロブスターロールともなるとさすがにお値段お高めの約6ドル。
ロブスターと野菜がマヨネーズで和えてあるタイプで、レストランで食べたやつにはかないませんが、なかなか美味でした♪(ま、お値段半分以下だしね)
a0100975_13595592.jpg


お腹も満たされたところで、ダンナに運転を交代してもうひと頑張り。
雨も上がった7時半過ぎ、やっとこ本日の宿「Quality Inn Halifax Airport」に到着。
Halifaxのダウンタウンからは少し遠いけど、空港そばの快適ビジネスホテルです。
a0100975_1434042.jpg

部屋も広々、ワイヤレスインターネット完備(速度遅めだったので、モデムみたいのを借りました)、ビジネスセンターでパソコンも自由に使えるし(しかも日本語読めた!)、ロビーにフリー・コーヒーとマフィンのサービスもあり、もちろん空港送迎も無料!
a0100975_2362251.jpg

おまけに、Liveロブスターのテイクアウトも受け付けてくれるとか。
ちょっと惹かれたけど、やっぱり現地で食べた方がおいしいに決まってるのでやめときました。

今日は雨だからって、食べることと買うことばかりになっちゃったけど、そっちの目的はすべて果たせたので、とりあえず満足♪

いよいよアトランティック・カナダ周遊も明日が最終日。
世界遺産のルーネンバーグとHalifaxのダウンタウンを訪ねます。

7日目に続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-22 23:36 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<5日目>PEIドライブ

アトランティック・カナダ周遊5日目です。
今日はPEIの風景を楽しむべく、終日ドライブの予定。

まずはB&Bでの一番のお楽しみ、朝ご飯♪
一番乗りでダイニングに向かうと、こんなかわいくメニューが貼り出されてました。
a0100975_11145495.jpg

オレンジジュースと紅茶をいただき、最初に出てきたのはベリーとヨーグルトとシリアル。
盛り付け方ひとつでこんなにかわいくできるもんなのね~。
a0100975_11191464.jpg


こちら、Cranberry Streusel Coffeecakeとな。
ホロホロとした口当たりがおいしいパウンドケーキのような感じ。
Coffeecakeって、コーヒー味ってわけじゃなく、コーヒーと一緒に食べるケーキのことなんだってね。
a0100975_11231649.jpg


そしてメインは、ブルーベリー・パンケーキ with ベーコン。
え?ベーコン?って思ったけど、やっぱりしょっぱ甘の組み合わせってイイ!
パンケーキもとってもしっとりしていて美味でした♪
a0100975_1125056.jpg

男性にはちょっと量が少なめだけど、女性やご年配の方にはちょうどいいかも。
なんだか優しいお味でゆったり優雅な朝食でした(^^)

朝食の後は、お腹をこなしがてらCharlottetownのダウンタウンをちょこっとお散歩。
ちょうど出勤時間だったけど、車も人もあまりたくさんいなくて、のんびりした感じ。
a0100975_11451126.jpg

今日は朝からピーカン♪ 真っ青な空が気持ちいい!
a0100975_11334289.jpg

a0100975_11354262.jpg

小さな公園や街のあちこちに花が飾られて、とってもきれいにしてあります。
a0100975_11393033.jpg

a0100975_11412637.jpg

ホントはハーバーの方まで歩いたりお買い物もしたかったんだけど、ドライブの時間を考慮して今日は我慢。
とっととチェックアウトして出発!

PEIを東・西・真ん中に分けて3つあるドライブルートのうち、この日は東側を周る「Points East Coastal Drive」を選択。
今日はこんなサインを目印にドライブします。
a0100975_1223345.jpg

New Brunswick州でのドライブでも思い知ったけど、海岸線のドライブは思ったより時間がかかるので、1日でルート全部を周るのはかなりきびしい。
とりあえず南側を周って時間を見ながら行けるところまで行き、目的地のGreenwichのNational Parkを目指します。

広い空と丘、そして青い海の風景はほんっとにすがすがしい!
のどかでどことなく優しい雰囲気がすごく気に入りました(^0^)
a0100975_12181764.jpg

a0100975_12185621.jpg

a0100975_1249246.jpg

PEI独特の赤土の大地もこれまた素敵♪
a0100975_122533100.jpg

海だからあたりまえだけど、意外とビーチも多くて、みんな海水浴を楽しんでました。
(Panmure Islandのビーチ)
a0100975_12311165.jpg

灯台めぐりもいくつか。
みんな白と赤でかわいらしい感じ♪

Point Prim灯台。PEIで一番古い灯台で、珍しい円柱型なんだそう。
ここで写真を撮ってたら蚊に刺されて大変なことに(T_T) 
あとで虫よけ買いました。。。
a0100975_1234255.jpg

Wood Islands灯台。なんか賞を受賞しているとか。
ツアーなどもやっているようだけど、中には入りませんでした。
a0100975_12441928.jpg

Cape Bear灯台。すごいちっちゃい感じなのに、中にミュージアムがあるとか。
a0100975_12464852.jpg

もうどこを走ってもフォトジェニックな場所だらけで、いちいち車を停めるもんだから全然予定どおりに進めない私たち(^^;
ランチを食べる時間もなくなってしまい、Sobey'sで買ったサンドウィッチで車中ランチ。。。(写真もなし)

このままだとGreenwichのNational Parkでトレイルできなくなりそうだったので、Montagneからショートカットして北上、直接Greenwichへ向かうことに。
National Parkへ向かう道すがらの風景もとってもイイ感じ♪(懲りない。。。)
a0100975_1333910.jpg

おかげで遅れをずいぶん挽回し、予定より少し早く「Prince Edward Island National Park」に到着。
a0100975_13103914.jpg

北の海岸線沿いに長く続くこのNational Parkは、Cavendish、Brackley-Dalvay、Greenwichの3つのエリアに分かれていて、ここGreenwichにはビーチや3つのトレイルなどがあります。

私たちは、ダンナが写真を見て気に入っていたGreenwich Dunes Trai(4.5km、1.5H)を選択。虫よけと日焼け止めを塗って、いざ出発!
a0100975_13215660.jpg

a0100975_1326167.jpg

トレイルには、こんな可憐な花たちが咲いていたり、
a0100975_13281892.jpg

野イチゴがなっていたり、(みんな食べてました)
a0100975_13294927.jpg

途中でウサギさんにも遭遇。
(ダンナ撮影)
a0100975_13304793.jpg

平坦な原っぱから森の中を抜けると、パッと視界が開けてこんな爽快な景色が!
a0100975_13351512.jpg

水上をゆらゆらと揺れるボードウォークを渡って、砂丘(Dune)へと進んでいきます。
a0100975_13362633.jpg

水が本当に真っ青!!お天気でよかったぁぁー(^0^)
a0100975_13391362.jpg

ふと見るとビーバーの巣がちらほら。
もしかして見れるかな???と水面を注意深く見ていると。。。
a0100975_13413081.jpg

いました!!ビーバー!!
こんな昼間に比較的近い距離で見られたのは初めてかも♪(写真は拡大しています)
(ダンナ撮影)
a0100975_13452856.jpg

そして、ボードウォークの終点の砂丘をのぼると、白い砂のビーチと海!
海水浴に来ているファミリーもたくさんいました。
a0100975_1348557.jpg

砂丘の上から見た帰り道の景色はこんな感じ。
もっと水ばっかりのところを歩いてきたかと思ってたけど、意外と緑も多かったのね。
a0100975_13511184.jpg

鳥もたくさん声が聞こえていたけど、やっぱり夏は姿を見つけるのは難しい。。。
結局肉眼で姿を確認できたのは、おなじみのRed-Winged Black Birdと、このYellow Wablerぐらい。
a0100975_13582353.jpg

茂みの間を飛び回っていたYellow Warblerを激写しようと、ダンナとふたりで真剣にカメラを構えていたら、通りがかりの黒人のおじさまに「どうして草に向かってカメラを向けているんだろうと思って見てたんだよ。日本には生えてないのか?」なんて冗談を言われました(笑)

こうして予定通り1時間半で無事トレイルは終了。
ちょっと暑かったけどボードウォークの景色は最高だったし、特に念願のOsprayという鳥を見たダンナは大喜びでした(^^)

このあとは、今日の宿があるStanley Brigde方面へ向かいつつ、晩ご飯のレストランを目指します。

途中、HW6沿いに見つけた「The Great Canadian Soap Co.」に寄り道。
ヤギのミルクや天然成分だけで作られたソープやスキンケア用品を扱ってるんだそう。
a0100975_1538383.jpg

そのヤギちゃんたちがお出迎え。親子でのぞいてる姿がかわいすぎ!!
a0100975_15395918.jpg

ここの看板犬(ボーダーコリーかな?)がまたおりこうさん!
私たちが近寄って行くと、わざわざ出迎えに来てくれて、きちんと足元でお座り。
なでなでしているあいだじーっと大人しくしていて、私たちが立ち去ったらまた元の位置に戻って行きました。
a0100975_15404181.jpg

その後、New Glasgowの「Prince Edward Island Preserve Co.」にも寄って、ジャムや紅茶、ビスケットミックスなどを購入。
レストランもあって、ミニコンサートみたいのが行われてました。
a0100975_1542599.jpg


なんやかんや寄り道しつつも、予約時間ピッタリに本日のレストラン「St. Ann's Church Lobster Suppers」に到着。
名前の通り、なんと教会のロブスター・レストランなのです!
a0100975_15435347.jpg

先日、ダンナの知り合いの方にPEIに行く話をしたら、「ロブスターならChurchのRestaurantがおいしいよ」と教えてくれたんだけど、まったくピンと来ず。
彼も場所と名前をまったく覚えておらず、「PEI Church Lobsterでググって!」と言われ、そのとおりやってみたら、このレストランがヒット。

教会のレストランはいくつかあるみたいだけど、他のパンフレットにも載っていたし、ホテルからも近かったのでココに決めました。

レストランになっているのは、教会のベースメント。
入口を入るとすぐキャッシャーがあって、そこで先にフードの注文と支払いを済ませると、席に案内してくれます。

たしかに公民館とかの食堂みたいな雰囲気。
地元の若者たちやおばさま方が頑張って働いていて、すごくアットホームな感じ。
a0100975_15451461.jpg

以前は本当に教会が運営していたらしいんだけど、現在はある個人が所有していて収益を教会に寄付しているんだって。

メニューはスープ、ムール貝、サラダ、メイン、デザートのコースになっていて、メインの内容によって、値段が異なります。
メインは、ロブスター以外にシーフードやお肉もあるけど、ここはやっぱりロブスター♪
1lbのコースで約C$32だから、トロントとそんなに変わらないかな。

飲み物はアルコールも含めて席でサーバーさんにオーダー、お店を出るときにキャッシャーで支払います。

1st Courseのスープは、シーフード・チャウダー。濃厚で具がたっぷり♪
a0100975_15462569.jpg


2ndはムール貝。ひとり12個も食べられます(^^)
これがふんわりプリプリで絶品!!!こんなのいままで食べたことない!!
a0100975_1547345.jpg

ムール貝が出てきたとき、ウエイターのお兄ちゃんに「Bibいる?」と聞かれたんだけど、なんのことだかわからず「??」ってしてたら、「よだれかけ」でした!
てっきり「スタイ」だと思ってたら、英語じゃないんだね。。。
a0100975_15473189.jpg

あいだにサラダが入って、いよいよお待ちかねのロブスター!!!
ダンナは1.5lbを頼んだので、1.5匹分来てました。(半身はすでに処理済み)
a0100975_1548738.jpg

このロブスター、すごくおいしい!!
プリップリしていて甘味があって、本場はやっぱり違うね!!
ジャガイモの産地でもあるPEI、付け合わせのベイクド・ポテトもまたおいしかった♪

締めのデザートはガッツリ系。コーヒー・紅茶は無料です。
ロブスターがSteamedだったからか、こんなに食べてもまったくもたれず、デザートまでしっかり食べられました(^^)
a0100975_1550360.jpg

PEIはどこで食べてもロブスターはおいしいのかもしれないけど、ここはオススメ!
4:00~8:00というちょっと早めの営業時間で、しかも夏場しかやっていないので、出かけるときは要確認です。

ご飯も済ませて、やっとこ今日のお宿「Stanley Bridge Country Resort」にチェックイン。
広い敷地内にホテル棟とコテージ、ロッジがあって、ちゃんとした感じの宿泊施設です。
a0100975_1555453.jpg

a0100975_15573310.jpg

お部屋も広くてこぎれい。
a0100975_1614069.jpg

窓からの景色も素敵です。
a0100975_1624988.jpg


今日はとってもいいお天気だったから、夕焼けも素敵かなーと思い、夕焼けを狙って9時半頃再度外出。
天気が良すぎたせいか、思ったほど赤くないけど、夕景もいい感じ♪
a0100975_1645765.jpg

もっとキレイに夕焼けが見えるところを探して、Cavendishの街中を走り抜け、たどり着いたのCavendishのPEI National Park。
海と夕焼けの素敵な風景を見ることができました♪
a0100975_1681154.jpg

そこで会ったLatino系のおじさまが「キツネを見たよー」と教えてくれたので、目を凝らして探したけど見つけられず、諦めて車に乗って帰ろうとしたら、ホントにキツネ発見!
もう1台の車がエサをあげていたので、私たちの車のそばにも近づいてきて至近距離で見られました♪

でも、あまり食べ物がないのか、観光客がエサをあげちゃうからか、かなり貪欲で全然人や車を恐れてない感じ。
もっと野生なのかと思ってたけど、これじゃ近所のラクーンと同じだね。

国立公園を出たあと、お水を調達すべくCavendishの街中にあるCavendish Tourist Martというマーケットでお買い物。
そこでなんと、チョコポテチを発見!
a0100975_1616415.jpg

んー、ちょっとチョコが甘いなー。
やっぱりロイズのチョコポテチにはかなわないね。

明日はPEIからHalifaxへ戻ります。
6日目に続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-21 23:41 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<4日目>PEIの素敵B&B

アトランティック・カナダ周遊4日目です。
今日でNew Brunswich州とお別れ、プリンスエドワード島(PEI)へ移動します。

この日は朝からあいにくの曇り空。
Fundy Coastal Driveの風景も、前日に比べるとパッとしません。。。
a0100975_8295013.jpg


St. Andrewsへ行くときにも通った「Fundy National Park」を再び通過。
前日シカを見た道路を進んで行くと、Hasting Auto Trailという道を発見。
自動車専用のトレイルなんて初めて!
a0100975_834867.jpg

もう一度シカを見たくって、2kmぐらいの細いジャリ道をゆーっくり進んでみたけど、残念ながら会えませんでした(T_T)
a0100975_8355031.jpg


その後、同じくPark内にあるDickson Fallsへ。
きちんと整備された短いトレイルを下って行きます。
a0100975_8413525.jpg

緑深いトレイルはマイナスイオンたっぷり!癒されるぅー。
a0100975_843285.jpg

a0100975_8441546.jpg

5分ほどで滝の一番下に到着。
豪快ではないけど繊細な美しい流れ。ちょっと日本を思い出す感じ。
a0100975_8471328.jpg

滝は何段にもなっていて、滝に沿ってウッドデッキを上って行くと、また違った表情が見られます。
a0100975_84810100.jpg

そして、これが一番上の滝。とっても美しい!
(シャッター速度を変えて撮ってみました)
a0100975_850268.jpg

マイナスイオンをたっぷりもらって楽しく寄り道しながら、PEIを目指してさらに東へ。

ときどき見かける、お家の前に置かれた小さな灯台。(ライトかな?)
これもアトランティックっぽくて好き♪
a0100975_951650.jpg

New Brunswick州からPEIに渡る手段は、有料道路「Confederation Bridge」。
全長約13kmもある橋で、凍結する水上にかかる橋の中では世界一長いんだそう。
(ちなみに世界一長い橋は、約38kmもあるんだって)
(ダンナ撮影)
a0100975_9353464.jpg

橋の両側にはもちろん海が広がってるわけですが、フェンスが高くて景色はあまり見えましぇん。。。
Confederation Brigdeも終盤に差し掛かると、いよいよ目の前にPEIが!!
(ダンナ撮影)
a0100975_940487.jpg

橋を渡りきったすぐ脇に「Gateway Village」というショッピングプラザを発見。
カラフルな建物が連なり、観光案内所やお土産屋さん、酒屋さん、アウトレットショップなどが並びます。
a0100975_9493789.jpg

a0100975_950256.jpg

まだPEIに着いたばかりだってのに、ここでさっそく小躍りしてお土産を購入(笑)
New Brunswickと違って、PEIの方がより観光地化されている印象。

ここから南の海岸線を通って、PEI州都Charlottetownへ。
PEIにも3つのドライブ・ルートがあって、今日はCentral Coastal Driveを走ります。
a0100975_1064095.jpg


小高い丘と緑の大地が広がるのどかな風景。
北海道の富良野や美瑛と似てるけど、水と緑のコラボはPEIならではだね。
a0100975_102596.jpg

a0100975_105253.jpg

ゆっくりドライブしながら6時半頃Charlottetownに到着。
今夜はCharlottetownの町中にある5つ星B&B「Shipwright Inn」に泊まります。
赤い屋根と手入れされた前庭がとってもかわいらしい外観。
a0100975_10355026.jpg

普通のお家にお邪魔するみたいに玄関のベルを鳴らすと、笑顔でオーナーご主人がお出迎え。さっそく館内を案内してくれました。

外観は思ってたよりこじんまりしてる印象だったけど、中は意外と広くて、しかもとっても素敵☆
広いダイニング・ルームにはアンティークな家具や食器など、オーナーご夫妻こだわりのインテリアがたくさん!
ブリティッシュなティーカップでコーヒーや紅茶、奥様お手製の焼き菓子を無料でいただけます♪
a0100975_10495389.jpg

a0100975_10501275.jpg

ピアノが置かれたリビングルームでは、たくさんの雑誌や無料のソフトドリンクを飲みながらくつろげます。
a0100975_10531752.jpg

階段や玄関ホールにもかわいらしいディスプレイ♪
宿の名前からもわかるように、船に関するコレクションが多いみたい。
a0100975_10554597.jpg

私たちのお部屋は建物の2階。
Hopewell Rocks Motelもそうだったけど、こういった宿はエレベータがないのがちょっとつツライんだけど、今回はご主人がちゃんと運んでくれました(^^)

そして、私たちのお部屋がコチラ!
とっても広くて素敵なリビングはオリエンタルなイメージ。
a0100975_1105584.jpg

a0100975_1111039.jpg

置かれたテーブルやイスもアンティークで、とても大事に使っている感じが好印象♪
a0100975_1134317.jpg

別室の寝室もカワイイ!!小さいけどバルコニーも付いてます。
a0100975_1124625.jpg

そしてなんと、バスルームにはジャグジー!!!きゃー!ゴージャス☆
a0100975_115308.jpg

しかし、喜んでいたのもつかの間、急に一抹の不安がよぎる私。。。
この宿、PEI観光局のウェブサイトから予約したんだけど、部屋のタイプによって値段が違うので、部屋を指定して予約したの。
確かこの部屋(Officer's Wardroom)はこの宿で一番高い部屋で、私が予約したのはもっと安くて狭い部屋(Wheelhouse)だったはず。。。

あわててメールをチェックしたら、やっぱり狭い部屋が正解。
しかもこの部屋とはC$100以上値段が違うし!!

この宿に着いたとき、私は自分のファースト・ネームしか言わなかったのに、ご主人は何の確認もせずにどんどん宿の説明をして、私たちを部屋へ連れて来てくれた。。。
もしや勘違いでは!?

ダンナは、「すごくいい部屋だし、気に入っているならC$100多く払ってもいいんじゃない?」なーんて太っ腹なことを言ってくれたけど、ホントに勘違いだったら他のお客さんにも迷惑がかかるし、やっぱり気になって眠れないじゃん!!

・・・ということでご主人に確認したところ、間違いではなく、アップグレードしてくれたとのこと♪
なななんてありがたい!!不安から一転、超ラッキーになりました(^0^)

これでひと安心して夜ご飯。
今日はシーフードのパスタを食べたい気分だったので、ご主人に勧められたイタリアン「Castello’s Ristorante」に決定!
a0100975_1130156.jpg

レストランは、B&Bから徒歩10分ほどのレストラン街「Victoria Row」の一角。
店頭のパティオはどのレストランもほぼ満席で、通りの真ん中に設置されたステージではJazzの演奏が行われてました。
a0100975_11345391.jpg

私たちは店内で。イタリアっぽい雰囲気ある造りがいい感じ。
a0100975_11365254.jpg

ここではもちろん、念願のシーフード・フェトチーネをオーダー。
ロブスターは入ってなかったけど、ムール貝やエビ、ホタテがたっぷり!
a0100975_11391281.jpg

そして、ピザがおいしいとのことだったのでプロシュートのピザも。
生地が薄くてモチモチ!おいしかったです(^^)
a0100975_1144638.jpg

お部屋に戻ってきてからは、さっそくジャグジーでリラックス♪
でも、意外と音が大きかったり、勢いが強すぎたりして、あまり長いこと入っていられなかったけど(^^;
入浴後は、バスローブにくるまってお手製レモネードをいただきつつ、インターネットで翌日の情報収集。
小さな宿だけど、ちゃんとワイヤレスインターネットもエアコンも完備されているので快適♪
ラグジュアリーな夜を過ごせました(^^)

翌日はPEIをぐるっとドライブ。
5日目に続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-20 22:45 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<3日目>ホエール・ウォッチング!

アトランティック・カナダ周遊3日目です。

今日は、ダンナ待望のホエール・ウォッチング♪
New Brunswick州を西へ向かい、港町St. Andrewsを目指します。

Motelで朝ご飯のマフィンを調達し、8時前にチェックアウト。
今日は朝から快晴!空も緑もくっきり☆
a0100975_11331081.jpg


St. Andrewsまでは、New Brunswick州のドライブルートのひとつ「Fundy Coastal Drive」に沿って進みます。
今回の目印はこのサイン。
a0100975_1138496.jpg


ちなみに、New Brunswick州のHighway標識は、New Brunswickの形をしてます。
オンタリオ州は王冠ね。
a0100975_11415472.jpg

ムーさん注意サインも出ております!結局会えなかったけど。。。
おととしNew Foundlandに行ったときはウジャウジャいたんだけどな~。
a0100975_11433142.jpg


ドライブルートのHW114は、「Fundy National Park」の中を通っていきます。
国立公園なのにゴルフ場(9ホール)があるんだって。
a0100975_1154291.jpg

a0100975_11524053.jpg

展望スポットからの海の景色。美しい~!!
a0100975_11511782.jpg

GPSナビに従って細い脇道に入り込んだところで、シカにばったり遭遇!!
慌てて逃げちゃったので写真は撮れなかったけど、この旅初めての哺乳類発見にふたりして興奮!

もっとじっくりNational Park内を散策したかったけど、ホエール・ウォッチングの予約があるのでとりあえずスルーし、ひたすら西へ。

ドライブ・ルートも一部スキップしながら順調に進み、お昼前にSt. Andrewsに到着。
港近くの目抜き通りにはショップやレストランが連なり、なかなか栄えた様子です。
a0100975_1271415.jpg

a0100975_1295785.jpg


ホエール・ウォッチング・ツアーの前に、まずはランチ。
通りの端っこに見つけたよさげな雰囲気の「The Gables」へ。
a0100975_12203136.jpg

お店の脇にあるパティオに通じるエントランスから入店。
こんな日はもちろんパティオ席♪
a0100975_12223354.jpg

目の前にはババーンとSt. Andrewsの入り江が広がります。
うーん、爽快!!
a0100975_12234616.jpg


今日もまたまたロブスター♪
でもちょっと軽めに、ダンナはロブスター・クラブハウス・サンド。
たっぷり1匹分のロブスターが使われているんだとか。
a0100975_12245051.jpg

私はロブスター・メルトという、ロブスターにチーズがとろーりと乗ったオープン・サンド。
ロブスターとチーズ、合うね~♪
a0100975_12255463.jpg

まあ、お値段は観光地価格だったけど、景色も気持ち良かったし満足満足(^^)

ツアー開始の2時までショッピングしたりして時間つぶしているあいだに、なんだかちょっと雲行きが怪しくなってきた。。。
風も出てきて、船酔いが心配な私たちはややナーバスに(T_T)

ツアーが中止にならないことを祈り、酔い止め薬や酔い止めバンドを装着して、ツアー出発20分前にツアーデスクへ。
港にはいくつものホエール・ウォッチング・ツアー会社が並びます。
a0100975_13194936.jpg

私たちが今回お世話になるのは「Quoddy Link Marine」。
ここを選んだ最大の理由は、ツアーの船がCatamaran(双胴船)だということ。
その名の通り船底が2つあることで、揺れが少ない構造になっており、船に弱い私たちでも安心なのです♪
a0100975_13262237.jpg


お天気もなんとかもって、予定通り午後2時に出航。
クジラを求めてFundy湾沖を目指します!
a0100975_1332142.jpg

船は屋根付きの1階部分と展望デッキの2階建て。
風を切ってびゅんびゅん進むので、デッキはかなり寒い!!!ジャケット必須です。
a0100975_13323297.jpg

途中、アザラシたちが群がる小島に接近!!すごいウジャウジャいる!
a0100975_13333366.jpg


まったり具合がカワイイ~(^^)
a0100975_13344257.jpg

ちょうどこの時間は干潮で小島が現れているので、そこにアザラシが集まっているけど、満潮時は島が沈没しちゃうので、この光景は見られないんだって。ラッキー♪

さらに船が沖へ進んでいくと、遠くに真四角でちょっと不自然な形の島が。
なかなか近づいてこないな~と思ったら、蜃気楼だって。
わぁー、初めて見た!
a0100975_13401321.jpg

出航してから約1時間、いまだクジラは見つからず。
と、船が途中でUターン。クジラの情報をGetか?!

しばらくすると船は速度を落とし、なにやら探しながら進んでいる様子。
すると、遠~くにイルカを発見とな!
確かに白く波が立って動いている様子はわかるけど、姿はほとんど確認できず(T_T)
a0100975_13451881.jpg

そこからさらに30分ほどたった時、ついにキャプテンからクジラ発見のアナウンス!!
そちらの方向をじぃーっと見ていると、一瞬ポコっと海面に黒い背中が出た~!!
(写真は拡大しています)
a0100975_13471698.jpg

これはMink Whaleという種類。
見た感じイルカみたいだけど、体長は6~7mあるんだって。
(向こう側に写っている船と比較するとよくわかります)
a0100975_1349243.jpg

気づけば周りにはたくさんのツアー船が集まってきてました。
クジラはその周りをウロウロと周回している様子。どうやら1頭ではなさそう。
(これも望遠していますが、結構近い距離です)
a0100975_13513811.jpg

30分ほど同じ場所に留まっている間、Mink Whaleは何度も潮を吹きにあがってきたけど、見られたのは背中だけ。
期待していた尻尾は見られなかったけど、微妙なお天気の中、とりあえずクジラに遭えてよかった(^^)

帰りのルートでは、またもや潮の満ち引きの神秘に遭遇。
浜の近くでもないのに海面が不思議な動きをしています。
a0100975_13593190.jpg

穏やかな部分と波立つ部分がくっきり分かれてたり。
a0100975_13563647.jpg

これらはまさに潮の満ち引きがぶつかっているところ。
流れの早くなっている場所では、渦がいくつもできてました。
a0100975_13584597.jpg

あったかいホットチョコレートをいただきながら港へ戻り、楽しかった3時間のホエール・ウォッチングもおしまい。
心配していた船酔いも、まったく問題ありませんでした(^^)

この日はNew Brunswick最大の町St. Johnで一泊。
宿に向かう前に、またまたダンナの同僚が勧めてくれたレストランで夕食をとることに。

レストランはReversing Fallsという観光名所近くにあるというので、GPSナビをセットして探していたら、すっかりナビに騙されてまったく違う場所へ。。。
しかたなく諦めて宿に向かっていたら、なんと偶然にもReversing Fallsを発見!
そして、その展望台の入口に、その名も「The Falls Restaurant」がありました。
a0100975_1474627.jpg


Reversing Fallsは、これまたFundy湾の潮の満ち引きによって滝が逆流するという場所。
段差はかなり少なそうだけど、干潮時には水が流れ落ちて滝ができるけど、満潮時は水が逆流して滝を飲み込んでしまうという仕組みらしい。
(左が干潮時、右が満潮時)
a0100975_14134359.jpg

私たちが行ったときは、タップタプの満潮時で、滝はほぼ沈没してました。
a0100975_1494833.jpg


さて、本題の夜ご飯はもちろんシーフードで♪
ダンナの同僚のオススメは、ロブスター・ロール!
ここのはマヨネーズなどで和えてなくて、ロブスターの甘味がしっかり味わえる一品。
確かにおいしいです(^^)
a0100975_1419796.jpg

そして私はシーフード・グラタン。(ランチと酷似。。。)
たっぷりのシーフードとホワイトソースにチーズ。おいしくないわけありません!
a0100975_14233950.jpg

今日もたっぷりシーフードを食らって大満足でホテル「Comfort Inn」へ向かうと、なななんと予約が入ってないとな!!

Booking.com」というホテル予約サイトを使って予約したんだけど、どうやらこのサイトからホテルへの連絡が入っていなかったらしい。。。
しかもこの日は喫煙ルームしか空いてないというので、とりあえず部屋のタバコ臭さをチェックさせてもらったんだけど、とても寝られたもんじゃない。。。

幸いフロントのお姉さんがとっても親切で、他のホテルを同じ料金で予約してくれたので、なんとか宿なしにならずに済みました。
夜9時過ぎてたし、マジで焦ったよ。。。

新しい宿泊先は、「Fort Howe Hotel」。
Convention Centre併設のご立派なホテルです。
(この写真は翌朝撮影したもの)
a0100975_14344356.jpg

a0100975_1435747.jpg

ホット・ブレックファストも付いてたし、部屋も広くて、もしかしたら得しちゃったぐらいだけど、ちょっと気になる点が。。。

そのお姉さんから渡されたホテルの行き方が書かれたメモ、ちゃんとワープロで作られて名刺サイズにカットしてきちんと準備されていたのよね。
代わりのホテルもすんなり見つかったし、もしかしてよくあること???
しかも、後日「Booking.com」にクレームしたら「ちゃんと連絡したはず」との回答。
もしや談合!?なんつって。

とりあえず、最後にすったもんだしたものの、無事3日目も終了。
明日はいよいよPEI上陸です。

4日目に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-19 22:30 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<2日目>自然って不思議

アトランティック・カナダ周遊2日目です。

昨日に引き続き、今日もメインはNew Brunswick州にある「Hopewell Rocks」。
いよいよ干潮時の海底を歩きます♪

この日の干潮時刻は午後12時過ぎ。
海底を歩ける時間帯は干潮時刻の前後3時間なので、午前中はNew Brunswickをドライブすることに。
お昼までには戻ってこなくちゃいけないので、まだ朝もやのかかる午前7時にモーテルを出発!
a0100975_8333292.jpg


New Brunswick観光局のウェブサイトによると、州内の景色を楽しむための5つのドライブルートが設定されているとのこと。
今回は、New Brunswickの東側の海岸線を走る「Acadian Coastal Drive」をチョイス。
爽快な海の景色を楽しみます♪
a0100975_8442554.jpg

a0100975_937117.jpg


ドライブルートには、それぞれのルートのシンボルマークが設置されているので、そのマークを道しるべに進んでいきます。
これがなんだか宝探しみたいで楽しい♪
a0100975_8491070.jpg

ところが、ドライブルートが途中工事で通行止めになってたりして、そのたびに迂回させられると、土地勘のない私たちはルートに戻ってくるのが大変!
おかげでドライブ・ルート上にあるはずの目的地になかなかたどり着けず右往左往(T_T)

タイム・リミットも迫り、もしや見れずに終わるのか!?と焦り始めたところで、ようやっと目的地「La Dune de Bouctouche」を発見!
あーよかったぁー(^^)
a0100975_12172454.jpg

12kmにおよぶ細長ーい砂丘に、うねるように2kmのボードウォークが敷かれています。
a0100975_9111485.jpg

すぐ真横に海を見ながらのんびりお散歩。
ボードウォークは歩きやすくていいね♪
時間がなくて一番先端までは歩けなかったけど、爽快な気分を味わえました。
a0100975_9161064.jpg

まだAcadian Coastal Driveのほんの一部しか走れなかったけど、残念ながらここでタイムリミット。
車をすっ飛ばして、なんとか12時前にHopewell Rockまで戻ってこれました(^^)

朝から何も食べてないので、Hopewell Rocks Park内のカフェ・レストラン「High Tide Cafe」でとりあえずランチ。

私は、楽しみにしていたロブスター・ロール♪
ロブスターのむき身とセロリのマヨネーズ和えがたっぷりはさまってます!
a0100975_944384.jpg

ダンナはフィッシュ&チップス。衣サクサク、中ふんわりで美味♪
一見小さそうだけど、大量のポテトのせいです(笑)
a0100975_9472428.jpg

お腹も満たして、いよいよ海底散歩へ!
おー!バッチリ潮が引けてます!
a0100975_1044225.jpg

昨日の満潮時と比べると、まったく別世界。
a0100975_1052582.jpg

海底への階段を下りていき、とうとうダンナが海底に降り立ちました!
(手を振ってるの、わかる?)
a0100975_1065823.jpg

激しい潮の満ち引きで浸食された奇怪な岩たちが並ぶ風景は圧巻!
自然の力を感じるな~。
a0100975_10164135.jpg

a0100975_1016105.jpg

a0100975_10172954.jpg

これなんて、海底にあったらほんの小さな岩って感じだけど、
a0100975_10201945.jpg

地上に出たら、こんなにでっかい!!
a0100975_10205189.jpg

長年の浸食で崩れちゃってるところもあって、岩に登ったりするのはご法度!
(おそらく説明や監視をするために、係員の方が数名歩いてました)
a0100975_10294727.jpg

この漁師網みたいのはみーんな海藻(Bladderwrack)!
海中にいるときはユラユラ~ってしてんだろね。
a0100975_1028222.jpg

干潮時なので、もちろんビーチができてます。
こんなに茶褐色なのに、みんなバンバン海に入ってました。(ちょっと勇気要るな。。。)
a0100975_10335250.jpg


私たちが海底に降り立ってから約1時間。
もう潮が満ち始めているはずなんだけど、まったく実感がわかず。。。

約6時間かけて14m満ちていくんだけど、さすがにずっと待っているわけにもいかないので、ターゲットを絞って潮が満ちていくのを観察してみました!

赤矢印の岩に注目。高さ約1mと推測されます。
a0100975_10462549.jpg

20分後。岩の根元に海水が到達しているけど、それほど変化なく。。。
a0100975_10475912.jpg

さらに10分後。急激に岩が沈み始めてる!水際の位置もずいぶん手前に。
a0100975_1050654.jpg

さらに3分後。もう風前の灯火。。。
a0100975_10512264.jpg

さらに3分後。とうとう沈没。
海水が岩に到達してからは、目に見えて早かった!
確かに潮は満ちてました!
a0100975_10562331.jpg

こうして約1時間半、自然の不思議をたっぷり堪能して展望スポットまで帰還。
足がドロドロになるけど、足洗い場もちゃんと完備されていて安心♪
a0100975_10594971.jpg

足を洗う順番を待っていたら、フランス語を話しながら大人が4人やってきて、私たちの前に横入り!
ダンナが抗議すると、私たちの前に並んでいたおじさんが「自分の連れ」だといって譲らず(怒)
親が子供の場所取りするなら許せるけど、大人4人分ってどうよ?!

ま、気を取り直すべく、Low Tide Cafeでソフトクリーム♪
濃厚でおいしかったぁ!
こっちでは、チョコとバニラのミックスのことをSwirlって言うよね。
a0100975_117316.jpg


帰りにもう一度潮の様子をのぞいてみたら、肉眼ではほとんどわからなかったけど、写真だと一目瞭然。
2時間で波打ち際の位置がこんなに変わっていました!
ここからあと3~4時間後には、あんなにタップタプになるんだから不思議~。
a0100975_1113767.jpga0100975_11133215.jpg

本当はこの後カヤックのリベンジを考えてたんだけど、海面付近は昨日にもまして強風。。。
結局カヤックは諦めて、次のスポットへと向かおうとParkを出るやいなや、突然スコールのような激しい雨が!!
仕方なく雨がやむまでホテルで休憩し、午後6時過ぎから再度お出かけ。

今度は、Moncton近くにある不思議な坂「Magnetic Hill」へ。
a0100975_1139847.jpg

見た感じ、なんの変哲もない下り坂のように見えるけど、実は上り坂なのです!?
(私たちは坂の入口(上)にいます)
a0100975_11422124.jpg

坂の入口にあるInstructionに従い、車で坂に侵入。
a0100975_11441259.jpg

坂の下まで行ったらギアをニュートラルに入れ、ブレーキを離すと、なんとスルスルーっと車がバック
最初はゆーっくり、そしてだんだんスピードが出て、それはまるで坂を下っていくかのようなスピード感覚。
でも視覚的には、明らかに後ろ向きに上ってるんです!!

これは体感してみないとわからない不思議な感覚!!
地球の重力の影響か、目の錯覚か、はっきりとした理由はわからないみたい。
あー、ビデオ撮れば良かったぁ~。。。

1930年代にこの場所が有名になって以来、今ではすっかり一大観光スポット。
しっかり入場料(C$5/台)も取って、お土産屋さんが並ぶVillageになってます。
a0100975_11583911.jpg

せっかく来たので、Village内のレストランで晩ご飯。
店内はこぎれいで、パティオ・デッキもあります。
a0100975_1203560.jpg

まず、本日のスープ(シーフード・チャウダー)とカラマリフライをオーダー。
ロブスター色のこってりタイプでおいしい♪
a0100975_1221098.jpg


私はフィッシュ・バーガー、ダンナはシーフードお休みしてビーフ・バーガー。
どちらも普通においしかったです(^^)
a0100975_1243061.jpg

a0100975_1244389.jpg


帰り道のMonctonで見た、Chocolate Riverの夕焼け。
2日目もたっぷり遊んで満足です(^^)
a0100975_1274897.jpg


明日はダンナお待ちかねのホエール・ウォッチング!
見れるのか!?クジラ!!

3日目に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-18 23:56 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<1日目>New Brunswickへ

我が家のカナダ在住も今年で4年目を迎え、カナディアン・ロッキー、イエロー・ナイフ、ケベック・シティなどカナダの主要観光スポットはほぼ網羅してきた中、残っている大御所スポットといえば、プリンス・エドワード島(通称PEI)

「赤毛のアン」の故郷として日本人にも人気の高いスポットですが、当方まったくアンに興味なし。。。
いろいろ調べてPEI旅行プランを練ってみたものの、興味のある事といったらロブスター&オイスターぐらいで、貴重な夏のバカンスをホントにココで費やしてもよいものか???と疑問はふくらむばかり。。。

ところが、その周辺エリアに目を向けてみると、New Brunswick州の雄大な自然の方にすっかり興味津津!
Wildlife好きのダンナはさっそくWhale Watchingを調べ始め、行く気も急上昇♪
以前お友達から聞いたNova Scotia州の世界遺産(Luneburg)なども取り入れて、アトランティック・カナダ周遊旅行が決定しました!

アトランティック・カナダとは、大西洋側にある下記4つの州の総称。
(位置関係はコチラの地図参照)

 New Foundland and Labrador州
 Nova Scotia州
 New Brunswick州
 Prince Edward Island州

New Foundland and Labrador州はおととし訪れているので、今回は、Nova Scotia州Halifaxからレンタカーを借りて、New Brunswick州、Prince Edward Island州、Nova Scotia州をぐるっとドライブしてきます!

土曜日の朝6時、眠い目をこすりこすり自宅を出発し、車でトロント空港へ。
今回は、空港そばに新しくできた立体駐車場Viscount Parking Garage に駐車。
現在オープニング割引中で、C$90/Weekでした♪
a0100975_8334192.jpg

隣接する格安平場駐車場Reduced Parking LotよりC$20高いけど、ターミナル行きのLink Trainと屋内で繋がっていて便利だし、ターミナル隣接駐車場よりは断然安いのでオススメです。
a0100975_8392351.jpg

チェックインとセキュリティ・チェックを楽々済ませ、8:00のフライトで一路Halifaxへ。
やっぱり国内線は楽でいいね~。

搭乗するや否や離陸にも気付かず爆睡し、2時間のフライトもあっという間。
時差が+1時間あるので、11時にHalifax空港に到着。
a0100975_8514784.jpg

さっそくレンタカー・カウンターへ向かい、今回の旅のお供をレンタル。
FordのFusionという車。思っていたよりデカい。。。
a0100975_8545986.jpg

Nova Scotia州のナンバー・プレートには、Blue Nose号が描かれてます。
いかにもアトランティックな感じ♪
a0100975_8575833.jpg

持参したGPSナビとCDをセットし、HalifaxからまずはNew Brunswick州へ向けて北上!
ハイウェイからの風景は、オンタリオ州とあまり変わらない感じ。
a0100975_9505374.jpg


1時間半ほど走ったところで、Nova Scotia州とNew Brunswick州の境界に到達~。
目的地まではまだあと半分。
a0100975_9575192.jpg


途中、Monctonという街を経由し、Shoppers Drugmartでお水などを購入。
a0100975_10251313.jpg

a0100975_1025369.jpg

久しぶりの信号機。ケベック州と同じ、赤が両端にあるタイプ。
しかも、指示信号が真ん中とは驚き!
a0100975_10271640.jpg


New Brunswickは、カナダで唯一のバイリンガル州だとか。
交通標識も、英語とフランス語の両方が表示されてます。
a0100975_1029119.jpg


Monctonからは、Petitcodiac Riverに沿って南下。
本日の目的地「Hopewell Rocks」へ向かいます。

しばらく走ると川が見えてきた!
あれ??なんか変。。。
a0100975_10381853.jpg

なんと、川の色が見事な茶褐色!!
このPetiicodiac Riverは、この周辺の土壌が堆積してこんな色になったらしく、地元の人たちには"Chocolate River"と呼ばれているんだって。
a0100975_10413823.jpg


そしてこの川の河口にあるのが、この旅最初の目的地「Hopewell Rocks」。

Chocolate Riverが流れ込むFundy湾(Bay of Fundy)は、潮の満ち引きの差が世界最大の湾。
その高低差なんと最大14m!

建物4階分相当の海水が数時間で満ちたり引いたりするなんて、なかなか想像できない世界だわ。

Hopewell Rocksは、その膨大な力で浸食された不思議な形の岩たちが連なる岸壁。
きちんと管理された公園になっているので、干潮時には海底を歩くことができたり、満潮時には岩たちの間でカヤックを楽しんだりできます。
(これは干潮時の写真)
a0100975_11201480.jpg


Parkが開いている時間に見られる干潮と満潮は1日1回ずつ。
ウェブサイトにその時刻が出ているので、それに合わせて旅行の計画も立てやすい♪
干潮、満潮の両方を楽しめるように、入場券は2日間有効になっていて良心的(^^)
(この写真は翌日撮影したもの)
a0100975_11282476.jpg

徒歩10分ほどのトレイルを下って、一番有名なFlower Pot Rocksが見える展望スポットへ。
片道C$1.5のシャトルも走っているので、帰りの上りも楽チンです♪
a0100975_11333327.jpg

この日、私たちがHopewell Rocksに着いたのは午後4時過ぎ。
すでに潮が満ちてタップタプ。Flower Pot Rockも半分海中に沈んでます。
a0100975_11364416.jpg

海底へ降りる階段もすでに海中へ。。。ちょっとコワイ。
a0100975_11411487.jpg

もちろん展望スポットから海底へ降りる階段の入口には、現在の時刻とともに「○○時までに戻ってこないと沈んじゃうよー」のタイムリミット表示があるので安心♪
a0100975_11434655.jpg


さて、満潮時のお楽しみはやっぱりカヤック!
アルゴンキンでのカヌーもキューバでのカヤックも、30分でギブアップしたヘタレな私たちだけど、Hopewell Rocksを存分に楽しむべく果敢にも1.5Hのツアーに挑戦!(無謀?)
(この写真は、本日1回目のカヤック・ツアーの人たち)
a0100975_121969.jpg

カヤック・ツアーを主催する「Baymount Ontdoor Adventures」のウェブサイトを見て事前に予約し、ツアー時刻の30分前頃、展望場所近くのカフェ裏にあるツアー・デスクへ。
a0100975_11532038.jpg


a0100975_1254984.jpg

しかし、ツアー開始時刻になっても一向に出発する気配なし。
ようやっと1回目のツアーの人たちが戻ってきて様子を聞くと、お天気は良いけど海上は波がかなり高くなっているとのこと。
ひぃぃ~、ちょっとコワイ。。。

インストラクターさんが波の様子を確認に行ったりして待つこと約1時間半、結局私たちのツアーは残念ながら中止になってしまいました(T_T)
思いがけず余裕ができたので、いったんホテルに戻ってからゆっくり夕食に出かけることに。

今回のホテルは、Hopewell Rocks Parkのすぐ隣にある「Hopewell Rocks Motel」。
周りには何もないけど、Hopewell Rocksの干潮と満潮を両方楽しみたいし、ちょうどお得な連泊パッケージがあったので即決。
a0100975_12191554.jpg

a0100975_12235531.jpg

カントリーな家具が入ったツインのお部屋は、かわいらしい雰囲気。
a0100975_12203665.jpg

窓からはファンディ湾が見渡せるすがすがしい景色が。
庭には温水のプールもあります。
a0100975_12223054.jpg

あ、トイレット・ペーパー遠すぎ!再来(笑)
a0100975_12244236.jpg

夕食は、ダンナの同僚が教えてくれたロブスターのお店を目指し、隣町のAlmaへ。
道中も、自然たっぷりな素敵風景が広がります。
a0100975_12512886.jpg

ここへきて、私もこの旅初めての運転。
慣れない車の機能を操作しながら運転していたら、ふと気づけば後ろにパトカーが!!
そして、ピッタリとくっついて数百メートル走ったところで、とうとうサイレンを鳴らし停止を促される私。。。

そんなにスピードも出していなかったつもりだったのに何がいけなかったんだろう???・・・と、おそるおそるウインドーを開けると、too slowとな。

あ、私遅すぎたんですか!?
確かに慣れない車で速度表示がわかりづらかったんだけど、80km/h道路で70km/hでは走ってたと思うんですけどね。。。

それだけじゃなくて、クルーズ設定がわからなくていじっているときに、気付かないうちに蛇行していたらしく、それがさらにいけなかったみたい。

実は私、ポリスに職質されたのってこれが初めて。
そのせいか、「どこ行くの?」の問いにも満足に答えられないほどパニクってしまい、とりあえず大人しく免許証を見せたら無傷で開放してくれました。
あー、びっくりした!!

ハプニングを乗り越え、20分ほどで無事Almaの町に到着。
同僚が教えてくれた「Collin's Lobster」をなんなく発見するも、残念ながらすでにClose。
しかも、どうやらレストランじゃなくて小売店だったみたい(^^;

しかたなく、短ーいメイン・ストリートに数件あるレストランの中から、雰囲気のよさそうな「Tides Restaurant」へ。
「Parkland Village Inn」というホテルのダイニング・レストランです。
a0100975_12564792.jpg

これがかなりの盛況ぶりで、席が空くまで隣のバーで一杯やりつつ、結局15分ほど待って入店。
広々とした素敵なダイニングの窓からは、海が一望です。
a0100975_12595727.jpg


メニューはもちろんシーフード。
食欲に任せて食べたいものをがっつりオーダーしちゃいました♪

まずはシーフード・チャウダー。
魚介類がたっぷりで美味~!
a0100975_132070.jpg


こちらはロブスター・ディップなるもの。
ロブスターの身が入ったチーズ・ディップをピタパンのようなものに付けて食べます。
これがまたクリーミーで絶品!
a0100975_1333081.jpg


メインは、ホタテのフライ。甘味があっておいしーい!!
a0100975_1355717.jpg


そして、やっぱりはずせません!ロブスターさん♪
味も歯ごたえも、はっきりいってトロントで食べるのとは全然違います!!!
a0100975_1344462.jpg

ちなみに時価でしたが、約C$20ぐらいとお得でした♪

飛び込みで入ったお店だったけど、どのお料理もホントにおいしくて大満足!
初日からなかなか幸先のよい食生活のスタートとなりました(^^)

明日はNew Brunswickの自然をさらに満喫します。
2日目に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-17 23:28 | 旅行

また友来たりてナイアガラ観光(優雅にオンザレイク編)

ナイアガラ観光2日目は、ナイアガラ・オン・ザ・レイク方面へ向かいます。
いつもなら「Canada One Factory Outlets」に寄るところですが、NYでアウトレットは堪能済みなので珍しくスキップ。

この旅に来て初めて小雨に降られる中、オンザレイクへの通り道にある「Botanical Gardens」へ。
お友達とは、日本にいるときに月イチでお花を習っていたので、ここはハズせません!
a0100975_1103690.jpg

1か月前に来た時はバラが満開だったけど、今回はまったく違う花たちが咲いてる!
毎月来ても楽しい場所かも。近くにあったらいいのにな~。
a0100975_1145491.jpg

a0100975_1151819.jpg

a0100975_1154263.jpg

お友達はリスに大はしゃぎ。たくさん写真を撮ってました(^^)
私もカナダに来た頃はこんなだったなぁ~。(って今でもはしゃぐけど)

Botanical Gardensを出てお目当ての場所へ向かう途中、少し時間があまったので、いつものワイナリー「Peller Estates」にも寄り道。
a0100975_1110595.jpg

ここも先月来た時はブドウの樹は全然茂ってなかったのに、もうだいぶわっさり!
固く小さかったつぼみも、すっかり実として成長中。
a0100975_1111096.jpg

a0100975_11121287.jpg

しかし、お酒にそれほど興味のないふたり、ツアーはもちろん試飲さえせず、ワインとまったく関係のないキッチン雑貨を購入して終了(笑)

時間もちょうどよくなったので、今日のお目当てである「Prince of Wales Hotel」へ。
こちらでランチがてら、アフタヌーン・ティーをいただきます♪
a0100975_11182088.jpg


このホテルのアフタヌーン・ティーは、毎日12時からDrawing Roomにて。
いかにもブリティッシュな雰囲気がとってもラグジュアリーで気に入ってます♪
a0100975_11215025.jpg


室内もとっても素敵だけど、私たちはサン・ルームへ。
大きな窓からは、公園の緑や美しく整えられた花たちが見えて、これまたいい感じ。
a0100975_11244742.jpg


私たちは、お茶にスコーン、サンドウィッチ、プチフールが付いたTraditional Afternoon Tea(C$32)をオーダー。
お決まりの三段プレートでやってきます♪ これが女子の心をくすぐるのよね(^^)
a0100975_21204691.jpg

10種類ぐらいあるお茶の中から、私はBlueberry VanillaというWhite Teaをチョイス。
思ったよりフルーティではなく、すっきり飲みやすいお茶でした。
a0100975_1129284.jpg

サンドウィッチもスコーンもとってもおいしい!!
プチフールはちょっと甘めだけど、最後までしっかり堪能して満腹になりました(^^)

アフタヌーン・ティーのあとは、お腹をこなしがてらオンザレイクの目抜き通りQueen St.をショッピング散策。
こちらもお花満開で絵になるわぁ。
a0100975_1134622.jpg

a0100975_11342633.jpg


ここで必ず立ち寄りたくなるジャムのお店「Greaves」。
スーパーでも売られていてトロント界隈では結構有名ですが、ここが本店です。
a0100975_11371648.jpg


a0100975_11383574.jpg

スーパーと違って小ビンもあるので、お試しにはちょうどよい♪
今回はダンナの大好きなラズベリーのジャムと、インスタントのDip Mixを購入。
a0100975_11404062.jpg


パーキングのリミットが迫ってきたので、足早に残りのお店をチェックし、3時過ぎにオンザレイクを出発。
ホントはダウンタウンでディナーにしようかと思ってたんだけど、ダンナもご一緒することになったのでとりあえず自宅付近まで無事帰還。

夕食までの残り時間で、Fairview MallとFirst Markham Placeでさらに買い物ラストスパート!!
やっぱり女子は最後までショッピングですな。。。

そして、この旅最後の晩餐は「ディンタイフォン」で小龍包。
結局カナダではアジア飯率が高くなっちゃいましたが、まあそれも多民族国家カナダってことでね(^^)
(ここら辺の中華のおいしさはお墨付きですし!)
a0100975_1147522.jpg

お名残惜しいディナーの後は、翌朝6時台の便で帰国するお友達を、空港のホテルまで送ってお別れ。
長いようであっという間だったお友達との楽しい1週間もこれにておしまいです(T_T)

彼女はもう1年ぐらい前から「遊びに行くよ宣言」をしてくれていたので、ホントにこの日が待ち遠しかったし、それが実現できてすごく嬉しかった(^^)
おまけに3人でNY旅行までできちゃうなんて、私たちってちょっとすごい!?なんて思っちゃったりして♪

たーくさんのお土産を持って(おかげで荷物超過になっちゃってゴメンナサイ。。。)、こーんな遠くまで遊びに来てくれたお友達ふたりに、とってもとっても感謝です!!
今度は日本で逢いましょう♪


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-06 23:52 | 旅行

また友来たりてナイアガラ観光(ずぶ濡れフォールズ編)

お友達のひとりが帰国した7/5の朝、残ったお友達と私はナイアガラ1泊旅行に出発!
まずはご近所スーパー「Loblaw's」に寄って、お友達ご所望のルーム・フレグランスを購入してから、HW407でばびゅーんと一路ナイアガラへ。

1か月前にお友達が来た時もひとりで運転して行けたので、今回は楽勝~♪
道も順調で、予定どおり1時過ぎにナイアガラのホテルに到着。

今回泊まったホテルは、「Marriott Niagara Fallsview & Spa」。
カナダ滝側のホテル群の中でもかなーり端っこに位置していますが、4つ星の素敵なホテルです。
a0100975_11515951.jpg

a0100975_1214071.jpg

今回も、ホテル予約サイト「Booking.com」で予約したんだけど、前回お友達と泊まったEmbassyは、私のミスで滝の見えづらい部屋になってしまったので、今回は部屋の説明を熟読して予約。
15階のお部屋からは、カナダ滝とアメリカ滝がちゃんと見えました!
a0100975_11593284.jpg


荷物を置いたら、濡れてもいい服に着替えて滝見物へ。
やっぱりお天気がいいと滝の風景も全然違うわ~。
a0100975_1262317.jpg

この旅行中はNYからずぅーっとお天気がよくって、それはホントにありがたいんだけど、とにかく暑い。。。
この日も30℃越えの予想で、ランチをとろうとホテルを出てから30分も歩かないうちにふたりしてバテバテ(T_T)

おまけにお目当ての「Rainforest Cafe」は、どういうわけか店内が蒸し暑い!!
まさかRainforestだからって演出か!?
これは無理!と早々にキャンセルして別のお店へ。

かたや冷房がキンキンに効いてるウェスタンなレストラン(名前忘れちゃった)にやっとこ腰を落ち着けて、ウェスタンなバーガーをいただきました♪
a0100975_1214558.jpg

お腹も落ち着いたところで、いよいよずぶ濡れアトラクション。
まずは「霧の乙女号」から。
a0100975_12193277.jpg

a0100975_1218136.jpg

連休の名残で結構混んでたけど、行列の切れ目がよくって、ラッキーにも2階デッキの船首部分を確保!!
絶景が楽しめそう♪
a0100975_12253613.jpg

しかも今回は、防水機能のついたコンデジ「PENTAX Optio W80」を用意!!
Amazonで1万円台で売ってたので、「これなら安い!」と、急きょお友達に頼んで日本から持って来てもらったの♪
これで滝の水しぶきも怖くないよ(^0^)

出航してアメリカ滝に近付いていくと、もうこんな距離から水しぶきが。。。
でも全然平気♪
a0100975_12443357.jpg

でも、当たり前だけど、レンズに付いた水しぶきは取らないと全然写りませんから。
a0100975_12455293.jpg


アップにすると、アメリカ滝もなかなかの迫力。
a0100975_12463170.jpg


続いて、カナダ滝へと向かいます。
すでにけむり気味。。。
a0100975_12471560.jpg


早くもすごい水しぶき!!!
写真に写っているよりも、本人たちのダメージの方が実はすごいです!
a0100975_1248458.jpg


あ!虹出てます!
(レンズを吹いてる余裕なし。。。)
a0100975_12493474.jpg


滝つぼに急接近!!すごい迫力!!
本人たちは、ポンチョ着用の甲斐なくずぶ濡れですっ!!
a0100975_12522468.jpg


水面のザバザバ感は、まるで洗濯機の中にいるみたい。(いたことないけど)
a0100975_12531382.jpg


さすがに耐えきれなくなって、船首を離れてデッキ中央付近に避難。
船首も善し悪しかも。。。
a0100975_12554569.jpg

期待を裏切らない迫力で、1つめのずぶ濡れ体験終了~。
前回より5割増しで濡れたんじゃないかな???
でも、カメラはまったく問題ありませんでした!さすが防水!!

続いて2つめのずぶ濡れ体験に向け、カナダ滝側へ移動。
滝に沿った遊歩道を歩いていると、アメリカ滝側にうっすら虹が出現。
a0100975_1259870.jpg

歩いて行くうちにどんどん濃くなってきて、しかも歩いていく方向にどんどん動いてきているように見えるから不思議。
カナダ滝付近に来ると、キレイにまあるくなりました(^^)
a0100975_131443.jpg


滝の始点でも虹。ちょっと不思議な光景じゃない?
虹に大興奮のふたり、アホみたいに何枚も写真を撮りまくりました(^^;
a0100975_133023.jpg


そして、虹が消える前に!と、急いで2つめのずぶ濡れアトラクション「Journey Behind the Falls」へ。
滝の真横もすごい迫力だけど、霧の乙女号ほどは濡れないね。
a0100975_137779.jpg


ここでは虹が二重に~♪いいもの見れました(^^)
a0100975_1393072.jpg


滝を十分満喫し、ホテルへの帰り道は、このケーブルカーみたいので楽々♪
片道C$2.5で、高台のホテル街まで運んでくれます。
a0100975_13113224.jpg

結構急です。。。
a0100975_13134462.jpg


ホテルで少し休憩し、8時過ぎてから夜ご飯。
そろそろ和食が恋しくなってきた私たちは、ホテルから歩いて10分ほどの日本食レストラン「雪国」へ。
a0100975_13174984.jpg

こじんまりしているけど、こぎれいで、和の雰囲気がホッとします(^^)
a0100975_1319020.jpg


お寿司と悩んだ末に、私は天ざるをオーダー。
おそばちゅるちゅる、天ぷらもサクサクでおいしかった♪
a0100975_13194096.jpg


ホテルへ戻る道すがら、ちょっぴりカジノへ寄り道。
ゲーム好きの私たちが素通りするわけありません(笑)
a0100975_13205097.jpg

前回来た時もそうだったんだけど、今回も入口で「何歳?」って聞かれました。
決して21歳以下に見えたわけでなく、念のためって感じだと思うけどね。。。
a0100975_1322523.jpg

いつものようにスロットを何台かひやかし、30分であっさり30ドルほどすってあっという間におしまい(T_T)
お友達が見物していた台では、座って数分のおばちゃんが、なんと1500ドルの大当たりを出してました!!
いいなぁ~。

当たってもいないのに、帰りにカジノのショッピング・モールにある「Fruits & Passion」でさらに散財し、部屋に戻ったのは11時半過ぎ。
楽しみにしていたライトアップを部屋から楽しみました♪
a0100975_13281341.jpg

a0100975_1328381.jpg

「もしかして12時で終わりかなー?」なんて話していたら、ホントに12時過ぎに消灯!
ふぅー、危ないところでした(^^;

こうして果たすべき目的はしっかりこなして、ナイアガラ1日目が終了。
翌日はNiagara-on-the-lakeへ向かいます。

続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-05 22:10 | 旅行

また友来たりてNY旅行(後編)

NY3日目は、優雅な朝食からスタート♪
パンケーキが食べたいというお友達が探してきてくれた、「Four Seasons Hotel New York」内のレストラン「The Garden]へ。

ロビーのすぐ右に位置する、高い天井と大きなグリーンが開放的な空間。
a0100975_10474859.jpg


オムレツやワッフルなどの定番ブランチメニューが並ぶ中、私は迷った末にやっぱりエッグ・ベネディクト。
半熟たまごとねっとり肉厚なスモークサーモンがたっぷり!
今まで食べたベネディクトの中で一番高価だけど、その価値はあるかな。
a0100975_10521130.jpg

お友達は念願のパンケーキを食べてご満悦(^^)
こういう優雅なブランチは女子旅ならではだよね♪
a0100975_1053250.jpg


食事を済ませた後は、最後のNYを満喫すべく、夕方までまたまた別行動。
結局この旅、日中はほぼ毎日別行動(笑)
だって、3人それぞれ見たいものや買いたいものが違うので、短い時間でNYを満喫するにはしかたありません(^^;

10時過ぎにホテル前で解散し、まずは5番街でショッピング。
開店直後の「Folli Follie」で思いがけず散財し、「Tiffany」ではお目当てのものが買えませんでした(^^;
(このビルは、5番街のルイ・ヴィトン)
a0100975_110438.jpg


その後、地下鉄でグリニッジ方面へ移動。
こちら、約100年前の建設当時は世界一高かったというフラット・アイアン・ビル。
ふむ、確かにアイロンっぽい(笑)
a0100975_11182835.jpg

フラット・アイアン・ビルからBroadwayを南下し、向かったのはキッチン雑貨のお店「Fish Eddy」。
店内には、かわいいイラストの食器やキッチン雑貨がいっぱい!!
a0100975_11232879.jpg

a0100975_11253578.jpg

私のお目当ては、このNew York Skylineシリーズ。
初日にお友達が買ってきたキャンバスバッグがとってもかわいかったの!
a0100975_1129812.jpg

店内を何周も歩きまわって、このシリーズの他にも、セールになっていたスープカップなどを購入。
ホントはもっともっと欲しいのいっぱいあったんだけど、さすがに重くて断念。。。
a0100975_1131105.jpg

Fish Eddyで小躍りを済ませ、さらに南下。
ユニオン・スクエアではファーマーズ・マーケットが行われていて、結構なにぎわいでした。
a0100975_11335316.jpg

a0100975_1134878.jpg


ユニオンスクエアを抜けて、続いては「Trader Joe's」へ。
かわいいエコバッグが有名な、オーガニック・スーパーです。

私もエコバッグひとつ買うために、長ーい行列に15分ほど並んでGet。(もっと簡単な買い方あるのかなー?)
この2種類の他に、保冷機能付きのものもありました。
a0100975_11375652.jpg

さらにエコバッグを求めて、ブックストア「Strand」へ。
どんだけエコバッグ買うねんっ!

ベーシックなものからカラフルなデザインものまで、10種類以上もあるトートバッグから、悩みに悩んでこちらをGet。
a0100975_1143493.jpg

こうしてショッピングしながらどんどん南下を続けていたら、日本食のお店がたくさんあるイースト・ビレッジのすぐ近くまで到達。

すでに2時をまわり、ちょうどお腹もすいてきたので、おいしい和食を食べようとガイドブックに載っていた「茶庵」へ。
目の前にあるおそば屋さんとだいぶ迷ったけど、初志貫徹で入店!
a0100975_11481556.jpg

こじんまりした店内はほっこり和の雰囲気。
アジア人はもちろん白人さんもたくさん来てました。
a0100975_11523838.jpg


小さな鉄瓶の急須で出てくるお茶は本格的なお味。あ~落ち着く~。
a0100975_11552115.jpg

ランチの時間は終わっちゃってたみたいだけど、ひとつだけならできますよ~と言っていただいたので、日替わりのランチメニューをオーダー。

この日はサーモンタルタル丼。
副菜とお漬物もついて$10ならお得かな。
a0100975_11574375.jpg

さっぱり味のサーモンタルタルに、お野菜(セロリかな?)もたっぷり入ってヘルシー♪
お味もちょうどよくって、男子並みにガツガツ食べちゃいました(^^;

さらに、ランチメニューにU$3追加すると、デザート付き。
お餅のアイスと、何か(忘れちゃった)のアイスの盛り合わせ。
お味はもちろん、盛り付けもGood♪
a0100975_11594050.jpg

こちらでは珍しいほど店員さんが無愛想でちょっとびっくりしちゃったけど(機嫌悪かったのかしら?)、東京にあってもじゅうぶんやっていけるような素敵なお店でした(^^)

遅いお昼を終えたところで、残された時間はあと1時間弱。
タイムズスクエアに戻って最後のショッピングを済ませ、ホテルでお友達と合流。
タクシーでNewark Livery Airportへ移動し、9時過ぎのフライトでお友達と一緒にトロントへ向かいます。
a0100975_1284466.jpg

しかし、順調だった旅もここへきてひと騒動。。。

今回、お友達2人のうち、ひとりは別フライトのコンチネンタル。
ターミナルが違うわ、フライトが遅れるわ、おまけにバッゲージ・ロストになり最悪なトロント入り。。。

私ともうひとりのお友達はエアカナダで、特に遅れもなく、おまけにビジネスクラスにアップグレードしてもらえてホクホクだったんだけど、G20の影響か、トロント空港での入国審査と荷物チェックが厳しくてもうヒヤヒヤ。

幸いにもホテル滞在じゃなくて我が家滞在だったし、ダンナの活躍のおかげで(笑)、お友達の荷物は翌日無事配達してもらえたのでよかったけど、いろいろ心配していたNY旅行が順調だっただけに、なんだかドッと疲れたトロント滞在スタートとなりました。

トロント滞在記へ続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-02 23:56 | 旅行


トロント近郊に住む駐妻の日記


by mitan_boo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

トロント+GTAグルメマップ

このブログで紹介したレストランやおいしいショップはこちら↓
「トロント+GTAグルメマップ」

注)地図は2ページに分かれています。

青→レストラン
赤→カフェ、ファストフード
黄→ショップ

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ご挨拶
ひとり言
お花
デジモノ
料理
健康
レストラン
スイーツ
ショップ
旅行
おでかけ

カナダ生活
ゴルフ
ステンドグラス
カルトナージュ
羊毛フェルト
クラフト
アンティーク
未分類

検索

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

フォロー中のブログ

カナディアンロッキーで暮らす
ケセラセラ
ひゅーひゅー!Yuko@...
ムースのカナダ日記
すみれ堂きものDiary
Lululu*トロント
ムーティフルライフ
rieccoのトロント生活
眼遊記
シングルママさんの日記!
ぱんぱんのきままな日常
☆ Toronto Ma...
Lululu*バンコク
TORONTO ゆるゆる生活記
NY Long Isla...
ひゅーひゅー!Yuko@...

最新のトラックバック

バンクーバーで王道ステー..
from バンクーバー生活日記 ~留学..
CANADA DAYS ..
from vote.ci-xx.org
役立つブログまとめ(国内..
from 役立つブログまとめ(国内旅行..
Jackさんとヒーター壊..
from トロント~近郊での生活
初雪ですと手巻き寿司
from トロント~近郊での生活
rookies 視聴率お..
from 新鮮ネタ市
カナダ ナイアガラについて
from カナダ旅行大好き!
ラコステ 水着 天国!
from ラコステ 水着 天国!
icb 水着
from icb 水着
ロキシー 水着
from ロキシー 水着

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧