<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ESLサマークラス始まる

6月13日で1年間通ったYork RegionのESLクラスが終了。
次に通常クラスが始まるのは9月第2週、2ヶ月以上も夏休みがあったら絶対英語をサボっちゃうし、もうサマーバケーションもとっちゃったので、York RegionのESLサマークラスに参加することにした。

6/30から5週間、ウィークデイの9:00~12:00と、いままでよりハードなスケジュール。
最初は私には無理かなーと思ったんだけど、他のクラスメイトの「そんなシリアスに考えないで、行けるときだけでも行ったほうがいいんじゃない?」という気軽な言葉で、あっさり決断。
できそうにないからやらないっていうよりは、やってみたほうがいいよね。
授業料も5週間でC$15(+駐車場代C$15)とお得だし。

場所もいつもと違うところだし、先生も違う先生。
他のESLクラスを体験してみたいとも思っていたので、結構楽しみ。

サマークラスの場所はちゃんとした(?)英語学校なので、教室もたくさんあって生徒もウジャウジャ。
私がいつも行っていたESLは、コミュニティセンターの会議室のような場所を使っていたので、だいぶ雰囲気違うかな。

お友達に聞いてはいたけど、年齢層もすこし低め。
といっても、20代~40代ってとこかな。いつものESLが30代~60代だったからね(^^;

9時きっかりにスタートし、先生が出席をとる。
私のクラスは全部で30人ぐらい登録しているようだけど、初日の参加者は15名。(少なっ!)
7/1のCANADA DAYのおかげで、ロング・ウィークエンドの人が多いのかな??

クラスメイトの国籍は、中国(香港)、ロシア、ウクライナ、イスラエル、アフガニスタンなどなど、いつもながらMulticultural。
日本人は私を含めて3人。これだけ多国籍なわりには多いほうかな。

しかも、なかなか勉強意欲が感じられる雰囲気。
仕事が夏休みの間にレベルアップしたいという人とか、早く英語を習得して仕事につきたいという人とか。
みんなのレベルも、いつもより細かくクラス分けされているせいか、あまりバラつきがない。
こちらものんびりしていられないな!とちょっと緊張したりして。

先生は30代ぐらいのポッチャリめの白人女性。
とっても明るくてハキハキ、そしてとっても早口(T_T)
最初は聞き取るの大変だったけど、集中して聞いていれば慣れてくるもんだ。
女性の英語は聞き取りやすいよね。

途中15分の休憩を入れて、きっちり3時間。
今日は最初の授業だからテキストも使わないし、クラスメイト同士のコミュニケーションをとることがメインだったので、それほどキツくはなかったけど、初めてのクラスでちょっぴり疲れたぁ。

授業の最後に先生が、CANADA DAYにちなんでお菓子をみんなにふるまってくれました。
まさに「O Canada(オー・カナダ)」なクッキーでしょ。
a0100975_12232373.jpg


これから5週間、途中休んだとしてもリタイヤしないように、がんばって通いたいと思います。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-30 21:09 | カナダ生活

今日も歩いて「Westview Golf Club」

またもやゴルフネタです。
6月最終週はなんと週3回もゴルフ!
このハイペースは自分でもびっくり。

今回は、おなじみお友達夫婦と一緒に「Westview Golf Club」で。
我が家から北へ30分ぐらいで行ける、3つの9ホールを持つゴルフコースです。
a0100975_1015573.jpg

a0100975_10153425.jpg

a0100975_1015556.jpg


ぐずついた天気が続いていたこの頃、土曜日の朝も起きたら雨。
天気予報も午後から雷雨の予報で、こりゃ中止かなぁーなんて思っていたら、お昼過ぎからお天気回復、結局一度も雨に降られずに18ホール回りきれました!
誰がお天気男(女)かな??

しかし、午前中に雨が降っていたせいで、パワーカートは使えなかった。。。
これはかなりショックだった(T_T)
プルカートをタダで貸してもらえたのはうれしいけど、思いがけず2回連続で歩いてゴルフになりました。。。

でも、午前中の雨のおかげでゴルフ場はだいぶすいていて、後ろからのプレッシャーもなくのんびりプレーできました。
そして、かなり激しい登りもあってヒーヒー言ってたわりには、スコアはふたりそろって今季最高!
いろいろ勉強にもなったし、楽しいゴルフでした♪
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-28 22:18 | ゴルフ

レディース・ゴルフ@Rolling Hills Golf Club

ESLで仲良くなった韓国人クラスメイトと、前から約束していたレディース・ゴルフが実現!
彼女もちょうど私がゴルフを始めた時期と同じぐらいの時期に始めたので、クラスでもちょこちょこゴルフの話をしたりしていたの。

彼女のお子さんの学校が休みになる前にってことで約束し、6月最終週のウィークデイに女性だけで優雅なラウンド。
なんだかセレブだわあぁー。なんつって。

場所は、彼女が選んでくれた「Rolling Hills Golf Course」。
我が家からは、高速を使っても使わなくても、車で北へ30分ほどで行ける便利な立地。
a0100975_8542533.jpg

a0100975_913430.jpg


3つコースがあるうち、私たちがプレイしたのは、パー3の多いショートコース「Classic Course」。
彼女が割引券をもっていたおかげで、ひとりなんとC$15!
主婦ゴルフにはありがたいお値段です。(全然セレブじゃないし。。。)

パワーカートを借りようと思っていたけど、「4000ヤードぐらいしかないのに」と彼女に説得され、プルカートで頑張って歩くことに。
キツイかなと思ったけど、女性ばかりだからかペースがゆっくりで、意外と歩けちゃいました。
万歩計つければよかったぁー。

今回はもうひとりの日本人クラスメイトと3人で予約していたんだけど、スタート地点でシングルで来ていたカナディアンの女性も合流することに。
平日にひとりでも来ちゃうなんて、よっぽど好きなのね。

人数が4人に満たないと、全然知らない人と組まされるという話はよく聞いていたけど、私は今までお友達と4人以上で回っていたので、知らない人と組むのは初体験。

緊張しちゃうかなぁーと思ったけど、この女性がとってもいい人で、レベルも同じぐらいで、リラックスして楽しくラウンドすることができました!
しかも、英語の勉強にもなったし、これは一石二鳥。
とはいえ、意外と嫌な人もいるみたいだから、今日はラッキーだったのかな。

肝心のゴルフのほうですが、ショートだからか、スコアはまあ普通。
フラットでハザードもないので、そりゃそうだろって感じだけど(^^;
でも今日はドライバーが良く当たっていて、最後まで気分よくゴルフができました!
あまり経済的に許さないけど、たまにはいいね、レディースゴルフ(^-^)
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-25 21:09 | ゴルフ

奇跡の生還しかし予断許さず

久しぶりの更新です。
先週水曜日、無事ニューファンドランド旅行から帰還していたのですが、ブログも書かずにぼやぼやしている間にパソコンに異変が。。。

パソコンが起動しないという現象が起こり始め、最初のうちは、再立ち上げして3回に1回は立ち上がっていたのに、ついに今朝、まったく立ち上がらなくなってしまった。
いつもはゴロゴロと音を立ててハードディスクが動いているのに、今日はシュルルルルと力ない音しか聞こえない。
どうやらハードディスクの不具合で、OSを認識できなくなっているらしい。。。

昨年末、ブログに書かれた迷惑コメントから誤ってリンクに飛んでしまったせいでウイルスにやられたこのパソコン、ダンナの懸命な復旧作業のおかげでなんとか一命をとりとめ、その後はタッチパネルの不具合以外は難なく使えていたのに。。。

ここんところドラマの「砂時計」にハマって、長時間インターネット動画を見続けていたせいかしら!?
まだ45話までしか見てないのになぁ(全60話)(T_T)

夕方、ダンナが再度復旧に挑戦してみたところ、パソコンを逆さに持ち上げて起動したら、ゴロゴロとハードディスクが動き始め、なんと復旧成功!
こうしてブログを書くことができたわけですぅ(^0^)/

現在のところ特に不具合なく動いている様子。
しかし、おそらく再起動はまた失敗してしまいそう。。。
しばらくはパソコンをずぅーっと24時間起動させておくしかないかも(T_T)
そんなこといままでしたことないけど、それによって別の不具合って起きたりしないのかな?
できるだけ早く新しいパソコンを手に入れなくちゃ。はふ。

旅行記もおそるおそる掲載していきたいと思っておりますので、しばしお待ちを。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-23 22:55 | デジモノ

飲茶で豪遊「CASA VICTORIA 紫爵金宴」

大家さんとの月一度の食事会、まだまだ続いております。
今回は大家さんオススメの中国料理店「CASA VICTORIA 紫爵金宴」で飲茶ランチ。
HW7 X Wardenの北東コーナーにあるプラザ内にあるお店です。
a0100975_11262384.jpg


このお店、リニューアルしたらしく、以前中国人のクラスメイトが「新しくできたいい飲茶のお店があるよ」と言っていたお店。
外見から想像がつかないぐらい中はゴージャス。披露宴会場風です。
これって、この辺の中国料理店にはありがちなパターンなんだけどね。
a0100975_11294397.jpg


このお店でも大家さんは有名人。
フロアマネジャーやらオーナーやらが相変わらず挨拶しにきます。
「この店よく来るの?」って聞いたら、「たまに」だっていうし。
いったい大家さんって何者なんだろうか??

そしていつもどおりメニューを私たちに渡して、好きなものを頼んでいいよ。とおっしゃいます。
まず私たちが3品選び、あとは大家さんにお任せ。

あまりにたくさん頼んだので、今回初めて見たものだけ写真を載せます。

ふかひれとあわびの蒸し餃子。
a0100975_11354334.jpg

これは、私たちがゴージャス素材に期待して頼んだんだけど、味は普通だった。。。中はホタテです。
一緒に頼んだえび餃子のほうが断然おいしかった。

チャーシューが入ったパイ。
パイのさくさくと、チャーシューの甘辛がいい感じ。
a0100975_11375667.jpg


どうやら大家さんご夫妻はチャーシューが好きみたいで、これ以外にチャーシュー包とチャーシューパン(みんな皮が違うけど中身一緒)を頼んでました。

えびの天ぷら。
えびのまわりにのりが巻いてあって、それを揚げてます。
a0100975_1140589.jpg

衣カリカリ、えびプリプリ!ハズレません。
大家さんはえびが大好きなんだって。

何かの魚を煮付けたもの。(名前も料理法もちょっと不明)
硬くてしょっぱくて、保存食っぽい感じ。
a0100975_11434276.jpg

これはあまり好きじゃない味。

デザートに大家さんの奥様が頼んだお餅。
ゴマ味のお餅の中に黄味あんが入ってます。
a0100975_11453535.jpg

お餅がとってもやわらかくてモチモチしていておいしかった!新発見。

大家さんの奥様は、いつもお料理が来ると私たちにたくさん取り分けてくれて、お茶もすぐ注いでくれて、とってもやさしいの。
でも、おかげで私たちはすぐお腹いっぱいになっちゃうんだけど、そんな私たちをよそに、大家さんはお粥やらなんやら追加しちゃったりして、結構食べるの大変(T_T)
結局総勢12皿を完食。飲茶で4人で150ドル越えって食べすぎでしょ。。。

あいかわらずお料理はおいしいし、大家さんたちはとてもいい人なんだけど、英語だからという点をのぞいても、80歳のお年寄りとの間でなかなか共通の話題ってないよね。
最近ちょっと話題もなくなってきたんだけど、それでも盛り上がるのは「言語」の話題。
特に、漢字で意思の疎通がはかれるから、紙に書きながら話すと結構楽しいの。

大家さんは香港から来た人だけど、カントニーズ(広東語)だけじゃなくてマンダリン(北京語)も話せるらしいから、次回からは中国語を教えてもらおうかな。
そう思うと、次回会うのもすごく楽しみ。
数少ない貴重な異文化コミュニケーションの機会だから、大事にしなくちゃね。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-21 22:22 | レストラン

Vaughn Millsの食べ放題「ORIENTAL」

先日Vaughn Millsに買い物に行った帰り、その敷地内(Rutherford沿い)のレストランプラザにあるアジアン・ブッフェ・レストラン「ORIENTAL」に行ってみた。

Vaughnで食事をすることなんてめったにないから、特にお目当てだったわけじゃないんだけど、NEW OPENの横断幕が掲げられていたから、まだ新しいのかな??
a0100975_1036142.jpg


かなり広めの店内、こぎれいでまさにオリエンタルな雰囲気のお店。
a0100975_10401832.jpg
a0100975_10405271.jpg

メニューもかなり種類豊富。
中華系の炒め物や揚げ物、スペアリブやピザなどの洋食系、カニにお寿司(ロール類だけ)にローストビーフ、そしてもちろんデザート。
とても制覇し切れません。
a0100975_10511379.jpg
a0100975_10515291.jpg
a0100975_10521419.jpg

a0100975_10534214.jpg

味は、とびきりおいしい!というわけでもないけど、どれも悪くないかな。
ローストビーフは、ブッフェのわりには頑張ってるかも。
a0100975_10561296.jpg
a0100975_10563612.jpg

これだけ食べて、休日のDinnerは大人ひとり約C$20。(ちょっとうるおぼえ)
私たちが入った6時頃にはまだすいていたけど、出るころには待ってる人もいたぐらい大盛況でした。
こういう中華料理の食べ放題って、なぜだか白人さんに人気があるんだよね。
しかも中国人は少ないの。
たぶん中国人は、ブッフェだと味が落ちるし、高いから元が取れないと思ってるんだろうな。
私も、トロントで日本食の食べ放題があったとしても、何度も行かないと思うもん。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-20 21:16 | レストラン

ニューファンドランド旅行<4日目>赤茶の台地

ニューファンドランド旅行4日目。いよいよ最終日です。

この旅行で久しぶりにゆっくり起き、ダイニングレストランでゆっくり朝食。
スパニッシュオムレツにシリアルヨーグルト。ヘルシーでやさしいお味。
a0100975_23303347.jpg

ディナーのときも思ったんだけど、パンとバターがすごくおいしいかった!
多分どちらもお手製かな。お代わりしたくなっちゃいました。

今日はBonne Bayでのボートツアーか、カヤックをやりたかったんだけど、時間が足りないのと腰痛のため断念。
グロス・モーン国立公園内をテーブルランド方面へドライブすることに。

朝曇っていた空もどんどん晴れて、今日もいいお天気!
山も空も湖も、色がとても深くてきれい。まさに自然のるつぼだ。
a0100975_2345061.jpg

a0100975_23453963.jpg


テーブルランドへ向かう途中、ディスカバリーセンターに立ち寄りトイレ休憩。
黄色い壁が目印です。
ここにはグロス・モーン国立公園の資料展示やショップ、展望台、短いトレイルなどがあり、意外と広い。小学生が遠足に来てたりしてました。

私たちもルックアウトまでの短いトレイル(と呼ぶのもおこがましい)を登ってみた。
聞いたことないような鳥の鳴き声が聞こえたり、レンゲみたいな花が咲いていたり。
a0100975_08499.jpg

でも、ルックアウトからの景色はたいしたことなかったかな。。。

ドライブの道中、遠くに見え隠れしていたテーブルランドも、ディスカバリーセンターを過ぎるとほどなくその赤茶色の全容があらわになってきた。
a0100975_0113171.jpg


テーブルランドは、何億年も前に、北米大陸とユーラシア・アフリカ大陸のプレートが衝突して流れ出たマントルが、海底から岩を押し上げて作った台地なんだって。
緑深いこの場所にこんな赤茶色の山が突然出来上がったと思うと、地球ってすごい!!
a0100975_0204427.jpg

マントルに直接触れられる場所は、世界でもここだけなんですって。
約4キロのトレイルがあって、実際にテーブルランドに登ることもできるんだけど、意気地なしな私たちは諦めました(^^;

その後、テーブルランドから海に向かって進み、海沿いの町トラウト・リバーにある「Seafood Restaurant」でランチ。
a0100975_0264271.jpg

a0100975_028467.jpg


お店のまん前は海!海を眺めながらのんびりお食事ってぜいたくだわ。
a0100975_0274292.jpg


旅の食べおさめに、ダンナはニューファンドランドの地ビール「1892」を堪能。
私は濃厚チョコレートシェイク。なんだか手作りのやさしい味。
a0100975_030465.jpg


オーダーしたのは、ホームメイドのフィッシュバーガーとシーフードチャウダーのセット。
ハリバットのフィッシュフライは淡白でさっぱり。
フィッシュフライ独特の脂っこさがなくて、おいしく食べられました♪
a0100975_0324889.jpg


ランチを済ませたところで旅は時間切れ。
時間ぴったり空港へ戻ってレンタカーを返却し、15:30発のWEST JETでトロントへ。
a0100975_040208.jpg


長かったようであっという間の4日間、移動距離も長いし、氷山ツアー過酷だったりもしたけど、貴重で美しい景色をたくさん見ることができて、やっぱり楽しかった!行ってよかった。

欲を言えば、氷山ツアーもお天気を待ちたかったし、セント・ジョンズも行きたかったから、もっと時間をとって見て回りたかったかな。あと2日欲しいところ。
機会があればリベンジかな。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-18 21:49 | 旅行

ニューファンドランド旅行<3日目>グロス・モーン国立公園

ニューファンドランド旅行3日目です。
今日はグロス・モーン国立公園(Gros Morne National Park)へ移動。
朝5時すぎにホテルを出発し、約5時間のロングドライブです。

まだ霧深い早朝の道のり、薄暗いムーさん銀座を抜け、静かな海沿いの道をひたすら南下。
雨は降っていないものの、なかなかすっきりとお天気になってくれません(T_T)
a0100975_04763.jpg


朝10時過ぎ、グロス・モーン国立公園内の町、ロッキーハーバー(Rocky Harbour)に到着。
まずは、Ocean View Motelで「Bon Tours」主催のフィヨルド見学ボートツアーのチケットを購入。

世界遺産に登録されているグロス・モーン国立公園では、何億年も前の地殻変動によって作られたさまざまな自然の絶景を見ることができる。
氷河によって削り作られたというWestern Brook Pondの内陸フィヨルドをボートで見学できるこのツアーも、私がこの旅で楽しみにしていたひとつ。
昨日の晩、このツアーが6月は午後1時しかないことを知り、あわててセント・アンソニーを早朝に出発してきたというわけです。

チケットを購入した後、ツアーまでまだ時間があるので、ロッキーハーバー周辺を散策。
小さな町の短いメインストリートには、レストランやクラフトショップなどが点在しています。

町と海が一望できる高台「Lobster Cove Head」には、小さな灯台があって内部も見学できます。
a0100975_1174019.jpg

a0100975_119121.jpg


小さなレストランで食べたブランチ。なんとなくママの手作り的な素朴な風合い。
a0100975_125353.jpg
a0100975_126189.jpg

おなかを満たしたところで、いざボートツアーへ。
ボートツアーの出発地、Western Brook Pondまで、駐車場から45分ほどのトレイルを歩きます。といっても、平らで遊歩道がちゃんと装備されているのでらくちんです。
(これは帰りに撮った写真)
a0100975_1564364.jpg


トレイルの途中には、高山植物のような小さな花がところどころに咲いていました。
a0100975_1503987.jpg
a0100975_151827.jpg
これってつくし??a0100975_1523655.jpg
この大地は酸が強くて、植物が育つには厳しい場所だそう。
そんななか、可憐に咲いている姿はちょっとけなげだなぁと思ったり。

フィヨルドの断崖を目指して、45分の道のりを景色を楽しみながらゆっくり歩いて、ボート乗り場に到着~。
池に見えている小さなボート2艘でツアーに向かいます。
a0100975_1594092.jpg

しかし、こんなボートで乗り切れんの??と思うぐらいたくさんの人!
案の定、ボートは2艘とも、船頭デッキ、船尾デッキ、2階デッキとも超満員。

2階デッキはすべてベンチが設置されていて、障害物なしにフィヨルドを見られる最高の席。
どうりでたくさんの人が並んで待っていたわけだ。ちぇ。

少し前まで曇っていたお天気も、ボートの出発に合わせるかのように、どんどん回復。
氷河によって激しく削り取られた断崖や、その断崖を滑り落ちるいくつもの美しい滝を見ながら、ボートはフィヨルドの谷間をゆったりと進んでいきます。
a0100975_2192593.jpg

a0100975_220614.jpg

a0100975_2203639.jpg

a0100975_221011.jpg

a0100975_2212172.jpg


船の上は、陽が出ていると暖かいけど風はけっこう冷たいので、ウィンドブレーカなどあったほうがいいかも。
それと、できれば早く並んで2階席をゲットすることをお勧めします。

陽気なガイドさんの英語とフランス語の説明を聞き流しながら(?)約2時間のツアーを堪能。
再び45分のトレイルを歩いて駐車場へ戻る。

お天気の悪かった行きに比べて、トレイルからの景色も見違えるよう。
やっぱりお天気って重要だなぁー。
a0100975_227725.jpg



ツアーを終えるともう4時過ぎ。そのままホテルへチェックイン。
本日のお宿は、国立公園内、ノリス・ポイント(Norris Point)にある「Neddies Harbour Inn」。
ホームページを見て、その眺望の美しさにひとめぼれしたホテルです。
a0100975_2424572.jpg


ホテル前に広がる眺めは思っていたとおり最高~!
a0100975_2474195.jpg


ホテルの中もお部屋もとってもきれい。ナチュラルな雰囲気が私好み。
a0100975_2512340.jpg

a0100975_2515266.jpg


サンルームもあって、広い窓やテラスデッキから、お茶を飲みながら絶景をゆったり眺めることができるようになってます。
a0100975_2561978.jpg


そのほかにも、ダイニングレストランのほか、ミーティングルーム、サウナやホットタブも。
水着を忘れたので利用できなくて残念。

せっかくなので、夜ご飯はこちらのダイニングレストランでいただくことに。
ディナーは、コンチネンタルの創作料理。
前菜、メイン、デザートから好きなものをオーダー。

私の前菜、シーザーサラダ。いままで見たことないカタチ!?
ロメインレタスがあぶってあるせいか、よりシャキシャキ感が増してる感じ。
a0100975_335024.jpg


ダンナの前菜、ムール貝。カレー風味のクリームがとっても合う~!
a0100975_35428.jpg


私のメイン、テンダーロインステーキ。
今まで私がカナダで食べたステーキの中で一番おいしかった!
a0100975_371769.jpg

カナダのステーキって、ミディアムレアって言ってもすごいモサモサするんだけど、これは最高の焼き加減で、すごくやわらかかった!
シェフは相当の腕の持ち主では!?

ダンナのメイン、ロブスター。こちらはちょっと小さめだったけどハズれません。
a0100975_381468.jpg


デザートのクレームブリュレとガトーショコラ。
どちらも濃厚でしっかりしたお味。がっつり食べられました♪
a0100975_311516.jpg
a0100975_3114465.jpg

おなかいっぱい大満足になったあとは、サンルームでちょっとひと休み。
夕焼けの風景もまた絵になります。
a0100975_3132394.jpg

サンルームには、くじらやカワウソを見るためのりっぱな双眼鏡が置いてあって、サンルームにいる間中、ダンナは熱心にのぞいておりましたが、クジラ発見にはいたらず。

晴天の中のきれいな景色、素敵なホテル、おいしいお料理。
2日目のセント・アンソニーでの1日があまりにも過酷だったせいか、大大大満足の3日目でした(^-^)
このホテルも絶対オススメ!

明日はいよいよ最終日。お天気だといいな。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-17 23:37 | 旅行

ニューファンドランド旅行<2日目>サバイバル氷山見物

ニューファンドランド旅行2日目です。
今日はお待ちかねの氷山&クジラ見物!・・・にもかかわらず昨日にもまして悪天候(T_T)
霧雨と霧が深くたちこめて、数メートル先もぼんやり。
a0100975_1122297.jpg


Northland Discovery Boat Tours」で9時からのボートツアーを予約していたのだけど、天候が悪いから様子を見ようということになり、出発が10時に遅延、その後結局午前中のツアーは霧が明けないため中止に。。。

とりあえず13時からのツアーに予約を変更してもらい、それまで近場を観光して待つことに。
っつったって、こんな天気悪くちゃどこへも行けないよぅ。

世界遺産に登録されているバイキングの入植遺跡「ランス・オ・メドウズ(L'Anse aux Meadows National Histric Site)」も行ってみたけど、なんだかさみしい雰囲気。。。
a0100975_8152224.jpg

本当はこの広い敷地の中に、バイキングの住居跡やモニュメントなどが見えるはずだけど、それもさっぱり見えません。
天気がよければ、ガイドツアー(有料)で敷地内を説明してもらえるんだけど、雨が降っていたのと旅行前にひねった腰が痛かったため断念。

ランス・オ・メドウズをあとにし、町で唯一の「Tim Horton」でランチを食べ、12:30頃再びツアー窓口へ。
朝よりは少し霧が晴れてきて、このときは雨もやんでいたので、ついにボートツアー決行!

午前中から待っていた人も含め、ツアー参加者は全部で10名。
このボートで沖に向かいます。
a0100975_1004880.jpg


船が出るまでは、少し回復した天気とツアー決行に喜んでいた私たち、でもそれはすぐに間違いだったと気づく。。。

陸では穏やかに見えた海も、沖に出れば大荒れ。
船は上下左右に大きく揺れ、まるで遊園地の3Dアトラクションかジェットコースターに乗っているみたい。

氷山を見つけるべく船頭デッキにいた人たちは、波をかぶって大転倒。
もちろんこのワタクシも、乗り物酔いの薬を飲んで挑んだにもかかわらずまったく効き目なく、氷山にたどり着く前にすっかり船酔いし、・・・・・(お食事中の方ゴメンナサイ)。

揺れと船酔いで、船にしがみついているのがやっとの状態がどのぐらい続いただろうか、ダンナの声ではっと目を上げると、ついに氷山の姿が!
a0100975_1105970.jpg

船酔いしながらダンナが懸命に写真を撮ってくれました。
私はカメラのファインダーをのぞくことすらできず(T_T)

この写真は拡大されているからわかりづらいんだけど、本当は氷山から数百メートルは離れたところから見ていたので、もっと小さく見えたの。
でも、この氷山の見えている部分だけでも約20mあって、この氷山全体の1/8ぐらいなんだって。
海の中にはこの約8倍の氷が隠れているので、特に悪天候のときは危なくて近くに寄れないのだそう。
そういえば、タイタニック号もニューファンドランド沖の氷山にぶつかって沈没したんだよね。

この氷山を見た後、クジラポイントへ移動。
船酔いは少しおさまってきたものの、もうクジラどころじゃなく早く降ろしてくれーって感じ(T_T)

室内デッキがあまりにもせまくて座ってられないのと、すぐ気持ち悪くなっちゃうせいで、ずっと船尾デッキにいるしかなく、これがまた寒い!!!
この日のセント・アンソニーは気温10℃ちょっと。
ついに雨まで降り出して、ずぶぬれで船酔いと寒さと戦いつつ、やっとこさクジラポイントに到着。
案の定、この悪天候でクジラは1頭も見つけられませんでした。。。

天気がよければきっともっと時間をかけて別の場所を探したりもするんだろうけど、ツアー参加者のうち3人は船酔いでやられてたせいか、ここで港へ引き返しツアー終了。
クジラは見れなかったけど、そんなことより無事生き延びて(?)帰ってこれてひと安心。

しかし、車に乗っても寒さで震えが止まらず、手足がまるで凍傷のように感覚がない。
まるで軽く遭難してる感じ。
急いでホテルに戻り、シャワーで体を温めて、部屋の暖房をガンガンたいて、布団にくるまりお昼寝。
2時間ほど休んで、なんとか復活できました。

復活したところで晩ご飯。
ホテルから車で5分ほどの岬「Fishing point」にあるシーフードレストラン「The Lightkeepers」へ。
a0100975_1110470.jpg


赤がアクセントのかわいらしいお店。
店内からは海が一望できるはずなのに、お天気悪くて残念。
a0100975_11114468.jpg


ここではやっぱりシーフードを食べなくちゃ!思えば久しぶりの立派な食事だ♪
まずはシーフードチャウダー。濃厚で具がたっぷり。温まります。
a0100975_11132840.jpg


メインは、私がAtlantic Cod(タラ)のグリル、ダンナがカニ(ズワイガニ?)。
どちらも新鮮でプリプリ!おいしかったぁ。
a0100975_11152513.jpg

a0100975_1116294.jpg


そして、料理を待っている間に、なんとお店の窓から沖のほうに氷山を発見!!
視界が悪くて写真には写らなかったけど、天気悪いのにこれはラッキー!
しかも短い時間に2つも見ることができました。
あんなツライ思いして船に乗ったのはいったい。。。

こうしてかなり過酷ながらも氷山見物の目的は達成。
クジラは見れなかったけど、クジラは他にもみれる場所あるしね(^^;
明日はグロス・モーンへ移動です。

3日目に続く。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-16 23:53 | 旅行

ニューファンドランド旅行<1日目>ひたすら北上

我が家の今夏の旅行先は、ニューファンドランド(New Foundland)島。
カナダ最東端に位置する島で、ニューファンドランド犬のふるさとだとか。
大西洋と広大な原野、小さな漁村が点在する素朴な島です。
a0100975_23504420.jpg

(atlanticcanada-japan.comより)

外国人の間ではそれほどポピュラーではないこの場所を、私たちが旅行先に選んだ目的は、氷山(Iceberg)とクジラを見ること。
グリーンランドから流れてくる巨大な氷山を目の前で見られるなんて、カナダに住んでいなければなかなか容易に体験できないもの。

ニューファンドランドの氷山のシーズンは、5月~7月、鯨のシーズンは6月中旬~8月(場所によって多少違います)。
最近温暖化も進んでいるし、両方見るにはやはり6月中にはでかけないと!ということで、ひとあし早い夏休みをとって3泊4日のニューファンドランド島旅行に出かけてきました!

自然を楽しむ旅行の場合、お天気は旅を10倍楽しくする絶対条件。
いつものように1週間前から天気予報をチェックし続けていたけど、出発前から天気は雨マーク。。。現地で天気が変わってくれることを祈りつつ出発。

ニューファンドランドまではトロントから空路にて。
いつも空港まで車で行ったときは空港ビル直結の駐車場に停めていたんだけど、今回は空港ビルと離れた「Reduced Parking Lot」に停めてみた。

こちらだとDaily Rateが直結駐車場の半額のC$14!Weeklyは半額以下のC$65!
さらに、ホームページから20%OFFチケットをプリントアウトできます。
屋外なのが難点だけど、駐車場から空港まではモノレールで5分とかからないのでとっても便利。もっと早く知っていればよかったぁ。

トロントからニューファンドランド島のDeer Lake空港まで、WEST JETの直行便でおよそ3時間。

WEST JETといえば、今年のエイプリルフールに、”豪華ファーストクラスを導入”なんて大がかりなジョークを仕掛けて、ちょっとしたニュースになっていた航空会社。
格安航空会社のイメージだったけど、Deer Lake行きの飛行機はプロペラ機でもなく、両側3列のしかも個別モニター付き。
有料だけど、オンデマンドのTV番組や映画が楽しめます。
ソフトドリンクに小さなスナックも無料で付いていて、スタッフもみんな親切でフレンドリー。
エアカナダよりサービスいいかも。

トロントとニューファンドランドの時差は+1.5時間(ここだけなぜか中途半端なのよね)。
トロントを10:30に飛び立ち、飛行機では二人でほぼ爆睡で3時間もあっという間、15:00にDeer Lake空港到着。
雨は降っていないものの、いまにも降り出しそうなどんより曇り空です。
a0100975_23341637.jpg


島内の移動はレンタカー。今回のお供はシボレー・インパラです。
予約車よりアップグレードしてくれて、しかも新車だって。
長距離運転だからありがたいわ。
a0100975_23392115.jpg

持参したポータブルGPSとお気に入りCDを搭載し、いざ出発!

ニューファンドランドでは、島の東端にある州都セント・ジョンズ(St. Johns)が一番大きな街だけど、今回は氷山&鯨が目的なので東側には行かず、西側のDeer LakeからHW430をひたすら北上し、北端の港町セント・アンソニー(St. Anthony)を目指す。

セント・アンソニーまでおよそ6時間の道のり、グロス・モーン国立公園の緑深い山々、セント・ローレンス湾の青い海、ただただ広大で何もない大地や、ときどき現れるとっても小さな村と、次々と景色は変わっていきます。
a0100975_052932.jpg

a0100975_062579.jpg



お天気もときどき晴れ間が見えるもののすっきりせず、セント・アンソニーに近づくにつれ、どんどん悪くなっていく一方。
やっと見つけたレストランで休憩がてら夕食をとり、またひたすら北上を続ける。

ロングドライブも4時間を過ぎて、太陽が出ていればそろそろ日の入りかなーという頃、ムーさん(ムース)を発見!
a0100975_0165228.jpg

ニューファンドランドは、ムースの生息数がものすごく多い場所なのだそう。
その後も、道路の両端にムーさんがウヨウヨ。
こんな大きな動物に「ウヨウヨ」なんて言葉を使うのはおかしい気もするけど、先日のアルゴンキンなんて全然比にならないし、最後のほうは見飽きちゃうぐらい(笑)

しかもみんな動きが活発。車を見ると小走りに逃げたりして。
アルゴンキンのムースはあまり逃げなかったからちょっと驚き。(逃げないほうが驚きか?)
この地域では狩られたりしちゃうのかな。。。

暗がりの「ムーさん銀座」を通り抜け、もうひとっ走りすると小さな街が見えてきた。
夜10時前、ようやっとセント・アンソニーに到着。

今夜の宿は、「Grenfell Heritage Hotel & Suites」。
緑と赤がかわいらしい木造のきれいなホテルです。
a0100975_029042.jpg

a0100975_0301793.jpg


部屋もとってもキレイで、立派なキッチンも付いてます。
a0100975_0304660.jpg

しかし、お風呂に入ろうとお湯を溜めてみたら、お湯がものすごく黄色い!
おそるおそるフロントに聞いてみたところ、飲めるし問題ないよと言われたものの、ちょっとこの黄色いお湯に浸かる勇気はない。。。

おまけに、お布団に入ってしばらくすると、隣の部屋のいびきや、上の部屋の足音がものすごくはっきり聞こえてくる始末。。。壁薄すぎるだろっ!!
キレイなのにもったいないホテルだわ。。。

明日はいよいよ氷山見学。晴れることを祈ってとりあえず就寝。
2日目に続く。
[PR]
by mitan_boo | 2008-06-15 21:51 | 旅行


トロント近郊に住む駐妻の日記


by mitan_boo

プロフィールを見る
画像一覧

トロント+GTAグルメマップ

このブログで紹介したレストランやおいしいショップはこちら↓
「トロント+GTAグルメマップ」

注)地図は2ページに分かれています。

青→レストラン
赤→カフェ、ファストフード
黄→ショップ

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ご挨拶
ひとり言
お花
デジモノ
料理
健康
レストラン
スイーツ
ショップ
旅行
おでかけ

カナダ生活
ゴルフ
ステンドグラス
カルトナージュ
羊毛フェルト
クラフト
アンティーク
未分類

検索

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

フォロー中のブログ

カナディアンロッキーで暮らす
ケセラセラ
ひゅーひゅー!Yuko@...
ムースのカナダ日記
すみれ堂きものDiary
Lululu*トロント
ムーティフルライフ
rieccoのトロント生活
眼遊記
シングルママさんの日記!
ぱんぱんのきままな日常
☆ Toronto Ma...
Lululu*バンコク
TORONTO ゆるゆる生活記
NY Long Isla...
ひゅーひゅー!Yuko@...

最新のトラックバック

バンクーバーで王道ステー..
from バンクーバー生活日記 ~留学..
CANADA DAYS ..
from vote.ci-xx.org
役立つブログまとめ(国内..
from 役立つブログまとめ(国内旅行..
Jackさんとヒーター壊..
from トロント~近郊での生活
初雪ですと手巻き寿司
from トロント~近郊での生活
rookies 視聴率お..
from 新鮮ネタ市
カナダ ナイアガラについて
from カナダ旅行大好き!
ラコステ 水着 天国!
from ラコステ 水着 天国!
icb 水着
from icb 水着
ロキシー 水着
from ロキシー 水着

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧