タグ:旅行 ( 100 ) タグの人気記事

冬のオタワ旅行2011<1日目その2>ビール三昧と氷の彫刻

オタワ旅行1日目の続きです。(その1はコチラ

たっぷり(?)スケートを楽しんで、ホテルにチェックイン。
今回は憧れの「Fairmont Château Laurier」に泊まります♪
(これは翌朝撮った写真)
a0100975_11571679.jpg

ホテルの前には、氷で作られた「Winterlude」のマーク。
パートナー・ホテルだからかな?
a0100975_12581864.jpg

いつもは「Lord Elgin」に泊まるんだけど、ウェブサイトの宿泊プランを比較してみたらそれほど値段が変わらなかったので、だったら断然Fairmontでしょ。
でも結局は、駐車場代やインターネット代などが高くつくんだけどね。。。

重厚で美しいロビーはさすがの貫録。
100年近い歴史のある建物も、隅から隅まで手入れが行き届いていて気持ちいい♪
a0100975_1243526.jpg

a0100975_1245822.jpg

お部屋はこんな感じ。
あまり広くないけど、丁寧に使われているアンティークな調度品たちがまた素敵♪
a0100975_12475889.jpg

a0100975_1249452.jpg

a0100975_12491995.jpg

アメニティも大人かわいいボトル!
Miller Harris」というイギリスのブランドのもの。
a0100975_12552341.jpg

部屋の窓からはオタワの歴史ある建物たちを一望。
窓が小さくてちょっと残念。
a0100975_12523080.jpg

荷物を置いてひととおりお部屋チェックを終えたら、ディナーのため再び外出。
夕暮れに染まるオタワの街を抜けて、ケベック州ガティノーへ向かいます。
a0100975_1331993.jpg

a0100975_1325774.jpg

州境の橋の上から見たParliament Hillがとっても美しかった~。
車じゃなかったらもっとゆっくり見たかったな。
a0100975_1353497.jpg

ホテルから車で約10分、今回はダンナのリクエストによるブリュー・パブ「Les Brasseurs Du Temps」にて晩ご飯です。
a0100975_1395788.jpg

ウッディなインテリアと暖かい雰囲気の照明がなかなか素敵な店内。
階下には少し落ち着いた雰囲気のダイニングもありました。
a0100975_13202544.jpg

お店の壁には、このブリュワリーで作られているビールのメニュー。
その数なんと13種類!
a0100975_13222651.jpg

ダンナはもちろん、そのうちのスタンダード・ビール12種類が試せるサンプラーをオーダー。
さらに残りの1種類は、あとから大きなグラスで頼んで全種類制覇してました(^^;
a0100975_13241045.jpg

しかも、ビールのメニューにちゃんと飲む順番が書かれているところがすごい!!
お味についてはダンナのブログを参照ください(笑)
a0100975_13274745.jpg

お料理は、ビアパブらしく、ソーセージとリブをオーダー。
どちらもおいしかったけど、サイドのサラダやフライがとにかく大量!!
ホントはムール貝も頼もうとしてたんだけど、やめといてよかった。。。
a0100975_13294625.jpg

a0100975_1330775.jpg

お店の入口にグッズ・ショップもあって、ダンナはグラスも買い込んでご満悦♪
かなりご機嫌さんで帰途につきました(^^)

このあとは、「Winterlude」でもうひと遊び。
イベント会場のひとつであるConfederation Parkへ氷の彫刻を観に行きます。
a0100975_1337529.jpg

公園内には大きな氷の彫刻たちが点在。
色とりどりにライトアップされていて幻想的。
a0100975_13392712.jpg

a0100975_13394647.jpg

DJブースも設置されていて、ステージの周りはさながら屋外クラブ。
みんなノリノリで踊ってて楽しそう♪
a0100975_13421990.jpg

その周りを囲むように張られたテントの中にも、さらに氷の彫刻たちが。
こちらは2/4-6で行われたコンペティションに出ていたもので、ランキングが付いてました。
a0100975_13434887.jpg

a0100975_1346164.jpg

みんなすごく繊細できれいだけど、なんか半昆虫みたいのとか、神話のようなシンボルとか、ちょっと非現実的なテーマが多かったような。。。
これとかどうなっちゃってんの!?
a0100975_13485744.jpg

そして、栄えある1位に輝いたのはこちら!
魚の群れを現わしているとっても繊細な作品!
a0100975_13512082.jpg

なんと作者は日本人(ひとりは日系カナディアンかな?)のおふたり!
わー、なんだか嬉しい♪
a0100975_13522044.jpg

こちらの公園内にスーベニア・ショップがあったので、記念にWinterludeグッズとRedeau Canal Skatewayグッズを買いました!
来る前からウェブサイトで見てチェックしてたんだ~♪
a0100975_13541029.jpg

チェックの方が、Redeau Canal Skatewayグッズの帽子とネック・ウォーマー。
マークもとってもカワイイ♪
a0100975_13552778.jpg

「Winterlude」グッズは、光るキーホルダー。
いつ使うんだ!?と思いつつ、ついつい買っちゃうんだよねぇ。。。ま、記念だから(^^;
a0100975_13564060.jpg

帰りはリドー運河を通ってホテルへ。
歩いている人がほとんどだったけど、まだ滑ってる人もいました!すごいな~。
しかし、このあたりは人が多いからリンクの状態は最悪です。。。
a0100975_13581330.jpg

街中にそびえるシャトー・ローリエがまた美しい~♪
気温もあまり寒くなくて、夜のオタワも楽しくお散歩できました(^^)
a0100975_1402232.jpg


2日目に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-02-12 23:25 | 旅行

冬のオタワ旅行2011<1日目その1>スケート・リベンジ!

先週末、2年ぶりに行ってきました!冬のオタワ。
目的は、2/4~21まで行われている冬まつり「Winterlude」に合わせての、リドー運河を使った世界最長リンク「Rideau Canal Skateway」でのスケート・リベンジ!

なにせ2年前に来た時は、ギネス記録を誇る全長7.8kmのリンクを、たった400mしか進めずギブアップ。。。
(そのときの記事はコチラ

スケート靴を買ったのも、体感マイナス30℃の中練習したのも、すべてはこのためと言っても過言ではありません(笑)
さて、今年は何m進めるのか!?

土曜日の朝8時半に自宅を出発し、HW7をひたすら東へとドライブ。
HW401でも行けるけど、HW7の方が50kmぐらい距離が短くて景色もキレイだと、ダンナの同僚がオススメしてくれました。

確かに景色がコロコロ変わるし、休憩もとりやすかったりして、高速道路をずーっと緊張して走るよりも楽しくドライブできた気がする♪
時間的にもそれほど変わらなかったんじゃないかな?
(ダンナ撮影)
a0100975_14474184.jpg

しかし、オタワまであと半分を過ぎたあたりで、なんとポータブルGPSナビが故障!!
ひぃぃー!!他に地図持ってないのにぃぃぃ!!

しかも、前日には車のバッテリーがあがった上にテールランプも壊れて修理したばかり。
なんだか不吉な予感。。。

幸い、ダンナが持ってきたGalaxy Tabがナビの代わりを務めてくれて、1時半過ぎになんとかオタワに到着。

道中ずっと曇り空だったのに、オタワはすっかりいいお天気!!
おー、みんな滑ってる滑ってる!!
a0100975_1512123.jpg

せっかく晴れてるのでチェック・インは後回しにして、まずはスケート♪

前回は運河のスタート地点から滑ったけど、今年はゴール地点のDows Lakeへ。
車はDows Lakeのすぐそばの有料駐車場(C$6)に停められます。
a0100975_15154860.jpg

ベンチでスケート靴に履き替えて、だだっ広いリンクへといざ出陣!
ひゃー!広くて清々しい!!
(ダンナ撮影)
a0100975_15171479.jpg

湖の真ん中に特設ギャラリー。
ギャラリーの前に置かれたベンチには、かなーりお世話になりました(笑)
a0100975_15185433.jpg

湖の中をぐるぐると、こんなトロリー・バスが走ってます。
滑り疲れたらちょっと乗れるね♪
a0100975_15201164.jpg

このトラ君はWinterludeのマスコットなのかな?
a0100975_15221262.jpg

でっかいトラ君のアトラクションや、アーケード・ゲームみたいなのもありました。
a0100975_15233838.jpg

湖の中を往復してきたところで早くも休憩(笑)
やはり大人気の「Beaver Tails」はハズせません♪
a0100975_15254068.jpg

サクサクの生地に甘ーいメープル・バターとチョコレートが超ウマです(^^)
a0100975_1527476.jpg

リンクには、食べ物屋さんだけでなく、トイレや着替え場所などもちゃんと完備されているので、とっても便利。
こういうホスピタリティはさすがだわ~。

トイレに並んでる時に手を貸してあげたおばちゃんに、「どこから来たの?」と聞かれたので、「トロントだけどバックグラウンドは日本人だよ」と答えたら、「Persianかと思った」とな。
え?!ペルシャ人?!それともペルー人?!どちらにせよ初めて言われたわ。。。

休憩後は、湖から出てきて運河部分を滑走。
狭い分だけやっぱり人口密度が高いけど、トロントのリンクに比べれば悠々滑れるわ♪
a0100975_15371888.jpg

ちなみにリンクの状態はこんな感じ。
天然リンクなので溝やひび割れも多くて、よそ見してるとすぐ引っかかって転びそうになります。
a0100975_15343937.jpg

すでに氷が溶けてきて立ち入り禁止になっている箇所もチラホラ。
a0100975_1538191.jpg

これ、どうやって凍ったの!?
a0100975_1540141.jpg

お子さん連れは、こんな立派なソリをレンタルしてる人がいっぱい。
いいなー、滑るのも楽そう♪
a0100975_1543180.jpg

Dows Lake周辺で1時間半ほど滑り、とりあえず満足してスケート終了。
リンクから上がってホテルに向かう途中、「Cregg」という中間地点で、スケート靴を履かずにちょっと寄り道。
a0100975_155477.jpg

Dows Lakeよりもたくさんの出店があって、かなりにぎわってました。
a0100975_15563283.jpg

Amex Loungeなるブースでは、ホット・チョコレートを無料で配ってました。
ちょっと薄めだったけど(笑)
a0100975_1558478.jpg

スキンケア・ブランド「Burts Bee」のブースでは、ボディ・ローションのサンプルをいただきました。
ラッキー♪
a0100975_1615439.jpg

カラフルなロリ・ポップがカワイイ♪
a0100975_15573469.jpg

大きなストーブとたくさんのベンチも完備。
スタート地点から滑って来た人は、ここで休憩するんだろうね。
a0100975_16079.jpg

しかし、このへんは人が多いせいか、氷の状態はイマイチ。。。
初心者にはDows Lakeの方が滑りやすいかもね。

運河沿いの道路でこんな標識を発見。
これはまさにオタワならでは!
a0100975_1644121.jpg


事前練習の成果か、前日に食べ友さんからスケートのコツを教えてもらったおかげか、自分で言うのもなんだけど、今回はかなりの進歩!!
とはいえ、やっぱり体力が追いつかないので、結局滑ったのは全部で2kmぐらいかな(笑)

でも、お天気にも恵まれて、気持ちよくスケートを楽しめました♪
全コース走破ならずとも、気持ち的にはリベンジ成功です(^^)
a0100975_1550224.jpg


1日目その2に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2011-02-12 20:12 | 旅行

<日本滞在記2010>日本の絶品イタリアン「SELAN」

日本に帰ったら食べたいもののひとつ、それはイタリアン。特にパスタ。
本場イタリアのとも、当然カナダのとも違う、やっぱり日本のパスタは日本人の口に合うようにできてるので、私は日本で食べるのが一番好き♪

今回は、外苑前にあるイタリアン・レストラン「SELAN」で日本のイタリアンを堪能してきました。
a0100975_1540849.jpg

お店の前は有名な外苑前のいちょう並木。
残念ながらまだ緑色でした。
a0100975_15411097.jpg

今回は予約しておいたので、窓際の席にとおしてもらえました。
パティオもまだ開いていたけど、さすがの東京でもパティオは寒いかなー。

この日ご一緒したお友達は、トロントにいるときからふたりで食事に出かけると、ついつい豪遊してしまう食いしん坊。
バラエティ豊富なプリフィクス・コースから、結局、前菜もパスタもメインも全部食べられるいちばん高いSEASONALコースにしちゃいました(笑)

前菜のサラダ、ドレッシングがとってもきれいな色で、見た目も美しい♪
a0100975_1547312.jpg

パスタは、ナスのラグーと、ベーコンとキノコのぺペロンチーノ(だと思う。。。)。
どちらもソースがしつこくなくておいしい!パスタのアルデンテ具合もちょうどいい!!
これぞ日本のイタリアンだわ~。
a0100975_155009.jpg

a0100975_15501331.jpg

メインのお魚とお肉(確かポーク)も、ちょうどいい量♪ ココが重要!
a0100975_15514166.jpg

a0100975_15523232.jpg

デザートは、KIHACHIロールと迷った末に、季節限定の栗のロールケーキ。
(SELANはKIHACHIの系列店なんです)

このロールケーキがフワフワでほんっとに絶品!
絶対カナダでは食べられないね!
a0100975_15535415.jpg

ここまで食べるとさすがにお腹いっぱい。
でも、お料理の内容も、サービスも、値段的にも大満足でした♪

このふたりが集まると、必ず健康の話から始まり(おばちゃんくさいの笑)、旅行や趣味の話など1年ぶりの再会に話も弾んで、気づいたらもう3時過ぎ!
他のお客さんも長居してるから気づかなかったってのもあるけど、お店もまったく追い出しムードなく、ホントにゆっくりさせてもらいました(^^)

しかも、向かい側の銀杏並木でなにやらテレビのロケをしてるのを発見!
とぉーくに石田純一さんらしき人を見つけました♪

ランチの後は、お腹をこなすべく歩いて青山方面へ。
途中、今年オープンした「Francfranc」に寄り道。
a0100975_1644015.jpg

入口をはいるとでーっかいキリンがお出迎え。
a0100975_1651758.jpg

天井が広くて開放的な店内は、ディスプレイもおしゃれ~!
a0100975_167155.jpg

欲しいものはたくさんあるけど、やっぱりスーツケースのスペースが気になって踏み切れず。。。
でも、久しぶりに青山の洗練された雰囲気に触れて、楽しいランチ&ウインドー・ショッピングでした(^^)


本日のニッポン・グルメ。

学生時代から通っている、大好きなスパゲティ屋さん「洋麺屋 五右衛門」。
もちろん今回も行ってきました!
このスパゲティは日本ならではだよね♪
a0100975_16123339.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-10-25 22:27 | 旅行

紅葉旅行2010秋<その2>Blue Mountainと鮭の遡上

紅葉旅行2010秋<その1>の続きです。

時間も押せ押せでホテルに向かい、夜7時過ぎ、「Blue Mountain Resort」に無事チェック・イン。

リゾートエリア内にいくつもあるホテルやコンドのうち、今回は、ショップやレストランなどが集まるThe Village内に位置する「Weider Lodge」に宿泊。
ゴンドラ乗り場のすぐそばにある便利なホテルで、プールやホット・タブもありました。
a0100975_1094133.jpg

a0100975_10143161.jpg

私たちが泊まったのは、1 Bedroom、フル・キッチン、暖炉付きのBachelor suite。
山のリゾートらしいインテリアがカワイイお部屋です。
a0100975_10131855.jpg

a0100975_10133259.jpg

7:30にレストランを予約していたので、とりあえず荷物だけ置いて急いでレストランへ。

数あるレストランの中から選んだのは、またまた大好きな「Oliver & Bonacini Cafe Grill」。
Villageの端っこにある「Westin Trillium House Blue Mountain」の1階にあります。
a0100975_10205154.jpg

さすが3連休、レストランの入口はWaitingのお客さんであふれかえっていてびっくり!!
混んでるだろうとは思ったけど、まさかここまでとは。。。予約は必須です。

すんなり席に案内してもらったものの、ダイニングは当然満席。
フードサーバーさんたちもホントに忙しそうで、捕まえづらい感はあったけど、それでも皆さん相変わらずきちんと接客されていました。

Thanksgiving Weekということでターキーのスペシャル・メニューがあったけど、今日はラムの気分だったので、2人揃ってラム・ラックをオーダー。
ジューシーでおいしかった!!ペロリでした(笑)
a0100975_10303077.jpg

ダンナはなかなかお目にかかれないOkanagan産の赤ワインを飲んでご満悦♪
さらに食後には、GODIVAリキュールの入ったスペシャリティ・コーヒーをオーダー。
どんだけ飲むねん!
でも、これがすごくおいしかったらしい。私はいつものようにラテですけど。
a0100975_10314032.jpg

もちろんデザートまでいただいて、すっかり豪遊しちゃったけど、昼がTimで6ドルだったから良しとしよう(^^;

夜のVillageはライトアップされていていい雰囲気♪
レストランを出る頃にはショップはほとんど閉まっていたけど、バーやナイトクラブ(?)もあるので、Village内はまだたくさんの人でにぎわってました。
a0100975_10384199.jpg


明けて2日目。
1日目にすっかりやり尽くした感があったので(笑)、2日目はゆっくり起床。
窓から外を見ると、起きたときはずいぶん雲が多かったものの、すぐに陽が射してきてお天気に♪
a0100975_10415117.jpg

チェック・アウトを済ませてから、まずはゴンドラでBlue Mountainの頂上を目指します。
a0100975_1048838.jpg

頂上といってもかなーり標高の低い山なので、ゴンドラもこんな簡易版(笑)
a0100975_10503180.jpg

リフトでもいいんじゃないか!?と思ったけど、360度見渡せるのが利点なのね。
a0100975_1053292.jpg

a0100975_10544645.jpg

いくら低いといっても、やっぱり頂上からの眺めは素晴らしい!!
下から見るとそうでもなかったけど、紅葉としてはちょっとピーク過ぎてるかな。。。
a0100975_1058391.jpg

なんと、頂上へはゴンドラだけじゃなくて、車でもあがってこれるみたい。
裏側に駐車場がありました。
もちろん低い山なので、歩いて登っている人も結構います。

尾根に沿ってトレイルもあるんだけど、頂上付近は紅葉も終わっていてさみしい感じ(^^;
夏はきっと気持ちよさそうだけど。

しかも、ちょっと歩き始めたら曇ってきてしまったので、早々に引き返してゴンドラで下へ。
振り返るとびっしりうろこ雲。秋ですねぇー。
a0100975_1132499.jpg

地上に着いて、まずはお気に入りの「Beaver Tails」で腹ごしらえ。
朝早くからさっそく行列ができてます。
a0100975_11205173.jpg

Beaver Tailは、オタワ生まれのビーバーのしっぽの形をした揚げ菓子。
さっくり揚がったドーナツのような生地に甘ーいトッピングが載っていて、見るからに高カロリー。。。
イケナイイケナイと思いつつ、でも、いろんな観光地で売ってるのを見かけたら、おそらく9割方買ってます(^^;
a0100975_11253621.jpg

アツアツのコーヒーも買って、Villageの広場に設置された薪ストーブ(写真中心の黒い三角柱)の前で朝ご飯。
この薪ストーブがすごく暖かくて気持ちよかったの♪
肌寒い日に、カナディアンがよく、ヒーターの焚かれたパティオで食事やコーヒーを飲んでいる気持ちがちょっとわかりました(笑)
a0100975_1131391.jpg


その後は、Village内をのんびり散策。
ショップをのぞいたり、写真を撮ったり、それほど広くないけど見どころがいろいろあって、思いのほか楽しく過ごせます♪
a0100975_11365490.jpg

a0100975_11354969.jpg


ウッド・カービングの実演販売してたり、
a0100975_11404435.jpg

こんなのっぽさんが登場してたり。
a0100975_11411357.jpg

スキー&スノーボード・ショップはシーズン・オフのセールでずいぶん安くなったりしてたけど、あまりめぼしいものはなく、今回はダンナが雑貨屋でお酒関係のグッズを買ったのみ。
2時間ほど散策して、Blue Mountainをあとにしました。

続いて、Blue Mountain Resortから車で10分ほどの町Thornburyへ。
ダンナ情報によると、その町の川の河口で、鮭の遡上が見られるんだとか。
ブロ友さんがBC州に鮭の遡上を見に行ってすごく感動したという話を聞いていたので、私も一度見てみたかったの。

昨日夕焼けに染まっていた湖は、今日は真っ青!!
これまた美しい~♪
a0100975_11591575.jpg

順調に車を走らせていると、もうその川まで100mというところで突然渋滞。
どうやらまさにその川にかかる橋が工事中らしい。。。

渋滞にハマりながらふと見ると、そこになんと「Antique Market」の文字が!
もちろん寄り道(^^)
a0100975_1201386.jpg

キレイにディスプレイされたコーナーと、雑多な倉庫に分かれた店内は、意外と広くて品物も充実。
a0100975_122541.jpg

私の狙いはもちろんキャンドルウィック♪
普段あまり見かけないハートのハンドルがついたプレートや、Cornflowerのシュガー&クリーマーもあったんだけど、結構高い。。。
はっきり相場がわからないからなんとも言えないけど、今回は見送りました。
今思うと、買っておけばよかった気もするなー。。。

30分たってAntique Marketから出てきても、まだまだ渋滞中。。。
しかたなく再び渋滞にハマって、やっとこ目的の川へ到着!
26号線と13号線の交差点の少し手前にあります。
a0100975_1263081.jpg

近くに車を停めて、橋の横にある階段から河岸へ。
橋の下がダムになっていて、その階段から見えるこのLadderを鮭が上ってくらしいの。
えー!こんなの上れるの!?
a0100975_12131387.jpg

しばらくLadderを見ていたけど、まったく鮭が来る気配がないので、とりあえず河口へ向かって河岸を歩いてみる。
川のすぐ縁を歩けるようになっているので、川をのぞけは魚がいるかどうかはわかりそう。
釣り人もたくさんいました。
a0100975_12162275.jpg

川にかかる小さな橋の上から見ると、陽が当たっている川の中心部分がよく見えるので、さらに探しやすい♪
(ダンナ撮影)
a0100975_12202337.jpg

しかし、30分ほど探したけどさっぱり見つからず、「やっぱりそんな簡単には見れないよね~」なんつって諦めて帰ろうとしていた時、河岸の浅い場所に1匹の鮭を発見!!
石で囲まれた流れの弱いところで休憩している感じで、私たちが近づくと、ゆらーっとまた泳ぎだしました。

なんだか想像していたのとちょっと違ったけど、とりあえず見れて良かったね~♪といったん川を離れ、ランチをとることに。
下調べも何もしてなかったので、とりあえずThornburyの短ーいメイン・ストリートをチェック。
レストランやベーカリーなど小さなお店が数軒並んでます。
a0100975_1245849.jpg

Thanksgivingのディスプレイもなんだかほのぼの(^^)
a0100975_12461338.jpg

結局、Sunday Brunchの看板を頼りに、川のすぐ横にあった「The Mill Cafe」へ。
気持ちの良いお天気だったので、リバー・ビューのパティオに通してもらいました。
a0100975_12341122.jpg

私は、今日のランチスペシャル、ローストビーフ・サンドとマッシュルームのスープ。
ま、普通においしかったです。
a0100975_12362071.jpg

ダンナはピーミール・ベーコンのエッグ・ベネディクト。
ベニーはもちろんだけど、付け合わせのフレンチフライがすっごくおいしくって、2人で競い合うように完食しちゃいました(笑)
a0100975_12382613.jpg

お腹も満たされて、「次はどこへ行こうかー?」と話していたんだけど、ちょっと名残惜しくなって、もうひと目だけ鮭の遡上を見ていくことに。

今度は河口付近まで車で行って、さっき見ていた小さな橋でリベンジ。
河口付近はこんなきれいなマリーナになってました。
a0100975_12421336.jpg

河口から見る湖の景色がホントに清々しい!!
a0100975_12475628.jpg

橋の上から川をのぞきこむこと数分、とうとうダンナが上ってくる鮭を発見!!
ちょっとまだら模様になっているからわかりやすかったとはいえ、ダンナの動物レーダーには脱帽です(笑)
(ダンナ撮影)
a0100975_12495692.jpg

流れに逆らって懸命に進む鮭、もっとスイスイ行くのかと思っていたら、ホントにちょこっとずつしか上っていけないの。
なのに、時に戻されながらも諦めることなく必死にふんばって上を目指す姿は、ホントに健気で感動!!
ついつい橋の上から「ガンバレ!ガンバレー!」って叫びたくなります。

なのに、そんな鮭を釣ろうとする若者たちが登場!!
ぎゃー!!やめて~!!釣らないで~!!!
でも、意外と釣れないのね(笑)

結局この日見れた鮭は4匹。
彼らがどんな罠にもかからず、無事目的の場所へたどり着けることを祈りつつ、川を出発。
このあとさらに滝を見に行こうと思っていたんだけど、鮭の遡上で満足した私たちは、そのまま家路につきました。

今回初めて訪れたGrey Countyエリア。
アルゴンキンとはまた違った広大な眺めは、思っていたよりも素敵で、もっと早く来ればよかったなーと思ったぐらいお気に入りに。

Geogean Bayをさらに西に進んだBruce半島もすごくキレイそうなので、今度はもっと時間をかけてこのエリアをゆっくり回ってみたいな。

オンタリオ州、まだまだ見どころ満載です!!



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-10-10 22:58 | 旅行

紅葉旅行2010秋<その1>Grey Countyを走る

カナダに来てから、紅葉を楽しむために毎年訪れている「アルゴンキン州立公園」。
だいたい紅葉の見頃は9月末~10月初旬なんだけど、今年は残念ながら別の予定があって行けず。

しかし、Thanksgivingの連休に出かけようとすると、アルゴンキンの紅葉にはちと遅い。。。
じゃあ今年は別の場所へでかけよう!と、オンタリオ州観光局のウェブサイト「Ontario Style」の紅葉情報を参考に選んだのは、Georgean Bayの南側、Blue Mountainなどが位置する
Grey Countyと呼ばれるエリア。

アルゴンキンよりは南だし、スキー・リゾートでおなじみ「Blue Mountain Resort」は立派なリゾート・エリアなので、紅葉以外も楽しめそう♪

最初はそれほど興味がなかったダンナも、インターネットで次々と美しい風景を探し出してきて、最終的にはこんなドライブルートまで完成させてくれました!
a0100975_16134859.jpg


そして、紅葉旅行でなんといっても大切なのがお天気!!
去年もおととしも絶好の時期に行ったのにお天気悪くて美しさ半減だったので、宿の予約もギリギリまで待って、木曜日に旅行決定!
幸いBlue Mountain Resortの宿がとれたので、Thanksgiving連休の土、日で出かけてきました♪

我が家からGrey County方面へのルートは2つ。
HW400でBarrieまで北上してから西へ進むか、HW407で西へ進んでHW410~HW10を北上するか。

やはりくさっても(?)3連休の初日、できるだけ混まない道&あまり通ったことのない道で旅行気分ってことで後者に決定。
さすがに週末朝8時のHW407はガラガラで快適♪
a0100975_16143336.jpg

HW410からHW10に入ってもまったく混むことなく順調なドライブ。
途中、HW10の両側にでっかい風力発電の風車群が出現!!
なかなか爽快な眺めでパチリ。
a0100975_1615580.jpg

午前10時過ぎ、ほぼ予定通りにダンナ作成マップのスタート地点に到達。
最初の観光ポイント、Eugenia Lakeへ。
真っ青な空と真っ青な湖がキレイ~♪ 向こう岸も紅葉してます。
a0100975_16154938.jpg

水もこんなに澄んでる!
a0100975_1616912.jpg


Eugenia Lakeを出てすぐ、Eugenia Fallsを偶然発見。
Grey Countyには数多くの滝が点在しているけど、ダンナ調べによると、ここはそうでもないと。。。
でも、せっかくだし!と行ってみたら、駐車場から数メートルの展望場所から見えたのは、滝の頂上部分のみ。。。
a0100975_16164870.jpg

私たちはそこで諦めちゃったんだけど、あとで調べてみたら、300mほどトレイルを下がっていくと、ちゃんと滝の全貌が見えたんだって!
まあ、展望場所から見た山が素晴らしかったので良しとします(^^;
a0100975_16172430.jpg


さらに北上を続け、Beaver Valleyと呼ばれるエリアをドライブ。
紅葉に染まるValleyがどこまでも続いています。
とにかく広大!!そして爽快!!
(1枚目ダンナ撮影)
a0100975_16175629.jpg

a0100975_16181514.jpg

途中のBeaver Valley Lookoutからの紅葉も美しい~。
a0100975_16183486.jpg

ダンナは猛禽類の追っかけに夢中。
一軒家の上を飛んでいたTurkey Vulture(姫コンドル)を必死に撮影していたら、犬に吠えられて家主さんに不審者と間違えられる勢い(笑)
(ダンナ撮影)
a0100975_1619560.jpg

このあたりはリンゴ農園が多いらしく、ドライブルートからちょっと外れたClarksburgという町で、アップル・ピッキングのできる農園「Farmer's Pantry」を発見。
時間がなかったのでピッキングはしなかったけど、リンゴ畑に近付くといい香りがしてました(^^)
a0100975_16193159.jpg

a0100975_16194538.jpg


その後もダンナの作ったドライブマップに沿って、Grey Countyの美しい景色や観光スポットに立ち寄りながらドライブは続く♪

Beaver Valleyを縦に流れるBeaver River。
ホントにビーバーの巣がありました!
a0100975_16202497.jpg

爽快な眺めを楽しみながらピクニックができるEpping Lookout。
実際、フェラーリなどの高級外車サークルらしき方々がピクニックを楽しんでいらっしゃいました。
(ダンナ撮影)
a0100975_16205514.jpg

赤い屋根がかわいらしいホテル「The Falls Inn」のすぐ横にあるWalters Falls
(ホテルは素敵だったけど、滝はちっちゃくってたいしたことなかった。。。)
a0100975_16211941.jpg


ダンナ渾身の作のドライブマップ、ルートは完璧なんだけど、なぜか見どころスポットの位置があいまい。
「じゃあ、次の○○はどこ??」と聞くと、「だいたいこのへん。」みたいな。。。
看板も小さくて見落とすスポットも多々あり、ずいぶんと行ったり来たりの珍道中です(笑)

湿地帯のボード・ウォーク・トレイル「Bognor Marsh」も、こんなでっかい看板出てるのにまったく気付かず、「あれ?今の場所、車がたくさん停まってるからそうかも。」とUターンしてなんとか発見(^^;
a0100975_16215710.jpg

人の全然いない林の中を恐る恐る進んでいって。。。
a0100975_16221980.jpg

無事ボードウォークに到着!静かで爽快な景色が広がります。
a0100975_16224332.jpg

このボードウォーク、最初の方はかなり揺れるのでちょっとコワいです。。。
a0100975_1623147.jpg

Bognor Marshを出る頃にはもう2時過ぎ。
さすがにお腹が空いたので、このあとは急ぎ足でOwen Soundへ。

Timで軽めにランチを済ませ、続いては、Big BayからWiartonを通って、小さな半島をくるっと一周。
紅葉のValleyから一転、ここからはGeogean Bayの広大な湖の風景を楽しみます。
a0100975_16241293.jpg

途中、Owen Soundの街からほど近いIndian Fallsへ寄り道。
紅葉に染まる川沿いのトレイルを歩いて滝へ向かいます。
a0100975_16244393.jpg

しかし、このトレイルが川に浸食されてかなり荒れ気味。
チキンな私たちはあっさり断念し、またもや滝を拝めずに終わりました(T_T)

引き続き北上し、Big BayではSkinners Bluffを臨む絶景に遭遇!
真っ青な湖の向こうに見える、ナイアガラ断層の白い壁は圧巻。
a0100975_16253350.jpg

a0100975_16255126.jpg

私たちのいる側にも、同じような断層が連なっています。
a0100975_1626463.jpg

Big Bayを過ぎてしばらく走ると、小さな町Wiartonに到着。
Wiartonは、毎年2月のGroundhog Dayに春を占うイベントが行われる場所であり、そのシンボル的グラウンド・ホグWillieの故郷。
ダンナから「WiartonにWillieの像があるらしいよ」と聞いて、ホグさん好きの私はどうしてもその像が見てみたかったの。

しかし、先ほど申し上げたとおり、今回の旅行、ルートは完璧でも見どころスポットはあいまい。。。
ダンナからは「たぶん町のどこかにあると思う。」という回答が(T_T)

小さな町だし、どこかで聞けばわかるだろうと思っていたんだけど、ここで私たちの抜群の野生の勘が働き、本当に、偶然にも、町のはずれの湖畔でWillie像を発見!!
きゃー!!嬉しすぎる!!
a0100975_16272688.jpg

思っていたよりもカワイイ作りで、アラフォー夫婦、Willie像の前で小躍り♪
もちろん一緒に写真も撮ってきました(^^)

大満足でWiartonをあとにし、再びOwen Soundへ戻る途中にもうひと滝。
Owen Soundの街からほど近いJones Fallsへ。

しかし、これがまたわかりづらい!!
Pottawatomi Conservation Areaの中に滝があるんだけど、道路から見える看板ほとんどなし。
HW6沿いにあるVisitor Centreの前に車を停め、トレイルの入口に近付くと、そこの看板に小さく書いてあるだけだった。。。

そして、看板を一生懸命解読してトレイルを進んでいくと、とうとう滝とご対面!!
こちらも上からだけど、豪快な流れはなかなかの迫力です。
a0100975_16305517.jpg

滝つぼまでの川の流れも美しく、なかなかフォトジェニック♪
滝4個目にして、ようやっとまともに見られました(笑)
a0100975_163256.jpg

ホントは、Inglis FallsやWeaver Creek Falls(Harrison Park内)など、まだまだ必見の滝があったんだけど、残念ながら時間切れ。次回のお楽しみとなりました(^^;

この時点でもう6時過ぎ!
夕日を背に、急いで本日の宿「Blue Mountain Resort」へ向かいます。
前方の山々が夕日の反射を受けてピンク色♪
a0100975_16392580.jpg

そして湖もすごく幻想的!
時間がないにもかかわらず、あまりにもきれいだったので車を停めてパチリ。
夕日が沈む方向じゃないのに、こんなにキレイに染まるものなのね~。
(1枚目ダンナ撮影)
a0100975_16415614.jpg

a0100975_1642127.jpg

こうして7時過ぎ、無事Blue Mountain Resortに到着。
およそ5時間で周るルートを、なんと8時間もかけて周ってしまった(^^;

長くなったので、この続きはまた明日。
<その2>へ続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-10-09 22:07 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<最終日>Nova Scotiaの絶景

アトランティック・カナダ周遊7日目です。
翌朝早いフライトでトロントに戻るので、事実上、今日が旅の最終日。
1日かけて、世界遺産のLunenburgとHalifaxのダウンタウンを訪れます。

ホテルで朝ご飯を食べて、8時半に出発。
Nova Scotia州にある11のドライブルートのうち、Halifaxから西へ延びるLighthouse Routeを辿ってLunenburgへ向かいます。
a0100975_12194212.jpg

昨日とはうってかわって、今日は真っ青な空がまぶしい快晴!!
最終日が晴れてよかったぁ!テンションもあがります♪
a0100975_12245761.jpg

Lunenburgに行く途中、まずは有名なPeggy's Coveの灯台に寄り道。
最初は「ただの灯台でしょー?」くらいに思ってたんだけど、ダンナが会社の同僚もまっさきにPeggy's Coveに行くよう言ってたらしいので、これは見とかねばと思って。

白い岩壁にそびえるまっ白な灯台。
空の青に映えて、とっても絵になる風景です。
a0100975_12563842.jpg

灯台のそばにはお土産屋さんなどがあって、ツアーバスも来ている一大観光スポット。
そんな有名なところだったとは知らなかったぁ。

もちろん、岩の上を歩いて灯台のそばまで行くことができます。
灯台の下でおばさまがアコーディオンを弾いていたり、バグパイプを演奏するお姉さんもいて、その音楽がなんだか灯台の景色とマッチしてカッコよかった♪
a0100975_12575214.jpg

そして、真正面には180度水平線が広がる海!!うーん、爽快!!
みんな岩の上に座ったり寝転んだりして、この景色を楽しんでました。
a0100975_12594439.jpg

灯台の左側は、ずぅーっと岩壁が続いていて、遠くまで歩いていけます。
こんな風に歩けるような自然の岩壁が繋がってるのって珍しいかも。
a0100975_1325447.jpg

私もせっせと歩いてみたけど、ここで断念(^^;
最初はあまり期待してなかったけど、雲ひとつないお天気のおかげで大満喫でした(^^)
a0100975_1353240.jpg


ふたたび西へと車を走らせ、お昼前にLunenburgの港に到着。
カラフルな色に塗られたかわいらしい建物が並びます。
a0100975_1319427.jpg

a0100975_13191894.jpg


マリーナ沿いにはたくさんのレストランやお土産屋さんがあって観光地らしい雰囲気。
観光馬車もいました。
a0100975_13203920.jpg


ひときわ目を引く真っ赤な建物は、博物館「Fisheries Museum of the Atlantic」。
この博物館に入ると、10セントコインの裏に印刷されている有名な帆船Blue Nose II号(レプリカ)をそばで見れるみたい。
(船自体は港に停まっていたけど、一般の人は船のすぐそばのデッキには入れないようになってました。)
a0100975_13271620.jpg

同じ建物にあるギフト・ショップとレストランは誰でも入れるので、今日のお昼はここのレストラン「Old Fish Factory Restaurant」に決定!
a0100975_1332191.jpg

店内は船をモチーフにしたインテリアと、イギリスを思わせるタータンチェックが素敵♪
a0100975_13343674.jpg

窓際の席からは入り江が一望。
ときどき観光ヨットが通ったりしてました。
a0100975_1337584.jpg

Nova Scotiaもやっぱり基本はシーフードなんだけど、今回はちょっと変わったものをオーダーしてみました。
まずは、季節のスープとカラマリ・フライ。
a0100975_13411187.jpg

スープは、なんとニンジンとカレーのスープ。
これがニンジンの甘味とスパイシーなカレーがマッチして美味♪
たっぷりサイズのボウルをふたりでシェアしてもボリューム満点でした。

カラマリ・フライは、なんとバルサミコ酢とスイート・チリソースがけ。
これがすごくおいしかった!!意外な組み合わせだけど、私たちとしてはかなりヒット!
これ家でもやってみよ~♪

メインは、ダンナがHaddockの中にシーフードのクリーム和えがはさまってる一品。
(名前忘れちゃったけど、期間限定メニューらしい)
これもまた淡白なHaddockにシーフードたっぷりのクリームが絶妙のバランス!
a0100975_1345484.jpg

私のメインは、シーフード・ラップ。
ロブスター、カニ、エビ、ホタテに野菜もたっぷり入ってかなりボリューミィ。
シーフード三昧旅の最終日に、ちょっと変わったものが食べられて良かった(^^)
a0100975_13481945.jpg


食事の後は、この港の対岸へ。
ガイドブックなどで見かけるLunenburgの写真は、港の風景を対岸から写したもの。
カメラ好きとしては、そのかわいらしい風景をぜひ写真に納めなければ!

道もわからないまま、とりあえず対岸方面に向かって車を走らせていくと、行き止まりはゴルフ場!
バックしようとしたら車が来てしまったので、ゴルフ場の駐車場でこっそり写真を撮らせていただきました(^^;

うん、これこれ!やっぱりカワイイ♪
a0100975_13562748.jpg

ルーネンバーグの景色を堪能した後は、もと来たドライブルートを戻ってHalifaxのダウンタウンへ向かいます。

その途中、Mahone Bayの町を通過。
ルーネンバーグのようなカラフルな建物やかわいらしい教会が並びます。
a0100975_1455451.jpg

a0100975_1461557.jpg

ガイドブックによると、このあたりはPewter(すず)工芸のお店も多いらしいので、寄りたいな~と思ったけど、時間がないので我慢。。。

そして、約1時間半でHalifaxのダウンタウンに到着。
ショッピングモールの駐車場に車を停めて、徒歩でダウンタウンを散策します。
a0100975_1495847.jpg


まず最初は、「Halifax Public Gardens」へ。
立派な門構えにちょっとたじろいじゃったけど、無料です♪
a0100975_14131743.jpg

園内にはたくさんの花たちが植えられて、とってもきれいに整備されてる!
地元の人たちの憩いの場って感じで、たくさんの人がお散歩を楽しんでいました。
(3枚目ダンナ撮影)
a0100975_14161988.jpg

a0100975_14163716.jpg

a0100975_14171840.jpg

続いて、港へ向かって坂を下り、要塞「Halifax Citadel」へ。
a0100975_14215842.jpg

でも、Citadelには入らず、ここでのお目当ては時計塔「Old Town Clock」。
200年も変わらずここで時を刻み続けているんだそう。
a0100975_1423562.jpg

Citadelへ向かう高台からは、ダウンタウンが一望できます。
(この写真は拡大しています)
a0100975_14245136.jpg

さらに港に向かって坂を下り、ダウンタウンの街中へ。
やっぱりトロントよりは小さいけど、古めかしさもいい雰囲気。
a0100975_1427129.jpg

そびえるBank of Nova Scotia。本店かなぁ?
a0100975_1428015.jpg

坂を下りきったところがHalifaxのハーバーフロント。
観光船やフェリーが出て、たくさんの人で賑わっていました。
a0100975_14313510.jpg

a0100975_14322966.jpg

こんなかわいらしい船も。ポンポン船みたい。
a0100975_14332355.jpg

フェリー乗り場の隣には、1800年代の建物を再現したという商業施設「Histric Properties」が。
歴史ある石造りの建物がいい雰囲気。
a0100975_14413717.jpg

a0100975_14432880.jpg

敷地内には、アートやクラフトのお店やレストランなどが入っていて、ちょっとディスティラリー地区と似た感じ。
a0100975_14442679.jpg

ホントはここにお目当てのお店があったはずなんだけど、どうやらお引越ししてしまったようで見つけられず。

しかたなく次のポイント、ダンナお待ちかねの、Nova Scotia産ビール「Alexander Keith's」のブリュワリーへ。
a0100975_14493543.jpg

吹き抜けが開放感ある建物の中には、レストランやグッズ・ショップが入ってます。
a0100975_14505891.jpg

もちろん試飲付きのガイド・ツアーも。
民族衣装(?)を着たお姉さんが、ものすごい演技力でガイドしてました(笑)
a0100975_14521144.jpg

ダンナは限定グラスなどをGetしてホクホク顔。
せっかく来たので、出来立てビールをいただくべく(ダンナがね)、ここのレストラン「Red Stag Tavern」で軽めの晩ご飯。
a0100975_14564140.jpg

店内はいかにもビアパブっぽい雰囲気がいい感じ。
Keithらしさもちらほら出ていて、"ブリュワリーのパブ"気分満開。
a0100975_1458389.jpg

a0100975_14595055.jpg

a0100975_1459273.jpg

Alexander Keith'sのドラフトは全部で5種類。
ダンナは最初にPremium Whiteを飲んでから、全種類を4ozずつ楽しめるSamperセットをオーダー。きゃー!カワイイ!!
a0100975_1544370.jpg

バーテンダーのお兄さんもカッコいいし、ウエイトレスさんのタータンチェックのミニスカもカワイイし、飲めない私もビアパブの雰囲気に大興奮♪

しかし、料理はフツー。。。いかにもビアパブ味。
オーダーしたのは、またまたムール貝と、ロブスター・ディップ。
どちらもNew BrunswickやPEIで食べたやつのが数段おいしかったな。
a0100975_1574350.jpg

でも、ダンナもご満悦だし、私も楽しかった♪
帰りは腹ごなしがてら、坂道をえっちらおっちら上って駐車場まで戻ります。

昼間はかなーり暑かったけど、陽が落ちてきてお散歩にはちょうどよい感じ。
まだまだ古い建物がたくさんあって、歴史を感じる街並みです。
a0100975_15123360.jpg

a0100975_15121057.jpg

こうして7日目もたっぷり遊んで、とうとうアトランティック・カナダ周遊旅行もおしまい。
レンタカーを返してホテルに戻り、翌朝9時の飛行機でトロントに戻りました。
a0100975_1517015.jpg

思っていた以上にアトランティック・カナダは雄大だった!!
いちおう見ようと思っていたところはほぼ見れたし、7日間もあれば余裕かなーと思っていたけど、帰ってきてから地図で確認したら、ほんの一部しか見て回れてなかった。
なんといってもシーフードがびっくりするほどおいしかったので、もし機会があったらもう一度行きたいなー(^^)

長々と続いた旅行記もこれにておしまい。
明日からは通常ブログに戻ります。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-23 22:15 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<6日目>雨だから

アトランティック・周遊6日目です。
今日でPEIはおしまい。夜にはNova Scotia州Halifaxへ戻ります。

しかし、この日の天気予報は1日雨。
朝イチからどーんより、今にも降り出しそうです。。。
a0100975_105457.jpg

ドライブ旅行の場合、お天気悪いと楽しさ半減。
旅の疲れもたまってきたことだし、今日はのんびり出発することに。

この宿ではコンチネンタル・ブレックファストがついていたので、ちょっと寒いけどテラス席でゆっくり朝ごはん。
a0100975_1091652.jpg

パンやマフィン、シリアル、ヨーグルト、フルーツ、コーヒーなどがいただけます。
マフィン、しっとりでおいしかった♪
a0100975_10131256.jpg


10時過ぎにチェックアウトし、PEI National Parkへ向かう途中で早くもパラパラ。。。
雨じゃ行ってもしかたない。。。と、Cavendishの町中にあるショッピング・プラザに行き先変更、着いて5分後にはどしゃ降りに。。。
(雨がひどくて、ショッピングプラザの写真すら撮れませんでしたよ)

雨が降っててできることといったら、食べる事か買う事しかないよねぇ。
むかーし清里に行ったときに、雨のおかげで3回もらく焼きしちゃったことあったな。。。

ってことで、ショッピングプラザでベタなお土産を購入し、続いて隣町New Londonにある陶芸のお店「Village Pottery」へ。
a0100975_10584118.jpg

かわいらしい一軒家ショップの中に入ると、食器や花瓶などの陶芸作品がずらり。
どれも繊細ながらぽってりとした温かみがあって、また発色がとってもキレイ!
お値段も結構お手頃です。

特にベリー色のシリーズに心奪われてしまった私、30分以上あれこれ手にとって悩んだ末、結局ベリー色シリーズではなく、PEIっぽいコチラをお買い上げ。
PEIに咲くルピナスが描かれたピアススタンドです。
a0100975_1184054.jpg

こちらのお店には、なんと日本人の陶芸家さんがいらっしゃいました。
こんな素敵なところで作陶して暮らすなんていいな~。
私も久しぶりに作りたくなっちゃいました。

そういえば、今回の旅行では、日本人はおろかアジア人にほとんど会いませんでした。
PEIにはもっと日本人がたくさん来てるんじゃないかと思ってたけど、会ったのは3日間で4人ぐらい。(赤毛のアンスポットに行かないから?)

おなじみ中国人観光客御一行様も「Hopewell Rocks」で一度見ただけだったし、やっぱりアトランティック・カナダってマイナーなのかね。

「Village Pottery」を出た後は、PEIで一番有名な風景といっても過言ではないFrench Riverの展望スポットへ。
a0100975_11365435.jpg

・・・やっぱり雨だとねぇ。。。あーお天気で見たかったなぁ~!
a0100975_11311182.jpg

見所なくて時間もて余すかなーと思いきや、もうお昼。
PEIに来たら、ロブスター、ムール貝と並んで食べておきたいのが、オイスター♪
ガイドブックにも載っていた、Stanley Bridgeにある「Carr's Oyster Bar」でランチをいただくことに。

「Carr's Shellfish」という魚屋さんの直営店ということで、新鮮な魚介類がリーズナブルに味わえるとか。
レストランは、魚屋さんから100mほど離れた場所(橋を渡りきったところ)にあります。
a0100975_11481764.jpg


ウッディでこぎれいな雰囲気の店内。
入店した時はすいてたけど、出る頃にはかなーりにぎわってました。
a0100975_11561457.jpg


大きな窓からは港が一望。
晴れてたらパティオが気持ちいいんだろうなー。
a0100975_11572686.jpg

さっそくお目当てのオイスターから♪もちろんPEI産で、サイズでオーダーします。
私たちはSmallを5つオーダー。

店内にあるアイス・テーブルに置かれたオイスターを、お姉さんがその場で割って出してくれます。
a0100975_1244340.jpg

うん!これぞフレッシュ!!
のど越しがよいというか、舌触りがよいというか、とにかくちゅるっちゅるです!!
a0100975_1212498.jpg

そして、前日に食べてあまりにもおいしかったので、ムール貝もオーダー。
今回は、ガーリック・ワイン蒸し。もちろんおいしい(^^)
もうトロントではムール貝食べられないかも。。。
a0100975_1231177.jpg

この旅で初めて見つけたクラム・チャウダー。
たいていシーフード・チャウダーって書いてあって、確かにクラムは入ってなかったかも。。。
ここのは名前の通り、大きなクラムがたくさん入ってました♪
a0100975_1265278.jpg

大満足のランチを終え、まだ1時半だけど雨は相変わらずやみそうにない。
これじゃ長居してもしかたないし、Nova Scotiaで行きたいところがあったので、このままドライブルートに沿って南下し、Nova Scotiaへ向かうことに。

Central Coastal Driveの北側ルートはこんなサイン。
これってアンの家がモチーフなのかな?
a0100975_12171165.jpg

途中、「Anne of Green Gables Museum」の前を通過。
博物館は有料だけど、ギフトショップは無料らしいです。
a0100975_12215730.jpg

a0100975_12264577.jpg
道路をはさんで向かい側の「輝く湖水」も、残念ながら今日は輝かず。。。
馬車で湖沿いを周れるらしいです。
a0100975_1225815.jpg


雨の中、今日はほとんど停まることなく車を走らせ、ちょっとマックに寄り道してから、Confederation Bridgeのふもとにある商業施設「Gateway Village」に到着。

ここで、「PEIを出る前に必ず寄らねば!」と思っていた「COWS」でおやつ休憩♪
a0100975_12344439.jpg

「COWS」はカナダで数店舗展開するPEI生まれのアイスクリーム屋さん。
オンタリオ州だとナイアガラ・オン・ザ・レイクにあります。
a0100975_1442542.jpg

アイスだけじゃなくて、牛にひっかけたこんなオリジナルのパロディTシャツなども販売。
プッて笑っちゃうかわいさもあるんだけど、ちょっと着れないなぁ。。。
a0100975_12503165.jpg

たくさんあるフレーバーからさんざん迷って、ダンナはラズベリー・チョコチップ(左)、私はストロベリー(右)をチョイス。
コーンはちょっと贅沢してチョコレート付きにしちゃいました♪
a0100975_12463787.jpg

ストロベリー、とってもクリーミーで美味!
ラズベリー・チョコチップも、ラズベリーの風味とダークチョコチップが合います♪

これで思い残すことなくPEIをあとにし、Confederation Bridgeを渡ってNew Brunswick州からNova Scotia州に入ります。

Confederation Bridgeは、PEIに入って来るときには通行料(C$42.50)は支払わず、出るときだけ払うのね。
ホントは私たち、帰りはフェリーにしようと思っていたんだけど、フェリーもどうやら同じ仕組みらしいです。

海の上はさらに荒れ模様。。。橋の向こうが見えません!!
a0100975_1325039.jpg

New Brunswick州に上陸しても、お天気はまったく変わらずどっぷり雨。
視界の悪い中、爆睡中のダンナを横目に頑張って運転し、Nova Scotia州にある次なる目的地へ。

それは、Pewter(すず)工芸品で有名な「SEAGULL」の直営店
トロントでもたまに扱っているお店があるけど、どこも種類が少なめ。
ここなら品数も豊富だし、アウトレット品も売っているのでぜひ来てみたかったの♪
a0100975_1392390.jpg

しかし、営業時間を知らなかったので、到着したのはなんと閉店15分前。。。
(5時閉店の日と5時半閉店の日があります)
かなり駆け足で広い店内を物色し、ウインドベル、PEIのオーナメント、ピアスを購入。
どれも現品限りやアウトレット品で、かなりお安く手に入りました♪
a0100975_13433184.jpg

ホントはフォトフレームも欲しかったんだけど、あまりにたくさんありすぎて選びきれなかった(T_T)
機会があったらもう一度来たいけど、ちょっと辺鄙なところだから無理かなぁ。。。

ここからHalifax空港近くのホテルまでたどり着くには、まだ2時間近くドライブ。。。
小腹がすいてしまったので、ここでPEIで買ってきたマック・ロブスター(McLobster)をいただきます!!
おおぉー!容器も立派!
a0100975_13482776.jpg

地域限定・期間限定で販売しているこのMcLobster、限定品好きの私としては見逃すわけにはいかないので、Confederation Bridgeへ向かう途中にテイクアウトしておいたの♪

マックとはいえ、ロブスターロールともなるとさすがにお値段お高めの約6ドル。
ロブスターと野菜がマヨネーズで和えてあるタイプで、レストランで食べたやつにはかないませんが、なかなか美味でした♪(ま、お値段半分以下だしね)
a0100975_13595592.jpg


お腹も満たされたところで、ダンナに運転を交代してもうひと頑張り。
雨も上がった7時半過ぎ、やっとこ本日の宿「Quality Inn Halifax Airport」に到着。
Halifaxのダウンタウンからは少し遠いけど、空港そばの快適ビジネスホテルです。
a0100975_1434042.jpg

部屋も広々、ワイヤレスインターネット完備(速度遅めだったので、モデムみたいのを借りました)、ビジネスセンターでパソコンも自由に使えるし(しかも日本語読めた!)、ロビーにフリー・コーヒーとマフィンのサービスもあり、もちろん空港送迎も無料!
a0100975_2362251.jpg

おまけに、Liveロブスターのテイクアウトも受け付けてくれるとか。
ちょっと惹かれたけど、やっぱり現地で食べた方がおいしいに決まってるのでやめときました。

今日は雨だからって、食べることと買うことばかりになっちゃったけど、そっちの目的はすべて果たせたので、とりあえず満足♪

いよいよアトランティック・カナダ周遊も明日が最終日。
世界遺産のルーネンバーグとHalifaxのダウンタウンを訪ねます。

7日目に続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-22 23:36 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<4日目>PEIの素敵B&B

アトランティック・カナダ周遊4日目です。
今日でNew Brunswich州とお別れ、プリンスエドワード島(PEI)へ移動します。

この日は朝からあいにくの曇り空。
Fundy Coastal Driveの風景も、前日に比べるとパッとしません。。。
a0100975_8295013.jpg


St. Andrewsへ行くときにも通った「Fundy National Park」を再び通過。
前日シカを見た道路を進んで行くと、Hasting Auto Trailという道を発見。
自動車専用のトレイルなんて初めて!
a0100975_834867.jpg

もう一度シカを見たくって、2kmぐらいの細いジャリ道をゆーっくり進んでみたけど、残念ながら会えませんでした(T_T)
a0100975_8355031.jpg


その後、同じくPark内にあるDickson Fallsへ。
きちんと整備された短いトレイルを下って行きます。
a0100975_8413525.jpg

緑深いトレイルはマイナスイオンたっぷり!癒されるぅー。
a0100975_843285.jpg

a0100975_8441546.jpg

5分ほどで滝の一番下に到着。
豪快ではないけど繊細な美しい流れ。ちょっと日本を思い出す感じ。
a0100975_8471328.jpg

滝は何段にもなっていて、滝に沿ってウッドデッキを上って行くと、また違った表情が見られます。
a0100975_84810100.jpg

そして、これが一番上の滝。とっても美しい!
(シャッター速度を変えて撮ってみました)
a0100975_850268.jpg

マイナスイオンをたっぷりもらって楽しく寄り道しながら、PEIを目指してさらに東へ。

ときどき見かける、お家の前に置かれた小さな灯台。(ライトかな?)
これもアトランティックっぽくて好き♪
a0100975_951650.jpg

New Brunswick州からPEIに渡る手段は、有料道路「Confederation Bridge」。
全長約13kmもある橋で、凍結する水上にかかる橋の中では世界一長いんだそう。
(ちなみに世界一長い橋は、約38kmもあるんだって)
(ダンナ撮影)
a0100975_9353464.jpg

橋の両側にはもちろん海が広がってるわけですが、フェンスが高くて景色はあまり見えましぇん。。。
Confederation Brigdeも終盤に差し掛かると、いよいよ目の前にPEIが!!
(ダンナ撮影)
a0100975_940487.jpg

橋を渡りきったすぐ脇に「Gateway Village」というショッピングプラザを発見。
カラフルな建物が連なり、観光案内所やお土産屋さん、酒屋さん、アウトレットショップなどが並びます。
a0100975_9493789.jpg

a0100975_950256.jpg

まだPEIに着いたばかりだってのに、ここでさっそく小躍りしてお土産を購入(笑)
New Brunswickと違って、PEIの方がより観光地化されている印象。

ここから南の海岸線を通って、PEI州都Charlottetownへ。
PEIにも3つのドライブ・ルートがあって、今日はCentral Coastal Driveを走ります。
a0100975_1064095.jpg


小高い丘と緑の大地が広がるのどかな風景。
北海道の富良野や美瑛と似てるけど、水と緑のコラボはPEIならではだね。
a0100975_102596.jpg

a0100975_105253.jpg

ゆっくりドライブしながら6時半頃Charlottetownに到着。
今夜はCharlottetownの町中にある5つ星B&B「Shipwright Inn」に泊まります。
赤い屋根と手入れされた前庭がとってもかわいらしい外観。
a0100975_10355026.jpg

普通のお家にお邪魔するみたいに玄関のベルを鳴らすと、笑顔でオーナーご主人がお出迎え。さっそく館内を案内してくれました。

外観は思ってたよりこじんまりしてる印象だったけど、中は意外と広くて、しかもとっても素敵☆
広いダイニング・ルームにはアンティークな家具や食器など、オーナーご夫妻こだわりのインテリアがたくさん!
ブリティッシュなティーカップでコーヒーや紅茶、奥様お手製の焼き菓子を無料でいただけます♪
a0100975_10495389.jpg

a0100975_10501275.jpg

ピアノが置かれたリビングルームでは、たくさんの雑誌や無料のソフトドリンクを飲みながらくつろげます。
a0100975_10531752.jpg

階段や玄関ホールにもかわいらしいディスプレイ♪
宿の名前からもわかるように、船に関するコレクションが多いみたい。
a0100975_10554597.jpg

私たちのお部屋は建物の2階。
Hopewell Rocks Motelもそうだったけど、こういった宿はエレベータがないのがちょっとつツライんだけど、今回はご主人がちゃんと運んでくれました(^^)

そして、私たちのお部屋がコチラ!
とっても広くて素敵なリビングはオリエンタルなイメージ。
a0100975_1105584.jpg

a0100975_1111039.jpg

置かれたテーブルやイスもアンティークで、とても大事に使っている感じが好印象♪
a0100975_1134317.jpg

別室の寝室もカワイイ!!小さいけどバルコニーも付いてます。
a0100975_1124625.jpg

そしてなんと、バスルームにはジャグジー!!!きゃー!ゴージャス☆
a0100975_115308.jpg

しかし、喜んでいたのもつかの間、急に一抹の不安がよぎる私。。。
この宿、PEI観光局のウェブサイトから予約したんだけど、部屋のタイプによって値段が違うので、部屋を指定して予約したの。
確かこの部屋(Officer's Wardroom)はこの宿で一番高い部屋で、私が予約したのはもっと安くて狭い部屋(Wheelhouse)だったはず。。。

あわててメールをチェックしたら、やっぱり狭い部屋が正解。
しかもこの部屋とはC$100以上値段が違うし!!

この宿に着いたとき、私は自分のファースト・ネームしか言わなかったのに、ご主人は何の確認もせずにどんどん宿の説明をして、私たちを部屋へ連れて来てくれた。。。
もしや勘違いでは!?

ダンナは、「すごくいい部屋だし、気に入っているならC$100多く払ってもいいんじゃない?」なーんて太っ腹なことを言ってくれたけど、ホントに勘違いだったら他のお客さんにも迷惑がかかるし、やっぱり気になって眠れないじゃん!!

・・・ということでご主人に確認したところ、間違いではなく、アップグレードしてくれたとのこと♪
なななんてありがたい!!不安から一転、超ラッキーになりました(^0^)

これでひと安心して夜ご飯。
今日はシーフードのパスタを食べたい気分だったので、ご主人に勧められたイタリアン「Castello’s Ristorante」に決定!
a0100975_1130156.jpg

レストランは、B&Bから徒歩10分ほどのレストラン街「Victoria Row」の一角。
店頭のパティオはどのレストランもほぼ満席で、通りの真ん中に設置されたステージではJazzの演奏が行われてました。
a0100975_11345391.jpg

私たちは店内で。イタリアっぽい雰囲気ある造りがいい感じ。
a0100975_11365254.jpg

ここではもちろん、念願のシーフード・フェトチーネをオーダー。
ロブスターは入ってなかったけど、ムール貝やエビ、ホタテがたっぷり!
a0100975_11391281.jpg

そして、ピザがおいしいとのことだったのでプロシュートのピザも。
生地が薄くてモチモチ!おいしかったです(^^)
a0100975_1144638.jpg

お部屋に戻ってきてからは、さっそくジャグジーでリラックス♪
でも、意外と音が大きかったり、勢いが強すぎたりして、あまり長いこと入っていられなかったけど(^^;
入浴後は、バスローブにくるまってお手製レモネードをいただきつつ、インターネットで翌日の情報収集。
小さな宿だけど、ちゃんとワイヤレスインターネットもエアコンも完備されているので快適♪
ラグジュアリーな夜を過ごせました(^^)

翌日はPEIをぐるっとドライブ。
5日目に続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-20 22:45 | 旅行

アトランティック・カナダ周遊旅行<2日目>自然って不思議

アトランティック・カナダ周遊2日目です。

昨日に引き続き、今日もメインはNew Brunswick州にある「Hopewell Rocks」。
いよいよ干潮時の海底を歩きます♪

この日の干潮時刻は午後12時過ぎ。
海底を歩ける時間帯は干潮時刻の前後3時間なので、午前中はNew Brunswickをドライブすることに。
お昼までには戻ってこなくちゃいけないので、まだ朝もやのかかる午前7時にモーテルを出発!
a0100975_8333292.jpg


New Brunswick観光局のウェブサイトによると、州内の景色を楽しむための5つのドライブルートが設定されているとのこと。
今回は、New Brunswickの東側の海岸線を走る「Acadian Coastal Drive」をチョイス。
爽快な海の景色を楽しみます♪
a0100975_8442554.jpg

a0100975_937117.jpg


ドライブルートには、それぞれのルートのシンボルマークが設置されているので、そのマークを道しるべに進んでいきます。
これがなんだか宝探しみたいで楽しい♪
a0100975_8491070.jpg

ところが、ドライブルートが途中工事で通行止めになってたりして、そのたびに迂回させられると、土地勘のない私たちはルートに戻ってくるのが大変!
おかげでドライブ・ルート上にあるはずの目的地になかなかたどり着けず右往左往(T_T)

タイム・リミットも迫り、もしや見れずに終わるのか!?と焦り始めたところで、ようやっと目的地「La Dune de Bouctouche」を発見!
あーよかったぁー(^^)
a0100975_12172454.jpg

12kmにおよぶ細長ーい砂丘に、うねるように2kmのボードウォークが敷かれています。
a0100975_9111485.jpg

すぐ真横に海を見ながらのんびりお散歩。
ボードウォークは歩きやすくていいね♪
時間がなくて一番先端までは歩けなかったけど、爽快な気分を味わえました。
a0100975_9161064.jpg

まだAcadian Coastal Driveのほんの一部しか走れなかったけど、残念ながらここでタイムリミット。
車をすっ飛ばして、なんとか12時前にHopewell Rockまで戻ってこれました(^^)

朝から何も食べてないので、Hopewell Rocks Park内のカフェ・レストラン「High Tide Cafe」でとりあえずランチ。

私は、楽しみにしていたロブスター・ロール♪
ロブスターのむき身とセロリのマヨネーズ和えがたっぷりはさまってます!
a0100975_944384.jpg

ダンナはフィッシュ&チップス。衣サクサク、中ふんわりで美味♪
一見小さそうだけど、大量のポテトのせいです(笑)
a0100975_9472428.jpg

お腹も満たして、いよいよ海底散歩へ!
おー!バッチリ潮が引けてます!
a0100975_1044225.jpg

昨日の満潮時と比べると、まったく別世界。
a0100975_1052582.jpg

海底への階段を下りていき、とうとうダンナが海底に降り立ちました!
(手を振ってるの、わかる?)
a0100975_1065823.jpg

激しい潮の満ち引きで浸食された奇怪な岩たちが並ぶ風景は圧巻!
自然の力を感じるな~。
a0100975_10164135.jpg

a0100975_1016105.jpg

a0100975_10172954.jpg

これなんて、海底にあったらほんの小さな岩って感じだけど、
a0100975_10201945.jpg

地上に出たら、こんなにでっかい!!
a0100975_10205189.jpg

長年の浸食で崩れちゃってるところもあって、岩に登ったりするのはご法度!
(おそらく説明や監視をするために、係員の方が数名歩いてました)
a0100975_10294727.jpg

この漁師網みたいのはみーんな海藻(Bladderwrack)!
海中にいるときはユラユラ~ってしてんだろね。
a0100975_1028222.jpg

干潮時なので、もちろんビーチができてます。
こんなに茶褐色なのに、みんなバンバン海に入ってました。(ちょっと勇気要るな。。。)
a0100975_10335250.jpg


私たちが海底に降り立ってから約1時間。
もう潮が満ち始めているはずなんだけど、まったく実感がわかず。。。

約6時間かけて14m満ちていくんだけど、さすがにずっと待っているわけにもいかないので、ターゲットを絞って潮が満ちていくのを観察してみました!

赤矢印の岩に注目。高さ約1mと推測されます。
a0100975_10462549.jpg

20分後。岩の根元に海水が到達しているけど、それほど変化なく。。。
a0100975_10475912.jpg

さらに10分後。急激に岩が沈み始めてる!水際の位置もずいぶん手前に。
a0100975_1050654.jpg

さらに3分後。もう風前の灯火。。。
a0100975_10512264.jpg

さらに3分後。とうとう沈没。
海水が岩に到達してからは、目に見えて早かった!
確かに潮は満ちてました!
a0100975_10562331.jpg

こうして約1時間半、自然の不思議をたっぷり堪能して展望スポットまで帰還。
足がドロドロになるけど、足洗い場もちゃんと完備されていて安心♪
a0100975_10594971.jpg

足を洗う順番を待っていたら、フランス語を話しながら大人が4人やってきて、私たちの前に横入り!
ダンナが抗議すると、私たちの前に並んでいたおじさんが「自分の連れ」だといって譲らず(怒)
親が子供の場所取りするなら許せるけど、大人4人分ってどうよ?!

ま、気を取り直すべく、Low Tide Cafeでソフトクリーム♪
濃厚でおいしかったぁ!
こっちでは、チョコとバニラのミックスのことをSwirlって言うよね。
a0100975_117316.jpg


帰りにもう一度潮の様子をのぞいてみたら、肉眼ではほとんどわからなかったけど、写真だと一目瞭然。
2時間で波打ち際の位置がこんなに変わっていました!
ここからあと3~4時間後には、あんなにタップタプになるんだから不思議~。
a0100975_1113767.jpga0100975_11133215.jpg

本当はこの後カヤックのリベンジを考えてたんだけど、海面付近は昨日にもまして強風。。。
結局カヤックは諦めて、次のスポットへと向かおうとParkを出るやいなや、突然スコールのような激しい雨が!!
仕方なく雨がやむまでホテルで休憩し、午後6時過ぎから再度お出かけ。

今度は、Moncton近くにある不思議な坂「Magnetic Hill」へ。
a0100975_1139847.jpg

見た感じ、なんの変哲もない下り坂のように見えるけど、実は上り坂なのです!?
(私たちは坂の入口(上)にいます)
a0100975_11422124.jpg

坂の入口にあるInstructionに従い、車で坂に侵入。
a0100975_11441259.jpg

坂の下まで行ったらギアをニュートラルに入れ、ブレーキを離すと、なんとスルスルーっと車がバック
最初はゆーっくり、そしてだんだんスピードが出て、それはまるで坂を下っていくかのようなスピード感覚。
でも視覚的には、明らかに後ろ向きに上ってるんです!!

これは体感してみないとわからない不思議な感覚!!
地球の重力の影響か、目の錯覚か、はっきりとした理由はわからないみたい。
あー、ビデオ撮れば良かったぁ~。。。

1930年代にこの場所が有名になって以来、今ではすっかり一大観光スポット。
しっかり入場料(C$5/台)も取って、お土産屋さんが並ぶVillageになってます。
a0100975_11583911.jpg

せっかく来たので、Village内のレストランで晩ご飯。
店内はこぎれいで、パティオ・デッキもあります。
a0100975_1203560.jpg

まず、本日のスープ(シーフード・チャウダー)とカラマリフライをオーダー。
ロブスター色のこってりタイプでおいしい♪
a0100975_1221098.jpg


私はフィッシュ・バーガー、ダンナはシーフードお休みしてビーフ・バーガー。
どちらも普通においしかったです(^^)
a0100975_1243061.jpg

a0100975_1244389.jpg


帰り道のMonctonで見た、Chocolate Riverの夕焼け。
2日目もたっぷり遊んで満足です(^^)
a0100975_1274897.jpg


明日はダンナお待ちかねのホエール・ウォッチング!
見れるのか!?クジラ!!

3日目に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-18 23:56 | 旅行

また友来たりてNY旅行(前編)

お久しぶりの更新です。

6月あたまにお友達が日本から遊びに来てくれて、まだ1カ月もたたないうちに、また別のお友達が遊びに来てくれました(^0^)
3年間誰も来なかったのに、なんだか続くときは続くもんです(笑)

今回は、トロントに入る前にNYで待ち合わせ。
ホントは3泊4日の予定だったけど、よんどころない事情により1泊遅れでお友達に合流、2泊3日のNY旅行を楽しんできました(^^)

トロント-Newarkまでのフライトは、コンチネンタル航空。
なんとプロペラ機。。。結構揺れました。。。
a0100975_11424946.jpg

定刻の午後1時、Newark Liberty空港に到着し、Newark Airport Expressというバスでマンハッタンへ。
a0100975_11484333.jpg

Newarkからだと、タクシーはU$70~80するけど、このバスならたったU$15でタイムズスクエア近くのPort Authority Bus Terminalへ。
ホテルまではいかないけど、荷物が多くなければ安くて速いのでいいかも♪

今回宿泊するのは、タイムズスクエアの真ん中にある「New York Marriott Marquis」。
お高いNYCのホテルの中でもお高めランクですが、今回はトリプルで泊まるので奮発しちゃいました(^^)
a0100975_11525475.jpg


ホテルに荷物を預け、午後2時過ぎ、人で溢れかえるタイムズ・スクエアへ出動!
カナダ・デー&独立記念日Weekということもあって、クリスマス並みの賑わい。
a0100975_12224645.jpg

お友達との合流は午後6時。
それまでの空き時間は、NYひとり旅気分を味わいます(^^)

まずは遅いお昼ご飯。
日本から来たお友達と和食を食べるチャンスはないので、ここぞとばかり吉野家へ。
半年ぶりのBeef Bowl。やっぱりおいしい♪
a0100975_12254840.jpg

お腹を満たした後は、地下鉄でSOHOへ向かいショッピング。
やっぱりカナダよりもアメリカの方が安くて品揃えがいいのよね。
a0100975_12301722.jpg

Anthropology」で欲しかったピアスやスカーフなどをセール価格でGetし、ホクホク顔でお店を出てきたところでお友達からTel!
ちょうどSOHOにいるということで、約半年ぶりの再会はNYの空の下、Dean&Delucaの前で果たされました(笑)

その後3人でホテルへ戻り、夜はミュージカル鑑賞。
今回選んだのは「オペラ座の怪人」。
(これは終わってから撮影。暗くてブレブレ。。。)
a0100975_1333731.jpg

英語的にちょっと難しいかなーと心配していたけど、それを感じさせないほど舞台演出と歌が素晴らしい!
そして最後にはお友達共々Phantomに涙。。。
今まで見たミュージカルの中で、一番見応えがありました!

大満足で劇場から出てきた後、小腹がすいたので、11時近いにもかかわらず「Junior's」へ。

もちろんお目当ては、NYイチと名高いチーズケーキ。
私はChocolate Swirl Cheescakeとカフェ・オレで至福の時♪
まろやかでおいしーい!!疲れていたのか、前回よりもしつこく感じませんでした。
a0100975_12505636.jpg


こうしてあわただしくも1日目が終了。
明けて2日目は、今回のメイン・イベントといっても過言ではない「Woodbury Common Premium Outlets」へ。

メジャー・リーグ好きのお友達がマリナーズ戦を蹴ってでも行きたがっていた、200以上の店舗が集まる巨大アウトレット。
なんと7/1からセールが始まっているということで、かなり気合い入ってます(笑)

今回はHISの現地ツアーを利用。といっても往復の送迎だけだけどね。
9時にHiltonを出発して、開店直後の10時過ぎにアウトレットに到着。
a0100975_12581852.jpg

ここから集合時刻の3時までは、それぞれ別行動でショッピングに専念。
お昼ご飯も食べずに約5時間歩きまわってGetした戦利品はコチラ♪
a0100975_1312473.jpg

オレンジが鮮やかなBagは、「Fossil」で前から欲しかったもの。
カナダのお店を何度かのぞいてずっと気になっていたんだけど、買わないうちになくなっちゃってたの。
しかも、定価の約半額で買えて超ラッキー♪

ル・クルーゼのケトルも狙っていたものが安く買えたので満足。
ロクシタンもすごく安かったので、躍ってずいぶん買っちゃったけど、ホント重かった(T_T)

重い荷物を抱えてホテルに戻り、2日目の夜はジャズ鑑賞。
知り合いの方に予約を入れていただいた「Blue Note」へ。
a0100975_1374941.jpg

7時半開場と聞いていたけど、7時頃着いたときには店内にびっしり置かれたテーブルはほぼ満席。
想像していたよりずっと狭いのね。
(写真ブレブレだけどこんな感じ。)
a0100975_13111961.jpg


演奏が始まる前に、まずは腹ごしらえ。
前菜やメインディッシュなど豊富なフード・メニューから、今回は簡単に食べられるフィッシュ・サンドをオーダー。
a0100975_13124221.jpg

うん、普通においしいかな。
お友達が頼んでいた、10ozのハンバーガーも人気みたい。

開演時間の8時を少し過ぎて、私たちもちょうど食事が終わる頃、演奏スタート!
この日の出演は、「Fourplay」というカルテット。
結構有名なグループらしく、若い女の子のファンもたくさん来てました。
a0100975_13191983.jpg

a0100975_1319484.jpg

クラシックなジャズというよりは、いろんな音楽が合わさったコンテンポラリーなジャズ。
軽めで聞きやすいので、2時間弱退屈せずに楽しめました♪

お店を出たのが、ちょうど陽もとっぷり暮れた9時半頃。
タクシーでタイムズ・スクエアに戻ると、こちらはまだまだ大賑わい。
この景色こそ「The NY!」って感じね。
a0100975_13232597.jpg

明日はいよいよNY最終日。
たっぷり1日遊んで、お友達と一緒にトロントへ戻ります。

後編へ続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ランキング参加しています。
遊びに来てくださった方、ぜひワンクリックお願いします。m(_ _)m
[PR]
by mitan_boo | 2010-07-01 23:49 | 旅行


トロント近郊に住む駐妻の日記


by mitan_boo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

トロント+GTAグルメマップ

このブログで紹介したレストランやおいしいショップはこちら↓
「トロント+GTAグルメマップ」

注)地図は2ページに分かれています。

青→レストラン
赤→カフェ、ファストフード
黄→ショップ

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ご挨拶
ひとり言
お花
デジモノ
料理
健康
レストラン
スイーツ
ショップ
旅行
おでかけ

カナダ生活
ゴルフ
ステンドグラス
カルトナージュ
羊毛フェルト
クラフト
アンティーク
未分類

検索

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

フォロー中のブログ

カナディアンロッキーで暮らす
ケセラセラ
ひゅーひゅー!Yuko@...
ムースのカナダ日記
すみれ堂きものDiary
Lululu*トロント
ムーティフルライフ
rieccoのトロント生活
眼遊記
シングルママさんの日記!
ぱんぱんのきままな日常
☆ Toronto Ma...
Lululu*バンコク
TORONTO ゆるゆる生活記
NY Long Isla...
ひゅーひゅー!Yuko@...

最新のトラックバック

バンクーバーで王道ステー..
from バンクーバー生活日記 ~留学..
CANADA DAYS ..
from vote.ci-xx.org
役立つブログまとめ(国内..
from 役立つブログまとめ(国内旅行..
Jackさんとヒーター壊..
from トロント~近郊での生活
初雪ですと手巻き寿司
from トロント~近郊での生活
rookies 視聴率お..
from 新鮮ネタ市
カナダ ナイアガラについて
from カナダ旅行大好き!
ラコステ 水着 天国!
from ラコステ 水着 天国!
icb 水着
from icb 水着
ロキシー 水着
from ロキシー 水着

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧